旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「駅路」松本清張&向田邦子作品 | トップページ | 草なぎ剛さんへ »

「陽炎の辻3」第1回&「天地人」第16回&「世界の果てまでイッテQ!」

18日、NHK土曜時代劇「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙~」を観ました。PART1、2と観ているので、当たり前のように観てしまいました。
30分という時間枠にも慣れましたし・・・。

磐音(山本耕史)の出番は最初と最後という感じで、あとはおなじみの人物紹介で終わりましたね。

正直、ゲストが再ブレイク中の有吉弘行さんでしたし、新たな敵が忍者のような集団ということで、ちょっと先が不安にはなりました。
時間帯に合わせて、より子供向けになるのかなあ、と・・・。
まずは次の回からですね。

陽炎ノ辻3~居眠り磐音江戸双紙~完全ガイドブック―NHK土曜時代劇 (双葉社スーパームック) 陽炎ノ辻3~居眠り磐音江戸双紙~完全ガイドブック―NHK土曜時代劇 (双葉社スーパームック)

冬桜ノ雀―居眠り磐音江戸双紙 (双葉文庫) NHK土曜時代劇 陽炎の辻2 ~居眠り磐音 江戸双紙~ DVD-BOX 陽炎の辻 ~居眠り磐音 江戸双紙~ DVD-BOX 照葉ノ露―居眠り磐音江戸双紙 (双葉文庫)

19日の大河ドラマ「天地人」第16回“信玄の娘”は、録画して観ました。
だんだん観続けるのが辛くなっていますね。

徳川家康(松方弘樹)が登場し、「20年後には兼続(妻夫木聡)と天下を舞台に対決することになる」とのナレーションが入った時には、そんなに長く観続けないといけないのかと思ってしまいました。

合戦シーンが好きなわけではありませんが(むしろ嫌いです)、すべてナレーションで片付けていますね。
メリハリが感じられないために、吉江宗信(山本圭)や直江信綱(山下真司)が兼続を認めるのも突然のようで違和感がありました。
あっという間に信綱は死んじゃったようですし・・・。
その前に、信綱の最後を感じさせる後姿のスローモーションがあったり、作りすぎですよね。
来週には、早くも直江兼続が誕生するようです。

唯一泣けたのは、仙桃院(高島礼子)が雪割り草に“華”と呼びかけるシーンでした。
そこへ持って行く、兼続とお船(常盤貴子)のセリフはこちらにぜんぜん響いてきませんでしたけど・・・。

大河ドラマは「風林火山」(2007年)だけしか観続けられなかった私には、この先は難しそうですね。
どうもワクワク感とか爽快感のようなものが無いと、楽しくないと・・・。
時々観ては、伊達政宗(松田龍平)の登場を待っている日が続きそうです。

NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック
大島ミチル 宮本笑里

特選!大河ドラマ名曲集 天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー) 天地人 (NHKシリーズ NHK大河ドラマ歴史ハンドブック)

by G-Tools

「天地人」を録画して、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ)を観ていました。

珍獣ハンターイモト
のアフリカ編では、たくさんの動物を紹介。
美しいフラミンゴの乱舞、黒サイの子供、そして初めて観るハダカデバネズミ(本当に裸・出歯のねずみ)など。
キリンによる(厳密にはスタッフによる)ドッキリ仕掛け、そのキリンの睡眠時間5分間の寝姿(首を丸めて眠る)などが観られた上に、人類誕生の土地・大地溝帯(グレート・リフト・バレー)まで、と盛りだくさんでした。

もう1本は、松嶋尚美さん担当の中国・菜の花畑でのミステリー・サークル作り。
こちらも感動的なものでした。

やはり、日曜日の夜は楽しいものを観るに限ると思ってしまいましたが・・・。

世界の果てまでイッテQ!
珍獣ハンターイモトの動物図鑑

世界の果てまでイッテQ!珍獣ハンターイモトの動物図鑑

アマゾン・ストア amazon.co.jp

« 「駅路」松本清張&向田邦子作品 | トップページ | 草なぎ剛さんへ »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon