旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「やさいのようせい」に朝から癒される | トップページ | 石原裕次郎さん23回忌 »

「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙」第10回“二人の行く末”

あとで読む[あとで読む]

陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙」第10回“二人の行く末”

                                                NHK総合 7月 4日放送

                                                           公式サイト

おこん(中越典子)が行方不明になって、父親の金兵衛(小松政夫)に責められる磐音(山本耕史)・・・。

どちらの気持ちも切ないですね。

刺客の一人の後をつけて、結局人質になってしまうおこん・・・ベタな展開です。

それでも又、彼女の前で磐音の生死をかける闘いがあって、覚悟を決めたとはいえ、辛いところですね。

佐々木玲圓(榎木孝明)を見ていると、道場を継げば平穏な日々があるような雰囲気なのですが、そうなるとドラマにはなりませんか?

続編があるとして、ですが・・・。

原作はどうなっているんでしょうか。

  「居眠り磐音江戸双紙」読本

楽天で『居眠り磐音・関連本』をさがす

このところ、殺陣のシーンは1対1が多くて見ごたえがあります。

相手は知らない俳優さんでしたが、正々堂々とした?刺客でした。

文字通り火花を散らして(CG?)良い闘いでした。

いつものことですが、忍びの頭領(竹内力)が出てくると、とたんに気持ちが引いてしまうのは私だけでしょうか。

闘いが終わり(刺客が頭領に殺されて)、磐音が柱に縛られているおこんの前にしゃがんだ瞬間に、着物が肌蹴て膝が出てしまって・・・。

山本さん、あわてて、それでも何気ない風に膝を隠していましたが、あれは演技じゃなかったように見えて、つい笑ってしまいました。

自然で綺麗な所作でしたが・・・。

鶴吉(賀集利樹)の店探しに力を貸したりと、相変わらず優しい磐音です。

そんな磐音と健気なおこんのことですから、父親(平泉成)と母親(香野百合子)、今津屋(渡辺いっけい)と番頭(近藤正臣)、それぞれに二人を思う気持ちが伝わる良い回でした。

速水(辰巳琢郎)まで二人に力を貸してくれて、どれだけ思われているんだろうこの二人は、と思いますね。

橋の上での、磐音たち、品川(川村陽介)たちに、鶴吉のカップルとみんながみんな幸せそうで、まるで最終回のような雰囲気でした。

まだまだ刺客が残っていましたよね。

  新宿スワン  <<川村陽介

  二人日和 <<賀集利樹

« 「やさいのようせい」に朝から癒される | トップページ | 石原裕次郎さん23回忌 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon