旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「ハゲタカ」の映画化を知って | トップページ | DJ OZMAさんの引退会見から »

「相棒」season7・第6話“希望の終盤”

相棒 Classical Collection=杉下右京 愛好クラシック作品集=【HQCD】

26日の「相棒」season7・第6話“希望の終盤”を観ました。

今回も「相棒」らしく切なさと苦さが残る話でした。
プロ棋士の養成機関・奨励会の同期生の中で自分だけがプロ棋士になれた西片(水橋研二)が、大野木(松田賢二)から勝ちを譲ってもらったと思っていたり、観戦記者・畑(蟹江一平)の存在をプレッシャーに感じていたり・・・。
もう少し心を開いて話し合っていれば、あれほど苦しまずにあのような最後を迎えることも無かったのに、とは思います。
でも、彼の気持ちが一番わかるんですよね、個人的には・・・。

画面がほとんどブルー一色でした。
好きな映像処理ですが、暗い部分になるとほとんど見え難くなるのはアナログテレビのせいか、個人的な目の病気のせいなのか、悩んでいるところです。

蟹江一平さん、観るたびに堂々とした若手の存在感のある俳優さんになっているように感じます。
お父さん(蟹江敬三)の影を感じさせないで、独自の道を行っているようですね。

右京(水谷豊)の“便箋と封筒です。手紙を書く時に使います”には笑わせてもらいました。
こういう軽快なトークがあるとホッとします。

龍馬戦の関係者(着物姿の人)で出演の石濱朗さん、本当に久しぶりに観ることが出来ました。
驚いて声を挙げてしまいました。
ある年代の人なら知っている、往年の映画のトップスターです。
懐かしかったですね。

一番印象的だったのが、来週の予告編でした。
官房長(岸部一徳)や大河内(神保悟志)まで出演している上に、亀山(寺脇康文)の“強いですね、右京さんは・・・そして、正しい”なんていうセリフもありましたから・・・。
亀山の卒業にからみそうなセリフに聞こえて、気になります。

 

相棒 season 6 DVD-BOX I 『裏相棒』付仕様 (初回限定生産) 相棒 season 6 DVD-BOX I 『裏相棒』付仕様 (初回限定生産)
水谷豊, 寺脇康文, 鈴木砂羽, 高木沙耶

相棒 season 6 DVD-BOX II(6枚組) 相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン  豪華版BOX (数量限定生産) 相棒 season 5 DVD-BOX II(6枚組) 相棒 season5 DVD-BOXI(5枚組) 「相棒」オリジナル・サウンドトラック(通常盤)
by G-Tools

 

アマゾン・ストア amazon.co.jp

« 「ハゲタカ」の映画化を知って | トップページ | DJ OZMAさんの引退会見から »

ドラマ「相棒season7」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon