旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「ジャッジⅡ」第2話 共犯 | トップページ | 日本シリーズ第4戦&「相棒」season7・第3話“沈黙のカナリア” »

「ボクらの時代」トニー・レオン&金城武&ジョン・ウー

レッドクリフパーフェクトガイド 完全解剖!三国志~赤壁の戦い~ (TOKYO NEWS MOOK)

2日の「ボクらの時代」(フジテレビ)の出演者はトニー・レオン、金城武そしてジョン・ウー監督の3人。
当然のこと、映画「レッドクリフ」キャンペーンのひとつでしょう。
皆さん、リラックスした様子での会話となりました。
3人の日本語訳の担当者の声が元気すぎて(特にトニーさんの声)ちょっと違和感がありましたが・・・。

トニーさんは「SMAP×SMAP」(フジテレビ)とは又違った印象でした。
相変わらず大人しめな雰囲気ですが、気心の知れた仲間と一緒ということでしょうか、自信に溢れて結構熱く語る人でした。
特に印象的だったのは、“ハリウッドに進出しない理由”のコメントです。
“アジア映画は西洋に刺激やアイディアなどで影響を与えている”と何度か繰り返します。
アジアの第一線で活躍している自負を感じさせました。

金城さんも“こちらでは自由に演技が出来るけれども、ハリウッドなどは縛りがありそう”と語っていました。
どうしても西洋人から観たアジア人の描き方になってしまうのが、二人の敬遠する理由のようです。
そのあたり、“監督と俳優とは違う”と、ハリウッドで活躍しているウー監督への配慮を忘れない二人でしたが・・・。
垣根が取れた監督と、まだまだ立場が微妙な俳優としては確かに違うでしょう。
あえてハリウッドに乗り込んで少しずつ変えていく方法もありますが、留まってプライドを持って仕事をしていくのもひとつの選択でしょうね。

金城さん、こちらでもトニーさんと初めて逢った時に目を見ることが出来なかったエピソードを・・・。
よほど印象が深かったんでしょうが、自然に先輩(ですよね?)を立てている様子が感じられて気持ちがいいですね。

ウー監督から2人に関する話が出ました。
金城さんは撮影に入る前からかなりの勉強をする人、とのこと。
「レッドクリフ」での諸葛孔明は唯一動きの少ない人で、難しい役だったようです。
「三国志」でもとても魅力的な人物ですから、どのように演じているか楽しみですね。
トニーさんについては、過去に目にガラス片が入っても演技を続けたというエピソードを語っていました。
彼が会社員から俳優になったことも意外でしたが、監督も牧師になるつもりだったとのことで、人生はわからないものです。

3人三様の映画への想いが見えていて、終始和やかな鼎談でした。

レッドクリフ Part1 オリジナル・サウンドトラック レッドクリフ Part1 オリジナル・サウンドトラック
岩代太郎 松井五郎 中野雄太

レッドクリフパーフェクトガイド 完全解剖!三国志~赤壁の戦い~ (TOKYO NEWS MOOK) レッドクリフ 公式ビジュアルBOOK RED CLIFF~心・戦~(DVD付) 小説レッドクリフ(上) The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor [Original Motion Picture Soundtrack]
by G-Tools

アマゾン・ストア amazon.co.jp

« 「ジャッジⅡ」第2話 共犯 | トップページ | 日本シリーズ第4戦&「相棒」season7・第3話“沈黙のカナリア” »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon