旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

【闘病日記 59】朝顔が咲いた!


「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。

   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎年咲いてくれていた朝顔が絶滅しそうになっていました。
雑草だらけの小さな庭で、ほとんど手入れもしていなかったので当然と言えば当然ですが・・・。

7月半ばになっても、芽が出てくる気配が無く、あわててホームセンターに行ったのですが、朝顔の種はすでに売っていませんでした。
この5年の闘病期間中の慰めになっていて、何より由縁のある朝顔だったので、結構落ち込みましたね。
だったら大切にしなければいけなかったんですが・・・。

由縁については、こちらで。↓
“いのちのあさがお”が咲いています。 2012.8.21.

考えついたのが、ヤフオク!での落札。
見てみると、数粒で何十円とかでたくさん出品されていました。
事前に調べて、西洋朝顔なら何とか間に合うということで、同一人から3点(数種類)を落札しました。

面倒くさがりの私が、届いてすぐにプランターに蒔いて、毎日水やりを繰り返してきました。
蔓が伸びると、プランターをラベンダーのそばに置いて、支柱代わりにするという手抜きをしましたが・・・。
それが葉っぱは大きくなるんですが、なかなか花が咲かない状況が続きましたね。

 


 

» 続きを読む

お笑いが好き~サンドさんのドッキリや関根勤選手権について

コロナ禍や自分の病気のこともあって、テレビはほとんどお笑い関係ばかり観ています。
ニュースは観ていて辛くなることばかりですし・・・。

お笑いとは言っても、漫才やコントではなく、芸人さんのトークを中心にした番組やバラエティばかりですね。
「アメトーーク!」(テレビ朝日)や「ロンドンハーツ」(テレビ朝日)は、気に入ったテーマの時に録画をして観ています。

笑えることが一番ですが、何より芸人さんたちのトーク力に惹かれますね。
興奮してのツッコミ合いなど、もちろん演技というか芸の力というか、プロだなあと感動して観ていることが多いです。
努力を重ねて重ねて、才能を咲かせられたから、今ここにいるんだなあ、とも思わせられます。

彼らが出演するバラエティも楽しんでいますが、どっきり企画だけは苦手ですね。
ただし、サンドウィッチマンの富澤さんが伊達さんにどっきりを仕掛けた番組(「ロンハー」の一部)の録画は残しています。(笑)
仕掛けられるたびに伊達さんが嬉しそうに喜んで、最後は立場が逆の仕掛けがあったりして、思い出したときに観返してはほっこりしています。
ちなみに、サンドさんは宮城県人として東北人として誇りに思っています。


 

» 続きを読む

仙台育英高校(高校野球)優勝!!


夏の高校野球は、地元の仙台育英高校の優勝で終わりました。
比較的冷静に観ていたつもりですが、優勝が決まった瞬間、涙が出そうになりました。
昨日から今日にかけて繰り返されたニュースを観ても、そのたびに・・・。

そんなに熱心なファンではないんですが、高校生の頃(昔過ぎる・笑)から付かず離れずに観ていました。
“深紅の優勝旗の白河の関越え” の悲願は、お題目のようにありましたね。

今回、準決勝(福島・聖光学院)の前に、ネットのコメントに印象的なものがありました。
“東北人の想いはわからないだろうなあ。組み合わせ抽選会で、東北相手とわかると生徒だけではなく、先生も喜んでいたし・・・”
そうなんですよね。
圧倒的に地域的に不利な状況で、“白河の関越え” など夢でしかありませんでした。

そんな状況が長く続きましたが、今は設備などが充実し、優秀な生徒や指導者がいて、だいぶ変わったようですね。
でも、その頃から、個人的には高校野球離れをしていたような気がします。
今回は、かなり熱心に観ていましたね、ゲンキンなものですね。(笑)

 


 

» 続きを読む

「NHK俳句」俳人・森田愛子のこと

 

   虹消えて すでに無けれど ある如く

                 森田愛子(俳人)

 

17日の「NHK俳句」(Eテレ)のテーマは “虹”。
そこで紹介されたのが、森田愛子の句と人生でした。

「NHK俳句」を観るようになってから、どれだけの時間がたったか、もうわかりません。
今は惰性で観ているような気がしないでも無いですね。
以前は、早朝の歩き(散歩でもなく、ウォーキングでもない)に、下手なりに俳句をひねったりしていたのですが・・・。
図書館で関連書をたくさん借りてきては読み、「プレバト!!」(TBSテレビ)も楽しんで観ていたのですが、どんどん難しさを感じるようになってしまいました。

この日の放送で、オープニングで紹介されたのが、上の句でした。
正直、普通の句に感じたものです。
森田愛子という俳人をまったく知りませんでしたし・・・。
何とも浅はかだったと後悔したのは、番組内で紹介された彼女の人生と句の意味を知ってからです。

 

 

» 続きを読む

【闘病日記 58】再発?&アニメ「忍たま乱太郎」を楽しむ

 

「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。
   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

一週間前頃からダルさを感じるようになり、一昨夜は全身のダルさでほとんど眠れない状況になっていました。
血液内科の予約日が20日(月)で、それまでは何とか頑張ろうと過ごしてきましたが、さすがに耐えられず、電話で了解を得て通院しました。

ほとんど再発(実際は、再々発)を覚悟しての通院。
祈る思いで受けた血液検査の結果は、特に前回の結果と変わりはありませんでした。
逆に、前回かなり低かった白血球の数値が少し高くなっていました。
それでも、低めではありますが・・・。

予約日ではないし、この日は外来担当ではなかった先生からは「再発かと思ったけど、何なんでしょうね」と言われてしまいました。
申し訳なく思いながら、治療が終了して2か月足らずでも再発はするんだ、と変に確信したりしましたね。

久しぶりに“オオカミ少年” だったかなあ、という反省はあります。
オオカミが来るという嘘を繰り返して、最後は信用されなくなったという逸話のようにはなりたくないですけど・・・。
この病気に限らず、長い闘病生活の中で、神経質なあまりパニックになり、結局空戻り(私にとっては良いことですが)することが結構あったことを思い出しましたね。

ひとまず安心しましたが、今のところ肝心のダルさは消えていません。

 


 

» 続きを読む

«【闘病日記 57】高沢秀昭さん、首位打者から保育士に「ラジオ深夜便」

amazon


スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



無料ブログはココログ