旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「任侠ヘルパー」第4話 | トップページ | 「リミット 刑事の現場2」最終回“最後の審判” »

「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙」最終回“磐の音”

あとで読む[あとで読む]

土曜時代劇「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙」
                                                        最終回“磐の音”

                                                      NHK総合 8月8日放送

今回は殺陣のシーンなども無く穏やかで、すべてが上手く解決するという大団円の最終回でしたね。

坂崎家の存続の問題も、予想通り妹の夫の弟(崎本大海)が養子に入ることで解決しました。

何より、磐音(山本耕史)が江戸に暮らす発端となった3人の友人たちの死を、ここで乗り越えられたということが一番でしょうね。

奈緒(笛木優子)の母親と遭遇して、父親(平泉成)がこれまでに陰で成してきてくれていたことがわかりますが、なんとも情のある立派な家老であり父親でした。

一番の関心事は、おこん(中越典子)と磐音の母親(香野百合子)との対面シーンでした。

当然のように母親が折れる予想をしてはいましたが、その会話がどうなるのか、と・・・。

形式的には武家の養女に入って後に嫁ぐわけですが、もともとの町人の娘と武家の奥方の対面ですから・・・。

当然と言えば当然ですけど、おこんは言葉少なだったですね。

最終回なので、もうちょっと感動的な展開を期待してしまいました。 

  陽炎の辻~居眠り磐音 江戸草紙~DVD-BOX

  陽炎の辻2~居眠り磐音 江戸双紙~DVD-BOX

                                               楽天で『陽炎の辻』をさがす

今津屋では跡継ぎが生まれましたが、お佐紀(北川弘美)が金兵衛(小松政夫)や佐々木道場にまで根回しをして、関前での二人の仮祝言をお膳立てをするという、何とも見事な裁量を見せましたね。

武家を差し置いて、こんなことが出来るのかとも思いましたが、気持ちの良い展開ということで・・・。

奈緒の幸せな生活を見せて、長屋の連中や竹村(宇梶剛士)や品川(川村陽介)、そして笹塚(佐藤B作)たちまでワンシーンだけ登場させて爽やかに終わりました。

登場しなかった鰻屋や縫箔屋も、それぞれに日常を送っているのが想像出来る終わり方でした。

おこんの磐音への“ハイッ”が相変わらずで、江戸へ向かう二人の後ろ姿がやはり爽やかで・・・。

続編はあるのでしょうか?

すべてに枷がとれたので、あるとすればまったく新しいドラマになるのでしょうね。 

    土曜時代劇「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙」公式サイト

« 「任侠ヘルパー」第4話 | トップページ | 「リミット 刑事の現場2」最終回“最後の審判” »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon