旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「ツレがうつになりまして。」第1回 | トップページ | 「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙」第7回 »

裁判員制度ドラマスペシャル「サマヨイザクラ」

裁判員制度ドラマスペシャル「サマヨイザクラ

                   フジテレビ系列  30日放送

出演:伊藤淳史 塚本高史 加藤ローサ 宮崎美子                          

 サマヨイザクラ(上)

裁判員制度が描かれると知って、何となく気になって観始めたのですが、結局最後まで引き込まれて観てしまいました。

いつもは就寝の時間ですが・・・。

裁判長役・大杉漣さん、検察官役・利重剛さんが出演していたのも大きいかもしれません。

評議室での話し合いのシーンは、映画「十二人の怒れる男」(1957年)を思い出しながら観ていました。

日本人なら、こうなるのだろうなと予想されるような人たちの集まりで、一人一人の意見に共感を覚えたり、逆に嫌悪感(それは自分の中にもあるものだったりするわけですから)があったり・・・。

 十二人の怒れる男

楽天で『裁判員制度』をさがす

制度そのものや、裁判官たちも含めて、それぞれが抱えている悩みや問題までもが嫌でもあぶり出されるようなかたちになりましたね。

珍しくテレビに正面から向き合っていました。

「十二人の怒れる男」の場合は、いつの間にか正座をしていたりしたものですが・・・。

その分、判決のシーンでのどんでん返しには、これがミステリーものだったことを突然思い出して、ちょっと違和感がありました。

面白かったことは面白かったですが・・・。

以前、NHKで裁判制度での模擬裁判のドキュメンタリー番組がありました。

一般人が人を裁くことの難しさ、重さが伝わってきて恐怖さえ感じたものです。

さすがに、あの番組ほどの出来ではないと思いますが、裁判員制度をわかりやすく伝えていたと思います。

まさか、そこもフィクションではないでしょうね。

ドラマの中には2名の補充裁判員が出てきて印象的だったのですが、NHKの番組では出てこなかった気がするのは私の記憶違いなのかもしれません。

公式サイトに、かなり詳しいあらすじが掲載されています。

裁判員制度ドラマスペシャル「サマヨイザクラ」公式サイト

余談ですが、伊藤淳史さんをしみじみ眺めてしまいました。

少年時代に主演した「鉄塔武蔵野線」(1997年)が好きで、ずっと印象に残っていますから・・・。

 鉄塔武蔵野線

楽天で『伊藤淳史』をさがす

« 「ツレがうつになりまして。」第1回 | トップページ | 「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙」第7回 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon