旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「歴史秘話ヒストリア」“真田幸村VS伊達政宗” | トップページ | 夏樹静子原作・ドラマ「Wの悲劇」 »

「龍馬伝」第2回“大器晩成?”

あとで読む[あとで読む]

大河ドラマ「龍馬伝」第2回“大器晩成?”
                                                        NHK総合 1月10日放送

NHK大河 龍馬伝 前編

撮影では、「大河ドラマ初のプログレッシブカメラ(通称30Pカメラ)が使われていて、従来より“深みのある映像”が実現されている」のだとか。

映像が好きですね。

雨の中での泥まみれ、常に埃っぽかったり、とリアルなんですが、緑が綺麗で・・・。

家屋の造作とか暗さなどは本当にリアルですね。

映像に奥行きがあって、ストーリーとは別に観入ってしまっています。

土手の工事にひとり雨に打たれ泥まみれになる龍馬・・・福山雅治さんだから観ていられるんだなあ、と思ってしまいました。

これが香川照之さん(岩崎弥太郎)だったら、シリアスすぎて引いてしまっていたでしょうね、失礼だけど・・・。

香川さん、迫力があり過ぎです。

というか、両親(蟹江敬三倍賞美津子)も、ですが・・・。

龍馬伝(1)

大森南朋さんのカツラ姿には、やっと慣れました。

自分はどこにも行かない、と奥さん(奥貫薫)に話した後の表情、龍馬の父親(児玉清)に龍馬の仕事場に行くことを勧めている時の横顔・・・あっ「ハゲタカ」の鷲津だ!と・・・。

「ハゲタカ」(2007年・NHK)ファン、大森ファンなので、悪しからず・・・。

 

坂本龍馬についてはほとんど知識がありません。

これを観る限り、龍馬という人は、理解はされていないけれども愛される星の下に生まれた人?、と・・・。

今回のクライマックス、土手に俵を積み上げようとするシーンも感動的なはずなのに、個人的にはいまひとつでした。

どうも、対照的な岩崎側、武市側にいるような気分だからでしょうね。

このシーン、雨が降っているのに日が照っているような映像でしたが、それも計算上でしょうか。

 

「自分は人の気持ちを何ひとつわかっていない」と言う龍馬に、「JIN-仁」(2009年・TBS)での内野聖陽さんの龍馬を連想してしまいました。

ちゃらんぽらんに見えて、南方仁(大沢たかお)や花魁の野風(中谷美紀)の気持ちをよく理解できていて、彼らを常にフォローできる人でした。

福山龍馬も、この先にそうなるのかも、と・・・。

 

印象的だったのが、日本に向かうペリーが船の中でダーツをするシーン。

的になった地図上の日本、「小さすぎてよく見えない」。

それだけで、当時の日本に対する考え方がわかる、秀逸なシーンでした。

 

これだけ、龍馬に日が当たると(主人公ですから当然ですが)、朝ドラのパターン(みんなヒロインが大好きで、ヒロインはそれに甘える)にならないように、とちょっと心配しているんですが・・・。

龍馬を知らない人間の過剰反応かもしれません。

来週は弥太郎に動きがあり、武市にも?ありそうで、楽しみです。

これまでの感想  第1回

                      大河ドラマ「龍馬伝」公式サイト

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1
NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

定本坂本龍馬伝

龍馬伝を検索

映画 ハゲタカ << 1月15日発売

« 「歴史秘話ヒストリア」“真田幸村VS伊達政宗” | トップページ | 夏樹静子原作・ドラマ「Wの悲劇」 »

大河ドラマ「龍馬伝」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon