旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「SONGS」水谷豊さん | トップページ | 「相棒ー劇場版ー公開記念SP」観ました。 »

ステラ「ちりとてちん」&テレビで観る演劇

stera-tiritotetin1       stera-tiritotetin2

今週のNHKステラには「ちりとてちん」の小冊子が付いています。
総集編の放送がまもなくですから、つい買ってしまいました。

まだ読んでいない方へ・・・
"心に残る名場面"を見ながら、感動させられたシーンがどれだけあったかということをあらためて思い出しています。
そして、お薦めは、"落語 ここにもあそこにも"です。
ドラマに登場した落語とその場面を詳しく解説してあり、こんなにたくさんの落語が出てきていたのかと驚かされます。
これを先に知っていたら何倍もの楽しさを感じただろうに、と今更ながら落語に詳しくなかったことを悔しく思えます。
脚本の藤本有紀さんがどれだけ勉強したのかということをあらためて思い知らされました。

そして又、草若邸とひぐらし亭、和田家の見取り図と解説が掲載されていてなかなか面白いです。
頭の中では、なかなか上手く配置が出来ずにいましたが、ここに来て初めてすっきりしました。
明日(3日)の「ちりとてちん落語ワールドSP」、5、6日「ちりとてちん 総集編」がますます楽しみになっています。

話題変わって・・・
先月25日に放送された舞台劇「恋する妊婦」(NHK教育テレビ)の録画をやっと観ました。
観たというのは正確ではありません。
最初の10分ほど観て、あとは早送りをして終わらせてしまいました。
小泉今日子さん、風間杜夫さん、そして贔屓の大森南朋さん、鈴木砂羽さんと願っても無い配役陣でした。
作・演出は岩松了さんでしたし・・・。
でも、続けて観ていられませんでした。

よく俳優さんたちは舞台は観客の反応が直に返ってくるのでやりがいがあるというようなコメントをしています。
舞台にあがって一人前のような雰囲気をも感じさせます。
私は舞台劇をほとんど観に行ったことがありませんが、やはりテレビでは雰囲気を少し味わう程度のことしか出来ないのだろうとは思いました。
ですから、あくまでテレビを通して舞台劇を観た(たった10分ですが)感想です。

すぐ飽きてしまったのはセリフが多くて動きが限られていたからのようです。
当然ながら、映画やテレビドラマのようにシーンの切り替わりや挿入などもないわけです。
そちらに慣らされた自分には、ひとつの場所で延々と語られる会話劇には付いていけませんでした。
たぶん実際にその場にいたらその空気感があって、違った感動があるのでしょうが・・・。
一番の理由は、どんなに音のボリュームをあげても年齢的なものかセリフが聴き取れなかったことでしょう。
聴き取れなくてイライラして、それだけに舞台劇にとってのセリフの大切さがよくわかりました。

昔、映画も音楽も大好きで、舞台劇まで観に行ったらハマることがわかりきっていたような時期があって、自粛したことがありました。
今になっては本当にハマっていたのかどうか、残念ですが自信はありません。

ちりとてちん 完全版 DVD-BOX I 苦あれば落語あり(4枚組)
ちりとてちん 完全版 DVD-BOX I 苦あれば落語あり(4枚組) 貫地谷しほり

VAP,INC(VAP)(D) 2008-05-21
売り上げランキング : 49
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 「SONGS」水谷豊さん | トップページ | 「相棒ー劇場版ー公開記念SP」観ました。 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon