旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

あわせて読む

  • レコメンデーションエンジン
無料ブログはココログ

« 一日一行文 [11月第2週] | トップページ | 一日一行文 [11月第3週] »

古畑任三郎 再会 <テレビドラマ>

「古畑任三郎 第5回 再会」
              1999年5月11日 フジテレビ系列放映

古畑任三郎 3rd season DVD-BOX   プロデュース:関口静夫
  脚本:三谷幸喜
  演出:河野圭太
  キャスト:田村正和(古畑任三郎)
        津川雅彦(安斎亨)
        西村雅彦(今泉慎太郎)
        石井正則(西園寺守)
        三浦理恵子(安斎香織)
        細川茂樹(斎藤)

ひとつのセリフで、私の中ではシリーズ最高のドラマとなりました。

あらすじ・・・
古畑(田村)は小学校時代の同級生だった小説家安斎(津川)の山荘に招待されます。
歓待をされながらも、特に親しかったわけでもない自分を招待したことへの疑問・・・。
ファックスでの招待状は妻の香織(三浦)が出したのだろうと言い、ひとり山歩きをし山小屋で執筆をする安斎・・・。
香織は編集者の斎藤(細川)と浮気をしている様子・・・。
それをよそに、同行した西園寺(石井)に加えて今泉(西村)も押しかけてきます。
安斎が入れた睡眠薬入りのコーヒーを飲んで皆が眠ってしまう中、古畑はひとり山小屋へ向かいます。
友達を救うために・・・。

だいぶ前の作品なのに、最初に田村正和さんの老いを感じてしまいました。
田村さんも津川さんもデビューの頃の映画やテレビドラマをよく観ています。
二人とも、本当に紅顔の美少年(死語ですか?)でした。
ほとんど変わらないままの田村さんと、まったく変わってしまった津川さん。
津川さんの方が作品を広く選べるような気がします。
そう言えば、又監督として映画を作っているようですね。

西村さんと石井さんは初々しく若々しく感じました。
役柄同様に緊張しているようにも見えましたが・・・。
西園寺が若い二人(香織と斎藤)がベタベタして完全に無視されているのに、カラオケで直立不動で“卒業”(斉藤由貴さんの歌)を歌っているシーンは笑えます。
仲間はずれにされて、嫉妬に狂って追いかけてきた今泉とのやり取りは相変わらず楽しいです。
邪険にされても古畑になついていき、おでこを叩かれて嬉しそう、そして西園寺への敵愾心いっぱいの今泉・・・。
古畑に重用され、先輩の嫉妬に困惑するばかりの西園寺・・・。
シリーズの名物となったドタバタシーンが楽しめます。
今回笑えたのは、
 今泉 「(古畑さんから)今年は年賀状が2枚来たもんね」
 西園寺「ただ、間違えただけでしょう」

西村さんは、今や二枚目俳優だと思うのですが・・・。
こんなにはじけた役をやっていたのかと不思議に感じるほどでした。
草なぎ剛さんと共演したドラマ「TEAM」(1999年)は格好良かったですね。
ショーン・コネリーのようにますます色気を感じさせる俳優さんになって欲しいものです。

一番語りたいことが後になりました。
この作品は、シリーズの中でも珍しく事件が起こりません。
今回、例のパターン、番組途中で入る暗転した中で古畑がそのことを語ります。
妻の殺人に見せかけて自殺をするつもりでいた安斎を古畑は山小屋に訪ね、彼がこれからやろうとすることを推理し止めます。
妻に浮気をされ世間的に何もかも失うと言う安斎を、古畑はいつもの冷静さとは違い珍しく必死に訴えます。

安斎
「すべてを失うことは耐えられない。俺たちはいくつだと思っているんだ。振り出しには戻れない」
古畑
「とんでもない。まだ始まったばかりです。いくらでもやり直せます。例え、明日死ぬとしてもやり直しちゃいけないと誰が決めたんですか?」
しばしの沈黙の後・・・
安斎
「俺の計画はことごとく失敗に終わった。ただひとつ正解だったことがある。それは、お前を呼んだことだ」

狭い山小屋での二人のシーンはまるで舞台劇を観ているようです。

“例え、明日死ぬとしてもやり直しちゃいけないと誰が決めたんですか”
二人の熱演と相まって、この言葉がいまだに印象深く残っています。
良く考えてみれば、脚本は三谷さんですから舞台劇に見えるのもセリフが決まるのも当然だったのでしょう。

最近、「相棒」(テレビ朝日系列)で同じように妻の殺人に見せた自殺という内容のものがありました。
ひねりにひねってあり、かなり見ごたえのあるものでした。
同じようなシチュエーションでもまったく違ったものが出来上がるのだな、と思わせられました。
こちら(古畑の方です)の魅力は、やはりセリフの面白さと遊びがあることでしょうか。
「相棒」にもそのテイストはありますが、中心か脇かという違いのような気がします。

ラストは、昔興じた数字ゲームを楽しむ二人のシーンで終わります。
真の友人となったように、小学生に戻り屈託無く・・・。
 

古畑任三郎 3rd season DVD-BOX
古畑任三郎 3rd season DVD-BOX

« 一日一行文 [11月第2週] | トップページ | 一日一行文 [11月第3週] »

作品タイトル~は行」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク




  •  RSSリーダーで購読する

スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon