旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「再生の町」第1回“非情” | トップページ | 「ぷっすま」記憶力絵心クイズを楽しむ »

「今夜も生でさだまさし」水戸から

あとで読む[あとで読む]

今夜も生でさだまさし~夏の終わりに水戸で芸術?~

                                   NHK総合   8月30日(29日深夜)放送

この番組は、毎回録画をして観ています。

生放送の番組を録画で、というのもちょっと気が抜けますが・・・。

さだまさしさんのユーモアを交えたトークが好きですね。

楽しい時間を過ごせながら、改めて考えさせられたりすることも多くて・・・。

送られるハガキにも、さださんのファンらしく、日常の生活からユーモアに溢れたエピソードやら心にかかる思いなどが寄せられていて、楽しみながら教えられることが多いですね。

水戸から、ということで、水戸黄門がらみの話も多くありました。

黄門様といえば印籠ですが、当時だって近眼の人がいたでしょうから、という話には笑わせられました。

「この印籠が目に入らぬか!」と言われても、「ああ?」とか「えっ!何?」とか・・・ね。

ハガキで、トイレの男女入り口を“風車の弥七”と“お新”とした写真が紹介されました。

弥七のお墓も紹介されましたが、実在のモデルがいたんですね。

  さだまさし トークベスト


さだまさしデビュー35周年記念コンサート FESTIVAL HALL 200

さだまさしを検索

途中から、南こうせつさんが突然映って驚きました。

つま恋で行われるコンサート(放送あり)のPRのための出演でしたが、真夜中なのに、さださんのヴァイオリンをバックに二人で「神田川」を歌ってくれました。

楽しい掛け合いもあって・・・

いつも思うんですが、この世代の人たちは、それぞれに個性的でありながら、お互いを認め合ってとてもいい関係で音楽活動を続けているなあ、と改めて思いましたね。

  二人のラプソディ/風に吹かれて 再会篇

南こうせつを検索

たくさんのハガキの中で、一番印象深かったもの・・・

バイクで全国一周の旅をしている青年のエピソード。

畑で取れたアスパラを一握りもらい、その土地を出発する朝、相手の店先にバイクを止めて、誰もいない店に向かって頭を下げていった、と。

たまたま相手の人は離れた所でその姿を見ていたようです。

その話を聞いた人のハガキには、

「感謝すること、今ある自分、それを知っている人間の厚みを見せてもらい、本当に美しい人とは何だろう、誰も見ていない時に自分とどう対話し、行動出来るかで違いが出てくるのではないか、と考えさせられた」と・・・。

この青年も、彼を育てたご両親も、お店の人も、そしてハガキの人もそれぞれに心根の温かさ確かさが想像されて、しばらくこちらの気持ちも温かかったですね。

オープニングは、裏で放送中の「24時間テレビ」(日本テレビ)のボランティアと一緒でした。

NHKは真夜中だと結構ゆるくなるようで、さださんだからというわけではないでしょうが・・・。

いつかは、フジテレビとコラボしていましたね。

次は11月1日(10月31日深夜)、京都からだそうです。

紅葉の時期でしょうか?楽しみです。


小澤征爾&水戸室内管弦楽団モーツァルトシリーズ1::モーツァルト:交響曲第40番&協奏交響曲K.Anh...

水戸室内管弦楽団を検索

« 「再生の町」第1回“非情” | トップページ | 「ぷっすま」記憶力絵心クイズを楽しむ »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon