旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 一日一行文 [9月上旬] | トップページ | 「ゴンゾウ」最終回 »

「ラジオ深夜便」空に星があるように

星に唄おう

「ラジオ深夜便」の3時台のコーナーで、昭和40年代の歌の特集がありました。

聴こえてきたのは、荒木一郎さんの「空に星があるように」。
ちょっとこもった歌声で、綺麗な詩とメロディーで、真夜中に聴くにはぴったりの曲だとしみじみ思ったものです。

荒木さん、当時はいろいろと話題があってあまり良いイメージが残っていませんでしたが、良い歌は残っていくのですね。
その後、映画などでよく見かけていました。
最近、「後ろ向きのジョーカー」(1997年・新潮社)という古本を手に入れて、同名異人だと思いましたが、本人の著書でした。
今も、様々な分野で活躍をしているようです。

懐かしく穏やかな歌声に自然に眠りに誘われて、その他の曲を覚えていません。
確か渚ゆう子さんの「京都慕情」なども流れていたような・・・。

番組の初めに、アンカーの方のお詫びがありました。
何事かと思ったのですが、87歳のリスナーからの手紙へのコメントに対して批判が寄せられていたようです。
“冷たい”とか“配慮が無い”というような批判で、電話なども入ったようですからかなりの批判だったのでしょう。
アンカーの良かれと思って発した言葉がリスナーには伝わらなかったようです。

真夜中、ほとんどが寝静まって回りに音が無い時間・・・
ラジオから聴こえる言葉は、必要以上に優しくも冷たくも感じられるのかもしれません。
ある意味、密度の濃い関係になっているような気がします。
それだけに対応が難しいと、その時の内容を知りませんが、ちょっとアンカーの方に同情をしてしまいました。

私の場合は、ひどい耳鳴りをごまかすために聴いていて、熱心なリスナーとは言えません。
ほとんど睡眠薬代わりのようなものです。
でも、それも番組の趣旨のひとつでもあると聴いたことがありますので・・・。

                                               

荒木一郎 空に星があるように

エッセンシャル・ベスト

エッセンシャル・ベスト
荒木一郎

ゴールデン☆ベスト
by G-Tools

       
      アマゾン・ストア amazon.co.jp

« 一日一行文 [9月上旬] | トップページ | 「ゴンゾウ」最終回 »

音楽」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon