旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙」第12回“惜別” | トップページ | 「任侠ヘルパー」第3話 »

「リミット 刑事の現場2」第3回“ダークサイド”

あとで読む[あとで読む]

やはり、印象深いのは加藤(森山未来)とストーカーの弁護士(甲本雅裕)のシーンですね。

彼の家まで訪ねてまで穏便にストーカー行為をやめさせようとした加藤。

誠実に熱意を持って説得をする加藤を、こちらも固唾を呑むかたちで観てしまいましたが、彼から「真実の愛」という言葉が出た瞬間に違和感を感じましたね。

言葉として表現されるとなぜか薄っぺらに感じてしまったのは、こちらが歳を重ねすぎたせいかとちょっと嫌な気分に・・・。

それでいて、相手もあれだけの改心の様子を見せながら(彼も「真実の愛」を口にする)、すべて芝居でしかなかったということ・・・

結局、それが見えてしまっていたことで、更に嫌な気分になってしまいました。

加藤は梅木(武田鉄矢)からも、その男からも「彼女(茉莉亜)を本当に愛していない」と言われてしまいますね。

「自分の思うとおりに動かして愛していると言っている」とも・・・。

その茉莉亜も家を出てしまいましたし・・・。

COME ON! << テーマ曲「愛の灯」収録

刑事の現場 DVD-BOX

                                      楽天で『NHK土曜ドラマ』をさがす

今回初めて逆上して暴力を振るったりして、刑事という仕事のこと、茉莉亜(加藤あい)のことと、加藤の悩みは深く重くなるばかりで・・・。

前シリーズはこんなに重いドラマじゃなかったような気がします。

今回の方が否応なく惹き込まれますが・・・。

茉莉亜に誘われて、3人で食事をするシーンがありますが、珍しく “らしくない梅木” が観られました。

相手が悪魔なら悪魔になれるけれど、善意の人ならば、との戸惑いでしょうか。

大切な人を死なせてしまった自分が許せないのか、と問われるシーンがありましたね。

恋人を殺した男がまもなく出所しますが、どのような結末になるのか、どのような希望が見えるのか、待ちたいですね。

同僚の筒井役の若村麻由美さんは、素顔の魅力を感じさせて素敵ですね。

加藤も梅木をも、ちゃんと見守れていて、あっちもこっちも重苦しい中で、ホッと和みます。

それにしても、「お前も俺と同じだ」「俺はあんたとは違う」というやりとりは、同じ土曜ドラマの「ハゲタカ」(2007年)の鷲津(大森南朋)と芝野(柴田恭兵)を思い出してしまいます。

「ハゲタカ」のようにカタルシスを味わえる展開にならないような気がして、ちょっと心配なんですが・・・。

気になることをもうひとつ。

梅木がいつもやる、水が溢れそうなコップにコインを入れるシーン・・・何かの映画で観ているのですが、その映画を思い出せないでいるのが何とも悔しいですね。

            土曜ドラマ「リミット 刑事の現場2」公式サイト

« 「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙」第12回“惜別” | トップページ | 「任侠ヘルパー」第3話 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon