旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 洋画の名作50本を映画館で | トップページ | 「SONGS」井上陽水・第四夜 »

「相棒 season8」第7話“鶏と牛刀”

あとで読む[あとで読む]

相棒 season8第7話“鶏と牛刀”

                                                テレビ朝日 12月2日放送

やはり、小野田官房長(岸部一徳)が出てくると違いますね。

岸部さんの、あの独特の棒読みのようなセリフの説得力には鳥肌が立ちます。

ややこしくて、個人的にはあまり良く理解できていない年金のことで、話の流れについていくのが大変でした。

いつもより説明セリフが多いような気がしたのは、そのせいでしょうか。

新しい機構に移る前に、年金横領や脱退など、不正を犯すため、更にそれを隠蔽するために見せる人々の右往左往・・・。

それが殺人にまでエスカレートしては救われません。

それも結局、被疑者として葬られそうだった被害者の名誉が回復されただけで、相変わらずのトカゲの尻尾切りですから・・・。

観ている側は、あの一筋縄ではいかない官房長の言葉で、救われる部分もありましたが・・・。

裏の部分、闇の部分があぶりだされて、「相棒」らしかったですね。

相棒オフィシャルガイドブック(VOL.2)


相棒 Season8 オリジナル・サウンドトラック

相棒を検索

夏時間の大人たち HAPPY-GO-LUCKY

                                向田邦子の恋文

岸部一徳を検索

いつも特命の部屋を覗いている二人に、珍しく仕事があり、おまけにセリフもあって、サプライズでしたね。

事件が解決して、捜査一課の伊丹(川原和久)と芹沢(山中崇史)が被害者の婚約者(久遠さやか)を訪ねていくのも、珍しいですね。

いつもなら、途中で消えてしまう人たちですから・・・。

二人に花を持たせた(文字通り!)、こちらもサプライズという感じで、たまにはこういう展開もいいものだなと思わせられました。

 

神戸(及川光博)は、相変わらずの格好つけながらですが、面白いですね。

右京(水谷豊)と角田課長(山西惇)との“でっちあげをするか”のやりとりにそれぞれに反応する神戸。

その短いシーンで、角田課長という人は普段と違い、実はやり手であること、その迫力を感じさせました。

 

右京と官房長との密会?に変装して着いて行く神戸。

ラストの会話で、2回目は成功したことがわかりますが、どこにいたんだろうと、録画ビデオを観てみました。

右京と背中合わせに、肩が張ったブルーの上着、不自然なおかっぱ頭の女性がいました。

そこまで、懲りましたかね。

                「相棒 season8」公式サイト

★これまでの感想  第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

  ぼくらが子役だったとき


幸福 特別版(初回生産限定) ハイブリッド版 【Blu-rayDisc Video】


水谷豊
を検索

  家庭内デート

エンタテインメントの職人~及川光博の光と影~

及川光博を検索

« 洋画の名作50本を映画館で | トップページ | 「SONGS」井上陽水・第四夜 »

ドラマ「相棒season8」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon