旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 男子バレー・北京五輪出場決定 | トップページ | 「SMAP×SMAP」のハリソン・フォード »

一日一行文 [6月上旬]

連日冷たい小雨が振り続く中、緑だけが一段と輝きを増している。 1日(日)

体調が悪くゴロ寝、天気が見る見る回復していく様をガラス越しに眺めていた休日。 2日(月)

広大なシロツメクサの絨毯を下に見て、新幹線と長い貨物列車がカーブを描いて擦れ違って行く。 3日(火)

“疲れたら休め”と何度も何度も紙を探しては書く夢を見て、疲れて目が覚めた。 4日(水)

ラジオ深夜便のハマナスの花言葉“照り映える容色”、ヨウショク?で目が覚めた。 5日(木)

車道ではなく広い歩道に点々と胡桃の殻、カラスが落としたとして誰が潰すのか不思議だ。 6日(金)

早朝に雨が上がって陽射しが眩しく、まるで洪水のように溢れる鳥の声の中を歩く。 7日(土)

枯れたと思って捨てるように庭に植え替えた四季バラが、咲くごとに生き生きさを増している。 8日(日)

早朝に家を出た瞬間、湿った緑の匂いと列車の音の近さに梅雨の間近を感じた。 9日(月)

熱い陽射しの下むせかえるようなシロツメクサの中を歩けば、さすがに冷え性で感覚の無かった足も生気を取り戻していた。 10日(火)

Kosame

« 男子バレー・北京五輪出場決定 | トップページ | 「SMAP×SMAP」のハリソン・フォード »

一日一行文」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon