旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「SONGS」さだまさしさん | トップページ | 「あしたの、喜多善男」の小日向文世さん »

NHKスペシャル「社員みんなで会社を買った」を観ました。

昨日(10日)、NHKスペシャル「社員みんなで会社を買った~地方発“EBO”の挑戦~」を観ました。
NHK土曜ドラマ「ハゲタカ」にハマってしまった人は必ず観るだろう、と思っていました。
私も例外ではありません。

予想通り「ハゲタカ」のEBO(Employee Buy Out~従業員による買収)の成立のシーンから・・・。
続く内容は、まるでドラマの続きのようで食い入るように観てしまいました。

昨年、福岡県大牟田市の太陽電池パネル製造工場が閉鎖され、従業員が解雇されました。
若い従業員の中から“工場は買えないのか?”という話から始まり、20人が元工場長の元に集まってEBOを計画します。
中国の企業との提携話を勧めたことで、結果的に工場閉鎖となったことへの責任を感じて本社を退職して参加した現社長。
彼らの半年間の奮闘のドキュメントです。

社員から集められた資金は2,500万円、EBOには30億円が必要なための銀行周り。
工場を再開したものの、国際競争に勝てるだけの品質を生み出せない。
銀行などからのプレッシャー。
経営部門と生産部門の意思の疎通が上手くいかない。
それも、太陽電池の国際展示会での各国の水準の高さに発奮して、より性能の高い製品を開発することでクリアしていく。
そうかと思えば、材料が届かないアクシデントがあったり・・・。

私たちが観ているのはあくまでカメラの前のことですから、実際には大変な努力や葛藤があったに違いありません。
それでも、100人に満たない従業員で高性能の太陽電池パネルを製造し、国際競争に打って出ていることの凄さに、まったく知らない世界を見てただただ驚くばかりでした。
また、今は男女均等社会とは言うけれども、こういう映像を観ていると、男性の守るべきもの(家族の生活や仕事、その誇りなど)を持っている強さに敵わないなと思ってしまいました。

挑戦は始まったばかりでこれからが本当の勝負なのでしょうが、“良い物を作れば、それが世界に認められていく”というシンプルな図式を見せられて、この種の番組にしては何だか爽やかな感じで観終わることが出来ました。

ハゲタカ DVD-BOX
ハゲタカ DVD-BOX

« 「SONGS」さだまさしさん | トップページ | 「あしたの、喜多善男」の小日向文世さん »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon