旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 一日一行文 [11月第5週] | トップページ | 一日一行文 [12月第1週] »

「ちりとてちん」から「セクロボ」のセリフへ

NHKの朝の連続ドラマ「ちりとてちん」には、“ぎょうさん笑うて生きなはれ”というセリフがよく出てきます。
ヒロインが亡くなったおじいさんによく言われていて、落語家を目指すきっかけになった言葉でもあります。

このセリフから思い出したのが、今年4~6月に放送されていた「セクシーボイスアンドロボ」(日本テレビ)の中のセリフです。
このドラマは、途中の一部と最終回だけを観ていました。

第1回と最終回に“三日坊主”(中村獅童)という男が登場してきます。
3日しか記憶が残らない男で、第1回で亡くなった設定になっていました。
“記憶が無いせいで、生きているのに死んでいるのも同然だった三日坊主の人生”
(とは、後述するブログに書かれていた文章です)
最終回に、何かを探しにこの世に戻ってきたらしい・・・。
主役の二人と関わりあいながら、三日坊主が最後に残した言葉。

「いっぱい遊んだ。楽しかった。」

こちらの記憶も曖昧なのですが、草木が生い茂り日差しを浴びた田舎のような場所で、子供たちの遊んでいる姿を見ていたシーンだったような・・・。
無精ひげの中村獅童さんがいい笑顔を見せていました。
そして、三日坊主は消えていきます。

このシーンを思い出す度に、なぜか込み上げてくるものがあります。
この年齢ですから、いっぱい遊んだ子供の頃のことはもうモノクロでしか思い出せませんし、楽しいことばかりでも無かったのですが・・・。
確かなことは、あの頃があって今があるということでしょうか。

このドラマの最終回について、とても印象的で素敵な感想を書いていたブログがあり、印刷して残していました。
若い人の感性と表現は素晴らしい、と今読み返しても感心します。
そのセリフを言って微笑んでいる中村さんのシーンの写真も載せていました。
それを見てもつい泣けそうになる私は、ずいぶん涙もろくなってしまったようです。

中村獅童さん、トラブルでNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」を降板してしまいました。
松田龍平さんの西野役は彼以外には考えられないほど素晴らしかったのですが、中村さんの西野役も観てみたかったと今更ながら思っています。

セクシーボイスアンドロボBOX [DVD]
セクシーボイスアンドロボBOX [DVD]

「セクシーボイスアンドロボ」オリジナル・サウンドトラック
「セクシーボイスアンドロボ」オリジナル・サウンドトラック

« 一日一行文 [11月第5週] | トップページ | 一日一行文 [12月第1週] »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon