旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« リュ・シウォンさん明日「どーもキニナル!」に出演 | トップページ | 本日のリュ・シウォンさん「どーも☆キニナル!」 »

「相棒」season7・第12話“逃亡者”

相棒 Classical Collection=杉下右京 愛好クラシック作品集=【HQCD】

昨日(21日)「相棒」season7・第12話“逃亡者”を観ました。

捜査一課トリオが最初から出ずっぱりでしたね。
珍しく芹沢(山中崇史)が特命係の部屋で右京(水谷豊)と一緒に仕事をしていましたし・・・。
右京と小野田(岸部一徳)が何度も、というか頻繁に会っていたのも珍しい光景でした。
相棒が欠けてしまった分、こういう変化球的な展開も“有り”かなと思いました。
と言うか、亀山が抜けたことで、前向きに考えればいろいろなバリエーションの新鮮な作品が出来るのではないかとも思えてきました。
ただし、試行錯誤は続くのでしょうが・・・。

それにしても、回転寿司での小野田は皿戻しは無かったものの、お茶で2度も笑わせてもらいました。
だからこそ、ルベルタでの左刑事(丸山智己)の関与は無いものとする、刑事部長とのシーンではより恐さを感じたものです。
刑事部長(片桐竜次)も久しぶりに黒くて迫力がありましたが・・・。

小野田にいろいろと呼び出されては(逆に利用もしますが)、それにシラッと対応する右京も相変わらずで面白いですね。
ミサンガをしている右京は、どうなんでしょうか。
つい、小野田に対しての何らかの意思表示かなとも思ったものですが、あの右京ならいつでも言いたいことを言うはずでした。

所轄から捜査一課に異動予定の左刑事がもしかして相棒?とか、伊丹(川原和久)が彼に押し出されるかたちで特命へ?とか考えてしまった回でもありました。
暴走気味の左刑事がつい亀山に見えてしまいました。
伊丹と左のシーンはよかったですね。
最近の伊丹は、相変わらずの部分もありますが、格好良く描かれていませんか?

相変わらず「相棒」関連の掲示板を覗いていますが、亀山の卒業とタイトルへの不満が大半を占めているようです。
今日のような放送日の翌日はちょっと様子が違いますが・・・。
私は亀山の卒業には今やそんなにこだわっていません(忘れやすい)し、タイトルも記号のようなものだと思っています。
要は、面白ければいいという単純なファンです。

批判のひとつに、亀山が卒業したら彼について一切触れていない、ということがあります。
これまで以上に照明の暗さを感じる特命係の部屋に、右京一人の名札だけが白く浮き上がって見えます。
その映像に尽きるような気がしています。

相棒DS(初回生産:「名セリフステッカー」同梱)
相棒DS(初回生産:「名セリフステッカー」同梱)

相棒season4上 (朝日文庫) 相棒season4上 (朝日文庫)
輿水 泰弘

相棒season3下 (朝日文庫) 相棒season3上 (朝日文庫) 相棒season2 下 (朝日文庫) 「相棒」特命調書 相棒season2 上 (朝日文庫)
by G-Tools

アマゾン・ストア amazon.co.jp

« リュ・シウォンさん明日「どーもキニナル!」に出演 | トップページ | 本日のリュ・シウォンさん「どーも☆キニナル!」 »

ドラマ「相棒season7」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon