旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「スマステ」堤真一さんと草なぎ剛さん | トップページ | 「ちりとてちん」スピンオフドラマなど »

「笑っていいとも!」に吉田栄作さん

きょうの「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングのゲストは吉田栄作さんでした。
若い頃の突っ張っていたようなイメージと違って、歳を重ねてとても落ち着いて見えたのが印象的でした。

だいぶ以前に時代劇のドラマ「柳橋慕情」(2000年・NHK)を観ています。
山本周五郎の作品を集めたもので、核になっていたのが「柳橋物語」でした。
この作品は、私が本を読んでいて唯一泣いたことがある作品です。
吉田さんの役は幸太、幼馴染のおせん(若村麻由美)に好意を持っていましたが、おせんが同じ幼馴染と約束を交わしてしまったために疎んじられてしまいます。
おせんに拒まれながらも、大火事の中、彼女を助けようとして流れてきた柄杓を取ろうと川の中に入り、力尽きて沈んでいきます。
このシーンは、ドラマの中でも使われていて忘れられないシーンになっています。
この後、おせんにとって苦難の日が続くことになりますが、最後は幸太にとっても救われる結末になっています。
とても好きな作品なので、それを演じた吉田さんにも何となく特別な思いが残っていました。

きょうの話の中にも出てきた、裁判官役を演じた「法の庭」(2007年・フジテレビ)も観ていました。
松雪泰子さんと山口智光さんとの共演(3人は友人同士役)で、結局犯罪を犯してしまう役ですが、なぜか一番静かだった印象が残ってます。
役を演じるに当たってかなり勉強しているのですね。
俳優にとっては当然のことなのかもしれませんが、肩の力が抜けて着実に実績を重ねている様子が見えました。

佐藤浩市さんとか、堤真一さんとか、年齢は違うのかもしれませんが、この世代の人たちが活躍できるドラマや映画が普通に作られるようになっていて、嬉しいですね。
もちろん、「相棒」(テレビ朝日)の水谷豊さんや「無理な恋愛」(フジテレビ)の堺正章さんが主役をはれていることはもっと嬉しいですが・・・。

柳橋物語・むかしも今も (新潮文庫)
柳橋物語・むかしも今も (新潮文庫)

もう誰も愛さない BOX
もう誰も愛さない BOX
ミッドナイトイーグル
プレミアム・エディション(初回限定生産)

ミッドナイトイーグル プレミアム・エディション(初回限定生産)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「ミャンマー・サイクロン災害」「中国大地震」と大きな災害が続いています。
一人一人の命や生活が、発表される数字にただ埋もれていくのがつらいですね。
こちらも“近年必ず地震が起きる”と言われている地域ですから、他人事ではありません。
Yahoo!のIDをお持ちの方(もちろん新規に登録される方も)、このようなページがあります。
    ↓
 Yahoo!ボランティア-インターネット募金

« 「スマステ」堤真一さんと草なぎ剛さん | トップページ | 「ちりとてちん」スピンオフドラマなど »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon