旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« きょうは「ハゲタカ」づくし | トップページ | 「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙」第6回“生か死か” »

「天地人」第21回“三成の涙”

昨日(24日)の大河ドラマ「天地人」第21回“三成の涙”を観ました。

オープニングはますます現代的な表現になってきていますね。

花で飾った石田三成(小栗旬)・・・

小栗さん、先日の「ボクらの時代」(フジテレビ)で、きちんと主張する俳優さんだということがよくわかりました。

彼はこの映像を観てどう思うのだろうか、とつい考えたものです。

少年時代の写真は良く似ていたので、CGだったんでしょうか?

今回は全体的に明るくしようと思ったんでしょうか。

菊姫(比嘉愛未)の懐妊騒動に兼続(妻夫木聡)の裸?踊り、上田衆はこれまで以上に軽いし・・・。

現代風な音楽も入っていました。

観ていてどんどんテンションが下がっていく自分を感じてしまいました。

天地人(前編)

                     
                      楽天で『天地人』をさがす

兼続やその周囲の人たちは、とても戦国の世の人とは思えないのですが・・・。

重鎮たちがほとんどいなくなってしまったことも大きいかもしれません。

兼続より三成の方に共感を覚えて、最後に二人が語り合うシーンがあって、だからこれから二人が親友になると言われても、何ともいいようがない思いになりましたね。

三成の涙のシーンでは、小栗さんはどんな思いでこのシーンを演じたのだろうと、つい考えてしまいました。

特に彼のファンというわけではありませんが、“小栗さんが頑張ったのになあ”と、思ってしまった回でしたね。

正直、観るのも書くのも辛くなってきています。

マイナス部分だけ書くのがイヤなので、しばらくは書かないかもしれません。

松田龍平さんの伊達政宗だけはぜひ観たいと思っています。

          大河ドラマ「天地人」公式サイト

天地人の戦国乱世名将・智将の時代

                         

                    楽天で『戦国武将』をさがす

                    楽天で『新潟の名産品』をさがす

« きょうは「ハゲタカ」づくし | トップページ | 「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙」第6回“生か死か” »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon