旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« NHK「特集・にっぽんの現場」“平成長屋の住人たち” | トップページ | 一日一行文 [12月下旬] »

「沢田研二ライブ 人間60年 ジュリー祭り」

LOVE~愛とは不幸をおそれないこと~

27日の「沢田研二ライブ 人間60年 ジュリー祭り in 東京ドーム」(NHK総合)を観ました。

最初に80曲を歌うと宣言していましたが、冗談だと思いました。
吉田拓郎さんが2006年のつま恋コンサートの映像で、昔“徹夜で歌う”と言ったことを受けて“(夜)9時までだっていいじゃないか”とちょっと苦笑混じりに言ったシーンを思い出しました。
年齢的なことを考えればとても自然なこととして、同年代の人間として素直に受け入れられました。
その同年代(ちょっと下ですが)の沢田さんの宣言でしたから・・・。

実際に80曲を歌ったんですね。
派手な衣装で、声もパフォーマンスも最後まで昔のままのジュリーでした。
昔のインタビューで“老人になっても派手な格好でロックを歌っていたい”と語っていましたが、見事に実現していました。
たぶんファンの方なら誰でも知っていることなのでしょうが、最近知った、とても印象的なエピソードがあります。
今なぜ彼が少し太めで、昔のジュリーそのままにやせようとしないのか、という問いに“格好良い姿よりも、声量を保てる太っている方を選んでいる”ということ。

ザ・タイガース時代のように踊って歌う「シーサイド・バウンド」は楽しかったですね。
普段はバラード系が好きなのに、「シーサイド・バウンド」や「TOKIO」に気持ちよく乗れる自分がおかしかったです。
ステージを走り回るジュリーに勇気をもらった気がします。
時々チラッと後姿が重く見えて、そのことに感動させられもしました。
赤い衣装を多く着ていたのは、やはり還暦を意識してのことでしょうね。

最後に“皆さんのおかげで夢を見れました。明日から又しっかり日常を暮らしていきたい。一日も長く歌っていたい”とのコメントを・・・。
一日一日を大切に生きることで、次の夢=歌うことに向かえるということ、本当に歌うことが好きな人なのだ、と思わせられました。

<番組内で歌われた曲>
 ・そのキスが欲しい
 ・シーサイド・バウンド
 ・いくつかの場面 *作詞・作曲:河島英五
 ・不良時代  *作詞・作曲:沢田研二
 ・我が窮状
 ・TOKIO
 ・ROCK’N ROLL MARCH
 ・時の過ぎゆくままに
 ・愛まで待てない

[YouTube動画] 沢田研二「シーサイド・バウンド」

[YouTube動画] 沢田研二 I Believe In Music(cover)


ROCK’N ROLL MARCH ROCK’N ROLL MARCH
沢田研二

CROQUEMADAME&HOTCAKES 沢田研二という生き方 いくつかの場面 忘却の天才 明日は晴れる(アルバム)
by G-Tools

アマゾン・ストア amazon.co.jp

« NHK「特集・にっぽんの現場」“平成長屋の住人たち” | トップページ | 一日一行文 [12月下旬] »

音楽」カテゴリの記事

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon