旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 柳家小三治師匠の「初天神」 | トップページ | 「スタジオパークからこんにちは」の中村敦夫さん »

「ウチくる!?」の泉谷しげるさんと恩地監督

6日の「ウチくる!?」(フジテレビ)のゲストは泉谷しげるさんでした。
あの破天荒で暴力的なイメージだった泉谷さんも、いつのまにか“実は良い人”“良いおじいさん”に変わってしまったようです。
安心して(?)観ていられるようにはなりましたが、少し寂しいような気がしないでもないです。
ゆかりゲストで出演した井上真央さんの方が怖いもの知らずという感じでしたね。

時任三郎さんがVTRで「Dr.コトー診療所」の撮影時のエピソードを語っていましたが、バックに流れるドラマの音楽が流れるだけでジーンとしてしまいました。
又、泉谷さんの前ではあの青木さやかさんも低姿勢なのが微笑ましかったですね。
無名時代にお世話になったようです。
こういう番組は、その人の素の部分や人間関係が見え隠れしたりするのが、こちらとしては無責任に面白く感じてついつい観てしまいます。

最後に登場したのが、恩地日出夫監督でした。
ずっと青春映画や恋愛映画の監督だと思っていて、テレビでドキュメンタリー作品を撮っていたことを知りませんでした。
その監督があのテレビドラマ「○○ちゃん事件」(1979年・テレビ朝日)の監督であることをも今回初めて知りました。
当時、戦後最大と言われた誘拐殺人事件のドラマ化でした。
現在は想像を超える事件が多くてどこか私を含めて世間が麻痺をしてしまっていそうな状況ですが、当時は本当に衝撃的な事件でした。

その犯人役が泉谷しげるさんでした。
この役を断る俳優さんが多くて、泉谷さんに回ったという話は当時も聞いていました。
ドラマの映像が少し流れましたが、当時の処理なのか今回の処理なのかはわかりませんが、殺害(と思われる)シーンは暗くしてありました。
当時の映像で覚えているのは、お墓のシーンと泉谷さんの歩く後姿だけです。
今回、私にとって衝撃だったのは撮影のほとんどを実際の現場で行なったということでした。
それを知っていたら、決して観ていなかったと思います。
それほどに重いドラマでした。

暗い話になりましたが、泉谷さんと監督の話は本当にショックでしたので書かずにはいられませんでした。
それに、この作品で泉谷さんが俳優として認識されたわけですから・・・。

ベストアルバム〈2枚組〉
ベストアルバム〈2枚組〉
泉谷しげる10枚組BOXセット「黒いカパン」(DVD付)
泉谷しげる10枚組BOXセット「黒いカパン」(DVD付)

Dr.コトー診療所2006
スペシャルエディション DVD BOX

Dr.コトー診療所2006 スペシャルエディション DVD BOX
誘拐 (ちくま文庫)
誘拐 (ちくま文庫)

« 柳家小三治師匠の「初天神」 | トップページ | 「スタジオパークからこんにちは」の中村敦夫さん »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon