旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「天地人」第2回 泣き虫、与六 | トップページ | 松田龍平さんの結婚 »

「浪花の華~緒方洪庵事件帳」第1回 禁書の秘密

禁書売り―緒方洪庵浪華の事件帳 (双葉文庫)

10日放送のNHK土曜時代劇「浪花の華~緒方洪庵事件帳~」第1回“禁書の秘密”を観ました。

「陽炎の辻2」の後番組ということと、栗山千明さんに関心があってということで、正直何となく観てみました。
それが、30分枠の時代劇に慣れたせいか、予想外に面白かったですね。

お目当ての栗山さんが男装したりして格好いいですし、相変わらずの斜め撮りなどのお遊びもあり、テンポも良くて楽しかったです。
さすがに、栗山さんの殺陣は踊りみたいでしたが、何より本人が楽しそうでした。
主役の緒方章(後の洪庵)役の窪田正孝さんという俳優さんを初めて観ましたが、役の成長とともに大きくなっていく人なのでしょうね。

何より嬉しかったのは、音楽が佐橋俊彦さんだったこと。
「ちりとてちん」(NHK朝ドラ)も素敵でしたが、「鹿男あをによし」(フジテレビ)のラストに流れた、あの自然に気持ちが踊るような音楽の作曲家です。
オープニングではわからなかったのですが、栗山さんの殺陣のシーンでは「鹿男・・・」を連想させるわくわくする音楽で、すぐ気がついたものです。
これだけでも次回からがますます楽しみになっています。

当時の本屋や本の流通の仕組みがわかったりしたことも新鮮でした。
今回は、浪花嫌いで本好きで人付き合いが苦手の主人公が、栗山さん演じる左近や先生夫妻(蟹江敬三・萬田久子)から、大義名分よりも実を取る、おのれの力と知恵で自由に生きる“浪花の町や人の面白さ”を諭された回でした。
次回以降がとても楽しみです。

禁書売り―緒方洪庵・浪華の事件帳 (緒方洪庵・浪華の事件帳) 禁書売り―緒方洪庵・浪華の事件帳 (緒方洪庵・浪華の事件帳)
築山 桂

北前船始末―緒方洪庵・浪華の事件帳〈2〉 (緒方洪庵・浪華の事件帳 (2)) 鴻池小町事件帳―浪華闇からくり (ハルキ文庫―時代小説文庫) 残照の渡しだ甲次郎浪華始末 (双葉文庫) 雨宿り恋情―甲次郎浪華始末 (双葉文庫) 一文字屋お紅実事件帳 紅珊瑚の簪 (廣済堂文庫)
by G-Tools

アマゾン・ストア amazon.co.jp

« 「天地人」第2回 泣き虫、与六 | トップページ | 松田龍平さんの結婚 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon