旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「ハゲタカ」監修の森生明さん | トップページ | 「リミット 刑事の現場2」第4回“もう1人の悪魔” »

「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙」第13回“関前へ”

あとで読む[あとで読む]

土曜時代劇「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙
                                                       第13回 “関前へ”

                                                  NHK総合 8月1日放送

磐音(山本耕史)とおこん(中越典子)が関前へと旅立ちますが、途中の景色が素敵でした。

これまでがほとんど江戸の中でしたし、結構夜のシーンが多かったですから・・・。

(家のアナログテレビでは、夜のシーンはほとんど観えません)

草花の緑が日の光に輝いて、その中を行く二人は絵になっていましたね。

普通、時代劇の扮装で自然をバックにすると、違和感があったりするものですけど・・・。

関前へ着く手前で不安げなおこんですが、相変わらず頼もしい磐音に向かって、笑顔での「ハイッ」は素敵です。

中越さん、本当に目が笑うんですよね。

陽炎の辻~居眠り磐音 江戸草紙~ DVD-BOX

                            楽天で『陽炎の辻』をさがす

今回が刺客との最後?の闘いでしょうか。

忍の頭領(竹内力)の登場でしたが、そこだけ切り取ったように漫画チックでオーバー過ぎて、やはり最後まで違和感がありました。

霧子(佃井皆美)が、良い意味で予想を裏切られて幸せな結末で良かったです。

仲間のおてんが生きていたことも・・・。

霧子の迫力のある殺陣シーンが無かったのが、ちょっと残念でした。

残る問題は、関前の母親に許しを得られるかということですが・・・。

突然のように、妹の夫の弟(崎本大海)が登場しましたから、この人が坂崎家に養子に入って、家は存続させられるという展開かな、と勝手に予想してみました。

余談ですが、何かの番組で崎本さんが思わず涙を流すというシーンを観たことがあります。

これから、どのように伸びていくのでしょうね。

  崎本大海ファーストDVD「Love Story -太陽のキセキ-」

来週が最終回ですね。

ドラマでは悪のトップみたいな田沼意次らはそのままでしょうか。

それとも、「Part4」 へ続くのでしょうか。

土曜時代劇「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙」公式サイト

« 「ハゲタカ」監修の森生明さん | トップページ | 「リミット 刑事の現場2」第4回“もう1人の悪魔” »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon