旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「天地人」第18回“義の戦士たち” | トップページ | ドラマ「ハゲタカ」第5回&第6回再放送 »

ドラマ「ハゲタカ」第3回&第4回再放送

今朝も、ドラマ「ハゲタカ」第3回“終わりなき入札”&第4回“激震!株主総会”の再放送を観ました。

第3回“終わりなき入札”は、ファンの間では特に評判が良かった回でしたね。

記者会見での鷲津(大森南朋)の「お金を儲けることはいけないことでしょうか」というセリフで、始まりから緊迫感のある回です。

会見での野中(小市慢太郎)のキツい挑戦的な質問に、いつもなら演技をして駆け引きをする鷲津が思わず感情的になって声を荒げてしまったシーンでした。

野中の脇にいる由香(栗山千明)が戸惑いを見せるのが毎回印象に残ります。

ハイライトは何といっても、入札のシーンでしょう。

ただ単純に入札を繰り返していくだけなんですが、男たちの戦いを見せられているような・・・。

芝野と自販機のシーンには彼の思いが重なって象徴的でした。

脚本の凄さ、映像の見せ方の凄さを感じます。

思い返せば、ブルーの映像はこちらが先だったんですね。

最近は「相棒」(テレビ朝日)で馴染みになってしまいました。

何度も観ていると、音楽までちゃんと耳に入ってくるものですね。

今回は、こんな所でこの音楽を、といちいち反応しています。

ハゲタカ Blu-ray Disc BOX
ハゲタカ Blu-ray Disc BOX

第4回“激震!株主総会”の見どころは、やはり大空電機会長を演じる菅原文太さんの存在感でしょうか。

例の禅問答のような「やり直したいんなら、何もやらないことだよ」という会長の言葉。

「家族主義という耳障りのいい言葉で何もやらなかったあなたのせいです」という鷲津に返す言葉ですが、やはり私の頭では理解出来ませんね。

あの株主総会での、鷲津が資料をバサッと後ろに投げるシーン。

実際には無理でも、結構やってみたいと思った人は多かったのではないでしょうか。

結果的に情に訴えた芝野(柴田恭兵)側が勝った株主総会ですが、西野(松田龍平)の「茶番だ」が締めましたね。

会長の死があって、綺麗にまとまった総会でしたから・・・。

大空電機の再生計画書を見せた時の由香の表情だけで、三島製作所が売却リストに載っていることを知ってしまう鷲津。

このあたりから鷲津に迷いが入っていくんですよね。

これを単純に恋愛感情に簡単に持って行かない脚本が素晴らしいと思っています。

由香は会長に鷲津のことを聞かれ「彼がただのハゲタカとは思えません。会長に救っていただいた工場が彼の出発点だからです」と答えています。

その前フリがあるから、鷲津の苦悩が見えてくるということで・・・。

このドラマに彼らの私生活や恋愛を入れないで、仕事に人生を投入する男たちという、潔いブレない作品作りの姿勢が感じられて、だから好きなんでしょうね。

この第4話は、ラストの予告編が一番衝撃的な気がしないでもないのです。

西野が鷲津に拳銃を向けますから・・・。

ハゲタカ DVD-BOX ハゲタカ DVD-BOX

ハゲタカ オリジナル・サウンドトラック 監査法人 DVD-BOX クライマーズ・ハイ [DVD]
キャッチボール屋 [DVD] ヴァイブレータ スペシャル・エディション [DVD]

by G-Tools

アマゾン・ストア amazon.co.jp

« 「天地人」第18回“義の戦士たち” | トップページ | ドラマ「ハゲタカ」第5回&第6回再放送 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon