旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

水谷豊さんの「幸福」

あとで読む[あとで読む]

昨日、フラッと図書館に立ち寄って・・・

キネマ旬報」を立ち読みしていたら、水谷豊さん主演の映画「幸福」(1981年)のブルーレイディスクが販売される記事を見つけました。

この28年間、どんな理由でなのか、リリースされていなかった作品です。

市川崑監督の幻の名画と言われていて、当時観ていなかったので嬉しいですね。

映像特典として、水谷豊さんのスペシャルインタビュー(30分予定)があるようです。

乗りに乗っている水谷さんが、どう回想してくれるのか興味深いですね。

二人の子供がいる刑事役で、当時父親に見えるかどうか悩んだ、と記事には書かれていました。

 
初回限定 特別版 市川崑監督 水谷豊主演「幸福」【ハイブリッド版Blu-ray】

続きを読む "水谷豊さんの「幸福」" »

「相棒 season8」第3話“ミス・グリーンの秘密”

あとで読む[あとで読む]

相棒 season8第3話“ミス・グリーンの秘密”

                                                テレビ朝日 10月28日放送


相棒 Season8 オリジナル・サウンドトラック

ラストの大詰めのシーンをオープニングに持ってくるのは、今は珍しくないことでしょうか。

ちょっと印象的でした。

背景の緑と草笛光子さんのたたずまいのせいでしょうね。

今回は神戸(及川光博)の見せ場がいっぱいで、と思っていたら、最後にはやっぱり右京(水谷豊)が持っていったという感じでした。

反省の無い人間に声を荒げ、それが被害者や止むを得ず犯罪を犯した人間へ情をかけることになるシーンは久しぶりに観たような気がしましたから・・・。

それにしても、花や緑に囲まれての草笛さんと及川さんのツーショットは華やかでしたね。

草笛さんはSKD(松竹歌劇団)出身ですし、及川さんもそれっぽいパフォーマンスを見せる人ですから・・・。 

  相棒オフィシャルガイドブック(VOL.2)

相棒を検索

続きを読む "「相棒 season8」第3話“ミス・グリーンの秘密”" »

「チャレンジド」第3回“14歳のメロス”

あとで読む[あとで読む]

土曜ドラマ「チャレンジド」第3回“14歳のメロス”

                                                NHK総合   10月24日放送

今回は、生徒の鵜飼(竹内寿)の家庭内の話。

成績もよく、走ることが好きなのに転校しなければならない鵜飼の悩みに、結果的に走って距離を縮めることが出来た塙(佐々木蔵之介)。

今回は、きっかけを作ったけれども、問題の解決は家族で、という流れが好きでしたね。

ドラマとはいえ、塙がスーパーマンのように為り過ぎるのも、と思っていましたから・・・。

鵜飼の父親(国広富之)の悩みもよくわかって、もちろん暴力は駄目ですが、家族がとにかく本音を言い合うことで見つけられたことにホッとさせられました。

母親役の七瀬なつみさんというと、どうしてもあの明るい天真爛漫な「ぽっかぽか」を思い出してしまうで、暴力を振るわれて傷だらけになっている姿を見るのは辛いものがありましたね。

NHK土曜ドラマ「チャレンジド」オリジナル・サウンドトラック
NHK土曜ドラマ「チャレンジド」オリジナル・サウンドトラック

あの日・・・feat.童子-T/Once Again << テーマ曲:CHEMISTRY

あの日・・・feat.童子-T/Once Again

続きを読む "「チャレンジド」第3回“14歳のメロス”" »

「JIN-仁-」第3話

あとで読む[あとで読む]

日曜劇場「JIN-仁-」 第3話   TBS    10月25日放送

1時間あまり、眠気も飛んで観入ってしまいました。

コロリに対する仁(大沢たかお)の懸命な対応が、緒方洪庵(武田鉄矢)や坂本龍馬(内野聖陽)、そして幕府も動かしていきます。

音楽がかなり頻繁に流れますが、これが意外なほど効果的に感じますね。

こちらもあの時代に一緒にタイムスリップしたような気分になります。

本人がコロリになり生死を彷徨うことになりますが、咲(綾瀬はるか)の対応が懸命で前向きで好いですね。

それにしても、登場する女性たちの意志の強さが新鮮です。

勘当したと見せて、娘の前に現れる母親(麻生祐未)も、何とも格好良かったです。

娘のために自分で誂えた動きやすい着物とおにぎりを持参して、「コロリとの戦いに勝って、3人(もちろん、仁も入る)で帰って来なさい」と・・・。

コミックが原作ということもあるのでしょうが、この時代の女性の凛とした強さに惚れ惚れとしました。

JIN-仁- 全巻セット 送料無料!【楽天ポイント2倍】

綾瀬はるか カレンダー 2010

綾瀬はるかを検索

続きを読む "「JIN-仁-」第3話" »

「相棒 season8」第2話“さよなら、バードランド”

あとで読む[あとで読む]

相棒 season8第2話“さよなら、バードランド”

                                                テレビ朝日 10月21日放送


相棒 Season8 オリジナル・サウンドトラック

クライマックスシリーズ第2ステージの楽天のゲームが気になって、
ラジオを聴きながらの鑑賞となってしまいました。

結果、大逆転で負けてショックが尾を引いています。

今朝、録画ビデオを観直しました。

これがまた、古いテレビのせいで、夜のシーンが真っ暗で・・・。

と、言い訳ばかりですが・・・。

結構好きなタイプの内容でした。

都心を離れた場所が舞台という設定も・・・。

鄙びた場所で、4人の中年男性が3年ぶりに集まっている。

ジャズ好きな大学生が20年過ぎて、いまだに引きずりながらも温度差があって・・・。

それぞれが疲れて、複雑な思いを抱えていて、悲哀があります。

失礼ですが、地味な俳優さんが揃って(そこが「相棒」らしい)、新鮮な感じがしました。

この中での主役が大浦龍宇一さん(青柳)、増沢望さん(宇野)は最後に見せ場があって、二人とも気になっていた俳優さんなので、ちょっと嬉しかったですね。

渡辺役の吉見一豊さんは適役儲け役でしたが、初めて観た黒木役の神尾佑さんは悪役を一手に引き受けてしまっていました。

ちなみに、大浦さんの祖父は往年の大スター高田浩吉さんですね。

これが女性で、2時間のサスペンスドラマならドロドロ感があるのでしょうし、シリアスドラマだったら静かに本音をぶつけ合う怖い展開になったり・・・それはそれで面白くて観たいですが・・・。

   << 主演:大浦龍宇一
Hーcode<ハンター・コード>ー愛しき賞金稼ぎー DVDーBOX

<< 出演:増沢望
クラッシュ・ザ・ウインドウ 真夜中の少女たち

相棒を検索

続きを読む "「相棒 season8」第2話“さよなら、バードランド”" »

「チャレンジド」第2回“パートナー”

あとで読む[あとで読む]

土曜ドラマ「チャレンジド」第2回“パートナー”

                                                NHK総合   10月17日放送

真のパートナーは?という回でした。

塙(佐々木蔵之介)がいることで、担任になれなかった副担任の新谷(村川絵梨)は、反発をして助けてはくれません。

何とか最初の授業が始まります。

失敗を生徒がカバーをしてくれて喜んだものの、校長(西郷輝彦)からは厳しい一言を・・・。

生徒は初めてのことで面白がっているだけ、いずれ飽きると。

その校長のアドバイスで、ボランティアの大学生に手伝ってもらうことになりますが・・・。

それをも冷たく見ていた新谷が、遅くまで残って仕事をしている大学生に、「なぜ、手伝うのか」と聞きます。

「何でって、困っている人がいたら、助けるのが当たり前じゃないですか」

手を休めることなく、サラッと答えました。

この答えには、胸をつかれました。

彼のような、そのシンプルで素直な思いをどこかに忘れてきていたことを指摘されたような気がして・・・。

歳を重ねるとともに、いろいろなものも重ねてしまっていました。

何をするにも、考えすぎて、結局何も出来ないままに・・・。

若い人がサラッと言えてしまう(ドラマですけど)、そのことに感動しました。

個人的には、このシーンが一番印象に残ってしまいましたね。

NHK土曜ドラマ「チャレンジド」オリジナル・サウンドトラック
NHK土曜ドラマ「チャレンジド」オリジナル・サウンドトラック

あの日・・・feat.童子-T/Once Again << テーマ曲:CHEMISTRY

あの日・・・feat.童子-T/Once Again 

続きを読む "「チャレンジド」第2回“パートナー”" »

「JIN-仁-」第2話

あとで読む[あとで読む]

日曜劇場「JIN-仁-」 第2話   TBS    10月18日放送

咲役の綾瀬はるかさんが大活躍の回でした。

いつもおっとりとした、少し天然な感じの役しか観ていなかったので、聡明な一生懸命さがとても新鮮でした。

自分がこの時代で治療をすることは運命を変えてしまうことになる、との仁(大沢たかお)の考えを変えさせてしまう、とても芯の強い女性ですね。

頭を低くして訪ねてきた緒方洪庵(武田鉄矢)にさえ断わっていたのに・・・。

母親(麻生祐未)との緊迫したシーンでの、毅然とした態度など印象的です。

  綾瀬はるか カレンダー 2010

綾瀬はるかを検索

仁にとっては、自分を慕ってくれている喜市(伊澤柾樹)もコロリとなり、それも治療に当たるきっかけになりますが・・・。

それにしてもこの伊澤くんは凄い子役ですね。

前回でも思ったのですが、大人顔負けの演技で、難しいシーンをこなしていて驚くばかりです。

そのためというわけではありませんが、彼の母親役が戸田菜穂さんであることを前回はまったく気がつきませんでした。

  築地魚河岸三代目

大沢たかおを検索

JIN-仁- 全巻セット 送料無料!【楽天ポイント2倍】

続きを読む "「JIN-仁-」第2話" »

「相棒 season8」第1話“カナリアの娘”

あとで読む[あとで読む]

相棒 season8」第1話“カナリアの娘”

                    テレビ朝日 10月14日放送


相棒 Season8 オリジナル・サウンドトラック

とうとう始まりました「相棒 season8」。

というのに、疲れているとはいえ、途中二度ほど眠ってしまったのが情けないです。

スペシャルというと、スリルとアクションの娯楽性に富んだ「バベルの塔」とか、社会的な問題を取り上げた「複眼の法廷」「黙示録」など、いろいろなタイプのものがありましたが、今回はちょっと違ったイメージがありました。

いつも1時間で取り上げていたものを、じっくり2時間で観せてくれたという感じでしょうか。

テロとか非政府活動とかがテーマになると苦手で、引いてしまうので、ストーリーのことはあまり語れません。

今回は、結局親子の想いの擦れ違いということでしたが・・・。

親子役の古谷一行さん、内山理名さんのそれぞれが結構印象的で、時間が長いと、それぞれの想いがちゃんと描かれるんだな、と思わせられたものです。

相棒 season 5 DVD-BOX 2 <「バベルの塔」収録

相棒 season 6 DVD-BOX1 <「複眼の法廷」収録

相棒 season 6 DVD-BOX 2 <「黙示録」収録
                       <「寝台特急カシオペア殺人事件」収録

続きを読む "「相棒 season8」第1話“カナリアの娘”" »

「相棒 season8」が始まります。

あとで読む[あとで読む]

きょうの「徹子の部屋」(テレビ朝日)のゲストは、及川光博さん。

もちろん、今晩から始まる「相棒」のseason8の番組宣伝を兼ねてのことですよね。

友人の唐沢寿明さんから「これでお前も全国区だな」と言われた、と苦笑気味に話していました。

最初の頃から「相棒」を観ているファンとしては、そう言われるような国民的人気ドラマになったんだ、という思いが強いですね。

 
相棒 Season8 オリジナル・サウンドトラック

昼、「ワイドスクランブル」にも水谷豊さんと二人で出ていたようですが、こんなふうに番組の宣伝のために出演するのが、どこもかしこも恒例のようになっています。

プレッシャーにならないといいんですが・・・。

どうか、視聴率優先のあまり質が落ちることが無いように、昔のままの「相棒」が良いんですから・・・。

それにしても、二人とも輝いて見えたのは、贔屓目でしょうか。


相棒 Classical Collection 杉下右京 愛好クラシック作品集 DELUXE

続きを読む "「相棒 season8」が始まります。" »

「チャレンジド」第1回“熱血教師、再び”

あとで読む[あとで読む]

土曜ドラマ「チャレンジド」第1回“熱血教師、再び”

                                                NHK総合   10月10日放送

放送が全5回ということもあってか、初回はかなり展開が急でした。

突然の失明の苦しみを、本人はもちろん家族の状況まで延々と描かれなかったことには正直ホッとしました。

NHK土曜ドラマ「チャレンジド」オリジナル・サウンドトラック
NHK土曜ドラマ「チャレンジド」オリジナル・サウンドトラック

あの日・・・feat.童子-T/Once Again << テーマ曲:CHEMISTRY

あの日・・・feat.童子-T/Once Again

同じの日の「土曜スタジオパーク」にも主演の塙役佐々木蔵之介さんが出演していました。

もともと好感を持っていた俳優さんですが、その明るさと当意即妙の答えに、なぜかいつもハラハラする生放送のトーク番組が安心して楽しめたものです。

リラックスして、答える時間を司会者の要望に合わせたりして見事な対応でしたね。

朝ドラ「オードリー」(2000年)での、彼の強烈な印象が忘れられません。

時代劇役者役で、長島一茂さんとの対決シーンでの、自分の傷を舐める時の表情は凄かったですね。

そのシーンの映像が流されて懐かしかったものです。

本番のドラマを観て、「土スタ」も演技だったのではないかと思ってしまったほどに、同じようなキャラクターに思えました。

障害を得ても、明るくて前向きで煩いほどに・・・。

もちろん悩み苦しみ、奥さん(富田靖子)に慰められたり励まされたりしながらですが・・・。

ハンチョウ~神南署安積班~ DVD-BOX

佐々木蔵之介を検索

続きを読む "「チャレンジド」第1回“熱血教師、再び”" »

「JIN-仁-」第1話

あとで読む[あとで読む]

日曜劇場「JIN-仁-」 第1話   TBS    10月11日放送

何となく観始めたのに、結局最後まで観入ってしまいました。

今回は初回スペシャルということでか、手術シーンが2度もあって、手術にトラウマがある身としては、そのシーンは眼を逸らし続けましたが・・・。

  JIN(第1巻)        JIN(第15巻)

JIN 仁 を検索

原作をまったく知らなくても面白かったですね。

タイムスリップものとしての突飛さとか違和感が無く、楽しめました。

地味かもしれませんが、それぞれに適役だったと思える俳優さんたちの力もあるのでしょうね。

脳外科医南方役の大沢たかおさん、江戸時代へタイムスリップするという想像を超える事態になりながら、自分を失わない、自分の為すべきことをしようという姿が自然で引き込まれました。

以前、「ボクらの時代」(フジテレビ)で、映画のこと、演技のことを熱く語っていたことを思い出しました。

その記事は、こちらで。↓

言葉の味、話の味~
大沢たかおさんら映画に熱くなる男たち「ボクらの時代」

大沢たかお×ソ・ジソプ My First by チョ・ソンモ

大沢たかおを検索

続きを読む "「JIN-仁-」第1話" »

「アメトーーーーーーク!」秋のSP

あとで読む[あとで読む]

昨日(8日)の「アメトーーーーーーク!」3時間スペシャルを観ました。

家電芸人」のコーナーは、その知識の豊富さ、最新の情報を大変なスピードで取り入れていることに頭が下がりますし、勉強にもなりました。

それぞれの芸への取り組みの姿勢まで伝わってきますね。

何と言っても好きなのは、「徹子の部屋芸人」。

このところ、「徹子の部屋」のちょっとした採録をブログにのせているものですから、かなり観たシーンもありました。

よろしかったら、こちらで。

       ⇒ 言葉の味、話の味~「徹子の部屋」ゲストコメント集

それでも、やっぱり笑えます。

番組は、徹子さんとゲストの間の位置で観ている感覚がありますが、こちらの番組は違いますね。

芸人さんたちのコメントがついて、その時の緊張感などがより伝わってきて、完全に芸人さん側に立って観てしまっています。

彼らの奮闘振りがリアルに伝わってきます。

  アメトーークDVD(6)

