旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「ボクらの時代」前編:市川海老蔵、藤原竜也、小栗旬さん | トップページ | 「ラジオ深夜便」わが故郷の良寛(1)新井満さん »

「天地人」第15回 御館落城

昨日(12日)のNHK大河ドラマ「天地人」第15回“御館落城”を観ました。

予想通り、上杉景虎役玉山鉄二さんの見せ場の回でしたね。
自害する前に駆けつけた兼続(妻夫木聡)への「哀しい戦じゃったのう」には泣かされました。
綺麗に次へ続くような展開にして終わったなあ、と思いながらも・・・。

時代とは言え、周りに裏切られ続けてきた景虎でしたが、華姫(相武紗季)だけでも彼に添い続けていてホッとさせられました。
北条から来た家来(蛍雪次朗)は、やはり曲者でしたね。
この時代、情報が上手く伝わらない中での戦略の駆使に、改めて怖さを感じます。

天地人の戦国乱世 名将・知将の時代 (ワニ文庫)
天地人の戦国乱世 名将・知将の時代 (ワニ文庫)

それにしても、実際のお船(常盤貴子)もこのように活躍していたのでしょうか。
男性陣より立派過ぎるお船ですが、上杉のためと言いながら夫・直江信綱(山下真司)に相談したりしないんですね。
事後承諾で、その上兼続の話を出してきたりするし・・・。

お船がどのように仙桃院(高島礼子)を説得するのかと思っていましたが、結果的にその仙桃院が景虎の降伏へと導くわけですから、見事なものでした。
それにしても、何かと“謙信の遺言”の秘密を出してくるんですね。
結局、それを知らなくて争った景勝(北村一輝)と景虎って、何?と思えてしまいますが・・・。
景勝がいまひとつ凡庸に見えてしまうのは、そのあたりもあるのでしょうか。

今年の大河ドラマは、一部で“外へ出ない”“節約志向”と聞いたことがありますが、映像に凝っている、観せ方に苦心しているように感じるのはそのせいでしょうか。
ストーリー的には、すっきりした展開を期待したいですね。

           大河ドラマ「天地人」公式サイト

Fe2―玉山鉄二写真集 Fe2―玉山鉄二写真集
小林 ばく

プレイ/pray [DVD] 牛に願いを Love&Farm スペシャルパイロット版DVD 逆境ナイン 全力版 [DVD] フリージア [DVD] 真夜中のマーチ [DVD]
by G-Tools

アマゾン・ストア amazon.co.jp

« 「ボクらの時代」前編:市川海老蔵、藤原竜也、小栗旬さん | トップページ | 「ラジオ深夜便」わが故郷の良寛(1)新井満さん »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon