旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 松本清張「駅路」を読む | トップページ | 「ラジオ深夜便」久木綾子さん再び(2) »

「ラジオ深夜便」久木綾子さん再び

今朝の「ラジオ深夜便こころの時代(午前4:00~)は、3月1日に放送された久木綾子さんの“瑠璃光寺五重塔に魅せられて”第1回の再放送でした。

前回聴き逃したので嬉しかったですね。

89歳で作家デビューした「見残しの塔―周防国五重塔縁起」を中心にしたお話でした。

中世の勉強をしたり、小説に登場する宮大工について実際の宮大工に基礎的なことから教えてもらったりと、14年間取材や勉強をして、20年をかけての出版だったようです。

見残しの塔―周防国五重塔縁起
見残しの塔―周防国五重塔縁起

宮大工さんには、“1から10まで”では無く“0.1から1まで”教えていただきました、と表現していました。

登場する人物に関係する臼杵や若狭(このあたりは朦朧として聴いていたので、不確かですが)まで実際に歩いてみたとか・・・。

作家デビューした今でも、“万年、受験生のようです”と控えめに語っていたのが、前回同様に年齢を感じさせないみずみずしい感性を感じさせました。

明朝は、第2回の再放送です。

起きていられるといいんですが・・・。

前回、久木さんのことを知らないで聴いた第2回の記事は、こちらで
「ラジオ深夜便」久木綾子さん

<記事訂正>2009.4.28.
取材のために歩いたのは、「臼杵」ではなく「椎葉」でした。

眠れぬ夜のラジオ深夜便 (新潮新書) 眠れぬ夜のラジオ深夜便 (新潮新書)
宇田川 清江

35年目のリクエスト—亀渕昭信のオールナイトニッポン ラジオな日々 ラジオ深夜便完全読本―ふれあいと感動の15年 (ステラMOOK) 昔ここにラジオがあった―四谷村物語(ぶんかほうそう) (現代叢書)

by G-Tools

アマゾン・ストア amazon.co.jp

« 松本清張「駅路」を読む | トップページ | 「ラジオ深夜便」久木綾子さん再び(2) »

ラジオ」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon