旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「浪花の華~緒方洪庵事件帳~」第8回 蘭方医の戦い | トップページ | 樹木希林さん「笑っていいとも!」出演 »

「天地人」第9回 謙信死す

昨日(1日)大河ドラマ「天地人」第9回“謙信死す”を観ました。

その通り、上杉謙信(阿部寛)が亡くなるという重要な回ではありましたが、絵的にはあまり動かない回でした。
謙信の存在感を充分に見せつけて、阿部さんが去ったと言うことですね。

妙椿尼(萬田久子)の見せ場でもありました。
萬田さん、土曜時代劇「浪花の華~緒方洪庵事件帳~」とはまた違った役柄で活躍です。
こちらの好みを言わせてもらえば、「浪花の華・・・」の主人公を見守る人情味溢れる女医(先生の奥さんでもある)役の方が好きですが・・・。

歴史に詳しくないので、あまり言えませんが、遺言の件は兼続(妻夫木聡)が企てたような話を読んだことがあります。
今の状況では、今の若さではそれは無理ですね。
それにしても、兼続は景勝(北村一輝)よりも謙信のそば近くに使えていられたのが不思議な感じがします。

天地人 (NHKシリーズ NHK大河ドラマ歴史ハンドブック)
天地人 (NHKシリーズ NHK大河ドラマ歴史ハンドブック)

映像として印象的だったのは、岩から湧き出す水と廊下?に並べた灯明で、すべて謙信の最後を予感させるような映像でしたね。

登場人物で目立ったのは、上杉景虎(玉山鉄二)の家臣の遠山役の俳優さん。
眉毛も印象深く、存在感もあって儲け役だと思いましたが、名前は覚えられませんでした。
これだけたくさんの俳優さんが出演していると、目立った方が得、とつい思ってしまうのは素人考えでしょうか。
後半ぎりぎりまで動きが少ないので、つい余計なことを考えて遊んでしまいました。

終盤に、景勝が幼い頃に謙信と一緒に国を見下ろしている回想シーンがあり、「わしとともに毘沙門天に恥じぬ清い国を築いていこうではないか」と交わした言葉が遺言と言えば遺言でしょうか。
「お屋形様の心、お屋形様の義とともに生きる」と誓う景勝に、改めて主従の誓いをする兼続も、ここに来てたくましい人間に成長していますね。
遺言の嘘を突き通せるのか、と思ったものですが、覚悟の程が見えました。

景勝は、これまでは史実のように何を考えているかわからないような人間に見えていました。
景虎に負けっぱなしの印象が続きましたが、意思表明をすることで、波瀾の展開(すでに始まっていますが)が待っていて、これからがその存在感の見せ所でしょうか。

動きが無いと、ちょっと辛い感想文になりますね。

         大河ドラマ「天地人」公式サイト

歩いても 歩いても [DVD]
歩いても 歩いても [DVD]

結婚できない男 DVD-BOX 結婚できない男 DVD-BOX
阿部寛, 夏川結衣, 国仲涼子, 塚本高史

アットホーム・ダッド DVD-BOX
by G-Tools

アマゾン・ストア amazon.co.jp

« 「浪花の華~緒方洪庵事件帳~」第8回 蘭方医の戦い | トップページ | 樹木希林さん「笑っていいとも!」出演 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon