旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

【闘病日記 48】ラジオの話

 

「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。
   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


掃除中に、ラジオから聴こえてきたのが “ショウジウタエシショウの「鹿児島おはら節」” と・・・。
“えっ、あのトリオ漫才の正司歌江師匠?”
最近、聴き間違いが多いので、作業をやめて聴き入りましたが、“上手い!明るくて、チャーミング!” と感動してしまいました。
終わっての紹介に間違いは無く、40代の頃の師匠の歌声とのこと。
あのガチャガチャしたイメージ(かしまし娘ですから)が一転しましたね。
新鮮な感動を覚えたものです。
何より、民謡は苦手ですが、民謡の歌い手に下手な人はいないと改めて実感しました。

このところ、ラジオで感動することが多い気がしています。
先日も、ラジオを点けた途端に耳に入ったのが「野菊の墓」(原作:伊藤佐千夫)の朗読。
民子と政夫の仲が村人の噂になっていると、二人が政夫の母親から叱られているシーンでした。
たった5分の番組なのに、周りの音が消えてしまった感覚がありましたね。

昔、寒い夜にお風呂の中で、立川談志師匠の「芝浜」を聴いたことがあります。
あの時も、やはり周囲の音が消えた、という感覚がありましたね。
その後、師匠の落語を生で聴く機会がありましたが、同じ感動は味わえませんでした。
落語は生が一番で、その次はテレビなどで表情や所作を観て楽しむものですよね。
あの時の感動は何だったのか、いまだにわかっていません。

昨日の朝、「立川志らくの演芸図鑑」(NHK総合テレビ)で、志らく師匠が「芝浜」を演じています。
談志師匠の声を思い出しながら聴いていましたが、談志師匠の方が、時には切々と、時には絞り出すようなセリフ回しだったなあと思い出しましたね。

 


立川談志ひとり会 落語CD全集 第46集「五貫裁き」「芝浜」

 

 

» 続きを読む

【闘病日記 47】朝ドラ「おかえりモネ」が終わって・・・

 

「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。
   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 


朝ドラ「おかえりモネ」が終わりました。
地元が舞台ということとは別にしても、最後まで引き込まれて観続けてきたドラマでした。

東日本大震災の被災地育ちのヒロインが気象予報士になるという話。
最初は、重いのか軽いのか、どちらにしても現代を舞台にした朝ドラとしては内容が予想できそうで、「おちょやん」の後では正直期待できなかったですね。
案の定、しばらくはそんな感じがぬぐえなかったんですが・・・。

いつの頃からか、登場人物一人一人の想いが深く掘り下げられ始めてからは、まるで正座する気分で観続けるようになりましたね。
こちらの方言なのに、字幕にして、セリフを聞き逃さないようにしたりして・・・。
方言については、担当の方がローカルニュースの中で話をしていました。
そのままでは真剣なシーンにそぐわないこともあって、標準語との中間をとったのだとか・・・。
そう言えば、聞きやすい感じがしましたね。

今にして思えば、ヒロイン・モネ(清原果耶)の成長物語を軸にしながらも、彼女は狂言回し的な存在に思えてきました。
登場する人物の一人一人を細やかに丁寧に描き出していました。
ほんのちょっと登場した、気仙沼にボランティアに来て挫折しかけた若い女性までをも・・・。
モネを中心にした若者世代、その両親世代(内野聖陽、鈴木京香、浅野忠信)、そしてサヤカ(夏木マリ)や龍己(藤竜也)の世代。
それぞれが大切に描かれていましたね。
そして、震災と関係なくヒロインとかかわった人々をも・・・。

 


おかえりモネ メモリアルブック(ステラMOOK)

 

» 続きを読む

【闘病日記 46】スマホ、そしてまた騒動

 

「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。
   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とうとう、ガラケーからスマホに乗り換えました。
先月、ネット接続の不安定があって、悩んだ末に必要性を感じたからですけど・・・。
ただ一筋縄ではいきませんでしたね。
次から愚痴のオンパレードになります。(笑)

ケータイショップに3日間通いました。(笑)
1日目。次の日からキャンペーンとのことで話だけ。
その時に、“ドコモ光とフレッツ光の違いは?” と聞いたのが始まり。
“料金の支払先が違うだけ” との返事で、スマホとドコモ光を一緒に契約することに・・・。

2日目。万全の準備をして行ったのに、説明と手続きで3時間近く。
変な具合の悪さを感じて、途中で帰宅。
その日は台風の余波で雨風がひどく、ずぶ濡れになり、久しぶりに泣きたくなって布団に潜り込む始末。

日を置いて、3日目。省けるものは省いてと懇願して、途中で具合が悪くなりながらも、何とか終了。
スマホの使い方がまったくわからないまま・・・。
とにかく、これでひとまず安心のはず。

その3日後。
ドコモのサービスセンターから「工事が出来ません」との電話。
ADSL(東日本)の解約解除日と関係があるらしい。
そして、怒涛(笑)の展開が始まる。

 


大切なこと 穏やかに暮らすための48の工夫と心がけ



» 続きを読む

【闘病日記 45】ネット接続で、疲労困憊

 

「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。
   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

この1週間ほど、ネット接続が不安定になり、正直ヘトヘト状態でした。

<1日目>
ネットの接続が頻繁に途切れるので、NTTのADSLモデム(フレッツADSL使用中・2023年終了)を初期化。
取扱説明書を読んでも、改めてのネット接続が出来ません。
何度も挑戦しているうちに、なぜか脈拍が120を超えて100を下回らなくなった。
これ以上身体を壊してまで頑張ることではないと、気がついた。(笑)

<2日目>
NTTへTEL。
音声ガイダンスに従って何とかつながり、連絡を待つ。
以外に早く連絡をしてくれ、親切な指導でいったん解消。

<3日目>
朝、又頻繁に(数秒間隔で)途切れるようになって、初期化以前に戻った。
ネットでちょっと仕事をしているもので、その数秒間が大変な状況に・・・。
あらかじめ相手方への文面を用意して、
“サイトに入る” “メッセージ欄を開く” “文面を張り付ける” “送信” を、ネットにつながる数秒間に少しずつ作業。
その間の待ち時間が長く、何とも根気のいる作業でした。
後で、同じ人に2通も送っていたことに気づいた。(笑)

そして、再度NTTへ。
故障係を紹介されて、TELをしたが、“スマホなどで公式サイトに入って、そこから申し込んでください”と・・・。
他の関連TELに電話しても、同様の音声が流れるばかり。

私はスマホを持っていません。
ガラケーは、ほとんど電源を切ったままで、外出時にいざという時のために持参します。
私のガラケーには、なぜか検索窓が見つかりません。(笑)

再度NTTへ。(この作業が結構大変。でも担当者の方はみな親切)
事情を話し、泣きついて(笑)、直接修理係の方へ連絡をしてくれることに。
係より連絡があり、3日後の訪問に・・・。

午後、なぜかネットにつながった。

 


斎藤一人 神的 まぁいいか (明るい未来を切り開く究極のコトダマ)

 

 

» 続きを読む

【闘病日記 44】「おかえりモネ」寄り添う


「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。

   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

朝ドラ「おかえりモネ」を楽しんで観ています。
この2週間ほどは若者たちの葛藤に恋が絡む展開で、こちらは年齢的に言っても静観状態でした。(笑)
それでも、感動しましたね。

妹の未知(蒔田彩珠)と幼馴染の亮(永瀬廉)が絡んで、モネ(清原果耶)と菅沼(坂口健太郎)の関係性も一気に進みましたね。
最初からゆっくりゆっくり育んできた二人の想いですから、私などは結構安心して観ていました。
好きとか愛しているとか、一切言わないのに、観る側に伝わってくるのは脚本の力、演じる人たちの力(もちろん演出力も)ですね。
こういう展開は、若い人たちは古いとか言って切り捨てるかと思ったら、意外や意外、ネットでは大盛り上がりのようです。

未知は冷たいと言ったけれども、亮に毅然とした態度を見せて大人になったモネがとても印象的でした。
また傷ついたでしょうけど・・・。
結構、姉妹だからこその残酷さを感じます。
亮の傷が癒えるのは、もっと先に、必ずあるはずですよね。

言葉遊びになりますが、
未知のように“恋”だけでは視野が狭くなってしまう。
そこに“愛”が付いてくれば、もっと広い世界が見えて来るのではないかと思ったりしましたけど・・・。

東京まで来てくれた友人たちも含めて、それぞれに震災の傷を抱えていても、何しろ若いですからね。
いくらでも時間をかけて乗り越えていけるはずです。

 


連続テレビ小説 おかえりモネ Part1 NHKドラマ・ガイド 
連続テレビ小説 おかえりモネ Part2 NHKドラマ・ガイド

 

 

 

» 続きを読む

«【闘病日記 43】しびれと朝顔と

amazon


スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



無料ブログはココログ