アメトーークを検索

続きを読む "「アメトーーーーーーク!」秋のSP" »

「ウェルかめ」を羽田美智子さん目当てで

あとで読む[あとで読む]

NHKの朝ドラ「ウェルかめ」を観ています。

ちりとてちん」のようなドラマを再び、と惰性のように観続けてきた朝ドラも、ここに来て個人的には光が見えてきたかな、という感じですね。

相変わらずヒロインが突っ走っていて、それを周りが寄ってたかって(?)温かく見つめているというパターンですが・・・。

とにかく、明るさが感じられるのが何よりです。

ヒロイン役の倉科カナさんのはつらつとした感じが朝にふさわしくて、こちらの気分を明るくしてくれます。

ウェルかめ

羽田美智子さんがお母さん役とは、と感慨深いですね。

今でも好きなドラマ「それが答えだ!」(1997年・フジテレビ)以来、ずっと注目している女優さんですから・・・。

清楚でいてちょっと硬質な感じの教師役でしたが、三上博史さんとの組み合わせは素敵でした。

「それが答えだ!」については、よろしかったらこちらでどうぞ。

      ⇒ それが答えだ!<テレビドラマ>

      ⇒ 「それが答えだ!」をこの季節に 
           *こちらには写真あり。DVD化されていないので貴重かも?

「それが答えだ!」サントラ・クラシック・ヴァージョン2 マエストロ鳴瀬望~名場面曲集
「それが答えだ!」サントラ・クラシック・ヴァージョン2 マエストロ鳴瀬望~名場面曲集

続きを読む "「ウェルかめ」を羽田美智子さん目当てで" »

「神様に選ばれた試合」WBCのイチロー選手再び

あとで読む[あとで読む]

昨日(4日)の「神様に選ばれた試合~語り継がれる伝説の真実~」(テレビ朝日)のWBCのエピソード部分を観ました。


2009 WORLD BASEBALL CLASSIC(TM) 公式記録DVD V2 (通常版)

WBCを検索

今年のWBCはイチロー選手の不振が大きな話題を呼びましたが、改めて振り返ってみても胸が痛む状況でしたね。

稲葉選手(日ハム)がインタビューで、イチロー選手を「雲の上の人」だからなかなか声をかけ辛かったと・・・。

年下の彼のことを、それは言い過ぎでしょうとは思いましたが、みんながそれに近いことを思っていたことはやはり確かだったのでしょう。

それでもなお、ソックスを彼と同じようにしたりと、何とかみんなで彼を盛り上げようとしていたんですね。

イチロー選手の不振がチームを一つにしたと言ってもよいのかもしれません。

  マリナーズ・イチロー カレンダー 2010

イチローを検索

続きを読む "「神様に選ばれた試合」WBCのイチロー選手再び" »

草なぎ剛の24時間戦国時代生活・完全版

あとで読む[あとで読む]

いきなり!黄金伝説。」の“草なぎ剛の24時間戦国時代生活・完全版”の放送は、こちら(仙台)ではきょう3日でした。

今回も2時間半、楽しませてもらいました。

前回の放送への反響が凄かったようですね。

彼自身も観た感想を語ったりする映像が追加されていたり、うなぎ獲りの仕掛けをしたままのその後もわかったり、と盛りだくさんでした。

ある人のブログで、前回の放送でサトイモ掘りをしている時に、すでに背中の籠にサトイモが入っている、という指摘がありましたが、入っていたのはゴボウでしたね。

同じような茎や葉がついていたので誤解したようです。

そのあたりもわかって、スッキリしました。


海峡を渡るバイオリン~ディレクターズ・エディション~DVD-BOX


草なぎ剛
を検索

続きを読む "草なぎ剛の24時間戦国時代生活・完全版" »

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon