旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« ファラ・フォーセット&ライアン・オニール「ワイド!スクランブル」 | トップページ | 「SONGS」山崎まさよしさん »

「陽炎の辻3」第4回&第5回

陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙~」第4回“夢いちず”、第5回“牙むく敵”を観ていましたが、だいぶ遅れての覚書です。

第4回“夢いちず”は、おそめ(瓜生美咲)の件がメインでしたね。

瓜生さん、とても目力のある女優さんで、お佐紀(北川弘美)との別れのシーンは良かったです。

あえて今津屋での幸せな環境を捨てて、縫箔の職人になる強い意志が感じられて・・・。

その縫箔職人の親方役で出演の笹野高史さん、実際は「天地人」の秀吉役と同時進行なのかどうかはわかりませんが大活躍ですね。

この回は、出演者勢ぞろいという印象のある回でした。

   楽天で「陽炎の辻」をさがす

第5回“牙むく敵”は、磐音(山本耕史)が次期将軍と期待されている家基(中村隼人)の鷹狩りの警護をしたり、奈緒(笛木優子)がなぜか江戸にいたり、とにぎやかな回でしたね。

家基役の俳優さんが上手いのか下手なのかよくわからない演技で、それが役にあってもいるようですし、不思議な感じがしましたが・・・。

磐音とその家基が野原でごろ寝、お付の家来も右に倣えで、俯瞰の光景がほのぼのとしていました。

大事の前の休息シーンということでしょうが・・・。

 

奈緒が江戸にいると知ったからか、警護のためか、何度も水浴びをする磐音。

その奈緒と逢ったおこん(中越典子)、二人が長屋の連中のおしゃべりを聞いてしまうシーンは、両方の気持ちを想像すれば切ないですね。

音楽が「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005年)風だと思ったら、そのとおり佐藤直紀さんでした。

それにしても、食事の時にがつがつ食べる磐音、見た目や所作とのギャップが面白いですが、何より、いつもながら微笑んでの「はい」が山本ファンにはたまらないでしょうね。

土曜時代劇「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙~」公式サイト

 

佐野元春がプロデュース、山口智充がヴォーカル、山本耕史がギターを担当したドリーム・ユニットの初CD。 

     楽天で「山本耕史」をさがす

« ファラ・フォーセット&ライアン・オニール「ワイド!スクランブル」 | トップページ | 「SONGS」山崎まさよしさん »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon