旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

« 「ありふれた奇跡」第5話 | トップページ | 「天地人」第6回 いざ、出陣 »

「浪花の華~緒方洪庵事件帳~」第5回 北前船始末(前編)

昨日(7日)の「浪花の華~緒方洪庵事件帳~」第5回“北前船始末(前編)”を観ました。

今回は、緒方章(窪田正孝)の成長が色濃く出た回でしたね。
幼馴染の痘瘡による死によって、生まれた医者への道。
人々を悲しませたくないという強い思いがありながら、未熟さによって見立て違いをしてしまい、患者や家族に辛い思いを味わわせてしまった・・・。
その後悔で自信を失くしますが、お定(萬田久子)の励ましを受けます。
“医者にとって一番大切なものは、己を捨ても人を救おうとする気持ち”
落ち込み悩みながらも、それをきちんと受け止める真っ直ぐな緒方が気持ちいいですね。

北前船始末―緒方洪庵・浪華の事件帳〈2〉 (緒方洪庵・浪華の事件帳 (2))

失敗を踏まえて、今回の事件の当事者の孫を徹夜で看病、痘瘡ではないことでホッとしたのもつかの間、その娘がさらわれてしまって、次回へと続きます。
せっかく先生(蟹江敬三)にも褒められ、その娘にも先生と呼ばれて、自信を取り戻せた笑顔を見せられたのに・・・。

徹夜の看病に付き合いながら、初めて緒方の事情を知って、改めて励ます左近(栗山千明)が来週は撃たれるようですね。
事件の展開は来週に集中しているようです。

緒方の“ヘェ?”が小さくなって、“ハイッ”が何気に多くなってきています。
成長するたびに、こちらが気に入っている“ヘェ?”が無くなっていくのでしょうね。
それにしても、真っ直ぐな成長のしかたが観ていて何とも気持ちがいいです。

ラストクレジットが流れる桜満開の綺麗な画面と、テーマ曲「三日月」(歌:くるり)が、どこか切なさを感じさせて余韻が残ります。


これまでの感想 第1回 第2回 第3回 第4回

  「浪花の華~緒方洪庵事件帳~」公式サイト

北前船始末―緒方洪庵浪華の事件帳 (双葉文庫) 北前船始末―緒方洪庵浪華の事件帳 (双葉文庫)
築山 桂

禁書売り―緒方洪庵浪華の事件帳 (双葉文庫) 照葉ノ露―居眠り磐音江戸双紙 (双葉文庫) 星影の女  妻は、くノ一 2 (角川文庫) 大奥の若豹―江都の暗闘者 (双葉文庫) 海灯り―金四郎はぐれ行状記 (双葉文庫)
by G-Tools

アマゾン・ストア amazon.co.jp

« 「ありふれた奇跡」第5話 | トップページ | 「天地人」第6回 いざ、出陣 »

amazon


スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



無料ブログはココログ