旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「ありふれた奇跡」第1話 | トップページ | 「おはよう日本」特集:日浦駿介さん »

一日一行文 [1月上旬]

紅白も観ず除夜の鐘も聴かず湯たんぽでぬくぬくしながら迎えた新年、それも幸せ。 1日(木)

大晦日の雪が融け、陽だまりの中に南天の実が落ちて穏やかな元日となった。  2日(金)

雪の無い土手の雑草の中に、汚れた雪だるまが融けないままポツンと立っていた。 3日(土)

咲いたままドライフラワーになってしまった四季バラのそばに、新たに赤い小さなバラが咲き始めた。 4日(日)

毎年見事に藤の花で覆い尽くされる喫茶店に閉店の貼り紙を見つけてしまった。 5日(月)

“夢に一歩近づいた”という若い友人からの年賀状にちょっと嫉妬した。 6日(火)

初詣のおみくじは吉“本当に決めたことはかなう”図星のような気がする。 7日(水)

一面茶褐色の景色の中で、堰の水音だけが季節が少しずつ動いていることを感じさせる。 8日(木)

ビニールを被せた様々な形の植木が立ち並び、まるで枯野原に雪像が出現したような不思議な光景があった。 9日(金)

綿入れを着て湯たんぽのお湯で顔を洗う、昭和真っ只中の暮らしをしてみる。 10日(土)

Syougatukazari

« 「ありふれた奇跡」第1話 | トップページ | 「おはよう日本」特集:日浦駿介さん »

一日一行文」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon