旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

NHK土曜ドラマ「ハゲタカ」

3f2fc6bf944a7ea4d98cdfbe38979db3  01shibata

NHK土曜ドラマ「ハゲタカ」全6回       公式サイト

                   本放送 2007.2.17.~3.24.
                   再放送 2007.8.19.~8.24.

 脚本:林宏司/音楽:佐藤直紀/演出:大友啓史/原作:真山仁

 出演:大森南朋 柴田恭兵 松田龍平 栗山千明 宇崎竜童 
     大杉漣 富士眞奈美 中尾彬 田中泯 菅原文太 

  • 第33回放送文化基金賞のテレビドラマ部門「本賞」 受賞
  • 第33回放送文化基金賞のテレビドラマ部門
                    「出演者賞」 受賞(大森南朋)
  • 第44回ギャラクシー賞「優秀賞」 受賞
  • マイベストテレビ賞グランプリ 受賞
  • 第6回放送人グランプリ「特別賞」 受賞

2月から3月にかけて放送されていた「ハゲタカ」が現在再放送されています。
いつもなら寝ている時間なのに、このところ毎晩その「ハゲタカ」を観ています。
それもビデオで録画、同時にパソコンにも録り込みながら・・・。
この情熱がどこから来るのかと自分でも不安にもなります。
私の年代でこんなことをしているのは他にはいないでしょう、たぶん。
もちろん本放送も観ていて、この時もビデオに録画し、それをパソコンに録り込んでDVD化までしていました。
ただし、第6回(最終回)の途中15分ほどテープが止まってしまい、悔しい思いをしていましたので、今回は万全の体勢でというわけです。
連日、さすがに眠いです。

残念なのは、視聴率が良くないことです。
本放送の時は6~7%でしたが、今回は2桁はいくのではないかと勝手に予想していました。
それが、これほど素晴らしい作品なのに4.6%って・・・言葉も出てこない状況です。
視聴率がすべてとは思っていません。
ただこの作品に関わったスタッフなどの気持をつい考えてしまいます。
大変な情熱と創意を持って作り上げた作品で、数々の受賞を果たしたことは何よりなのですが、次の仕事へのステップとして視聴率という数字は重要なのではないかと思っています。
大きな組織の中で、冒険をしてさらに良い仕事をしていくには・・・。
他人事なのですが、何とも悔しい思いがあります。
毎週録画している夜中(それも高校野球のために更に遅くなった)の「ぷっすま」が同日10.3%と知って何とも複雑な気分になりました。
ちなみに「ぷっすま」のグタグダ感が好きですし、何より草なぎ剛さんのファンなのですが・・・。

続きを読む "NHK土曜ドラマ「ハゲタカ」" »

ジョン・デンバーを聴きました。

BEST SELECTION      johndenver

きっかけは、最近録画した映画「オーシャンズ12」からです。
3作目が公開されているくらいですから面白いのかもしれない、と録画していました。
始まってすぐ、聴き覚えのある曲が流れてきました。
昔確かに気に入って何度も聴いていたはずの曲なのに、誰のなんという曲なのか
どうしても思い出せません。
こうなると映画の中身どころではなく、ひたすら考えに没頭するばかりで、結局
ビデオを観るのをあきらめました。
正直、あまり映画自体に引き込まれることもありませんでしたし・・・豪華キャスト
なのに。
後で調べたらあまり評判は良くなかったようなので安心(?)しました。

シャンソンだということはわかりましたので、自分のシャンソンのファン歴を思い出
してみました。
アダモから始まって、シャルル・アズナブール、ジルベール・ベコー、ジョルジュ・
ムスタキ、日本なら越路吹雪、加藤登紀子・・・
そして、やっとわかりました。
金子由香利の歌で聴いていたのでした。
こう思い出してみたら、自分で驚いたのですが、すべての歌手のコンサートに出か
けていました。
ちょっとした、というかかなりの自慢です。
次に何の曲かということが問題でした。
レコードプレイヤーを持ってはいるのですが、アンプが無いためいつもはパソコンに
繋いで仕事をしながら聴いたりしていました。
今回はテレビでと思ったところ、これが意外にすんなり接続が出来て、音もパソコン
よりかなり良い状態に聴こえます。

用意したレコードは、金子由香利のLPに加えて、気分を盛り上げるためにアバの
「ダンシング・クイーン」とジョン・デンバーのLP。
この暑い季節の冷房の無い部屋に金子由香利は大人し過ぎ、「ダンシング・クイー
ン」はより暑く、結局気分はジョン・デンバーに流れてしまいました。

続きを読む "ジョン・デンバーを聴きました。" »

華麗なる賭け

「華麗なる賭け」 製作:1968年/アメリカ

オリジナル・サウンドトラック「華麗なる賭け」 監督:ノーマン・ジュイソン
脚本:アラン・R・トラストマン
撮影:ハスケル・ウェクスラー
編集:ハル・アシュビー
音楽:ミシェル・ルグラン
出演:スティーブ・マックイーン
            (トーマス・クラウン)
    フェイ・ダナウェイ
          (ビッキー・アンダーソン)
    ポール・バーク(エディ・マローン)

音楽によって忘れられない映画になることがあります。
これはその1本です。

あらすじ・・・
ハーバード大学卒で不動産や証券を扱う会社の若き社長トーマス・クラウン(マックイーン)は社交界でも有名なエリート。
その彼が見ず知らずの人間を集めて銀行の襲撃を計画し、成功します。
それを追うのがボストン警察のエディ・マローン警部(ポール・バーク)と銀行専門の保険調査員ビッキー・アンダーソン(フェイ・ダナウェイ)。
トーマスに近づくビッキーでしたが・・・。
トーマスは再び銀行の襲撃を計画します。

私にとって“音楽ありき”になってしまったので、まずは音楽について・・・。
今年に入ってから偶然「徹子の部屋」でミシェル・ルグラン氏の姿を見かけました。
今なお健在でいたことも嬉しかったのですが、ピアノを弾きながらこの映画の主題歌「風のささやき」や「シェルブールの雨傘」を歌ってくれて、よりいっそう感動しました。
彼が歌えるということをまったく知りませんでしたし・・・。
この「風のささやき」は氏の作曲なので映画の中ではフランス語のように聴こえたものですが違っていたようです。
いつ聴いても切なくて胸に染み入り、それでいて映画のシーンのせいか、つい大空を見上げてしまいそうになる解放感があります。
オープニングと、中盤でマックイーンがグライダーを操縦するシーンに流れてきます。
満ち足りているようで満ち足りていないような、どこか寂しく虚しさが湧いてくるようなシーンでした。
ラストシーンに流れなかったのが意外でした。
この曲は、アカデミー賞主題歌賞を受賞しています。

続きを読む "華麗なる賭け" »

毎朝、子供番組を観ています。

最近、朝の7時から25分ほどNHK教育テレビの子供番組を観ています。
きっかけは、繰り返され続ける事件事故や希望の持てそうにない政治のニュース
などから離れたかったから・・・。
逃げているとわかっていても、朝から重たい気持にはなりたくないのです。

ケイン・コスギさんと3人の子供たち(たいきくん・あかりちゃん・あつきくん)の
「からだであそぼ」から始まって、体操・茶道・歌舞伎などバラエティに富んだ内容で
大人でも楽しめるようになっています。

からだであそぼ」は、走るなどの基本的な動きを遊びで体験します。
ケインさんも子供たちも番組を忘れて楽しそうです。
たいきくんは一番お兄さんで、ちょっと頬が赤くて昔のガキ大将のように見えます。
あかりちゃんは目が大きくて可愛らしい。
私の一番のお気に入りは一番下のあつきくん。
この番組は、背景も床もCGを使用しているようで、不思議な空間になっていますが、
服装もちょっと変わっています。
子供たちがそれぞれに違った毛糸の帽子のようなものをかぶっていますが、あつき
くんには顔や動きにその帽子の可愛らしさが加わっています。
最近、CMでも観かけるようになりましたが、この番組での可愛らしさが一番です。

続きを読む "毎朝、子供番組を観ています。" »

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon