旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 映画「ゴールデンスランバー」公開記念番組を観て | トップページ | 「相棒 season8」第13話“マジック” »

「龍馬伝」第4回“江戸の鬼小町”

あとで読む[あとで読む]

大河ドラマ「龍馬伝」第4回“江戸の鬼小町”
                                                        NHK総合 1月24日放送

NHK大河 龍馬伝 前編

龍馬(福山雅治)たちが江戸に到着したことで、新しい登場人物が次々と・・・。

千葉道場の定吉(里見浩太朗)の娘で、鬼小町と呼ばれる佐那役の貫地谷しほりさん。

同じ大河ドラマ「風林火山」(2007年)での、鮮烈とも言える登場の仕方を思い出させました。

その兄役の渡辺いっけいさん、あきれるほどあちこちで見かけるのに、なぜか厭きませんね。

今回も好い感じで、それにしても、何でもこなせるタフな俳優さんだとつくづく思います。

キミ犯人じゃないよね? DVD-BOX[5枚組]
                           *貫地谷しほり・渡辺いっけい 共演

渡辺いっけいを検索

谷原章介さんが桂小五郎役で登場、別に人物を知っているわけではありませんが、つい笑ってしまいました。

谷原さん、「曲げられない女」(日本テレビ)も観ていますが、何を演じても、良い意味で谷原さんなんですよね。

華岡青洲の妻」(2005年・NHK)などもありますから、それだけの俳優さんではないことはわかっていますが・・・。

龍馬との初対面のシーン、“なぜ、ひげ?”と思いましたが、次のシーンで笑えました。

大声で世界を語るときに、セリフを咬んだような気がしましたが?

エラいところに嫁いでしまった! DVD-BOX

谷原章介を検索

土佐に残った弥太郎(香川照之)は、これまで以上に汚れているような気がして・・・

あまりに汚い役に、三菱からクレームらしきものがあったとか、聞きましたが、1年かけて成功していく描写になるのでしょうから、仕方ないかもしれません。

武市半平太(大森南朋)も、弥太郎に図星を指されて、想いは深くなっていくようで、そうなると画面が斜めになるんですよね。

弥太郎登場の音楽と言い、武市の映像と言い、定番でしょうか?

土ぼこりも、家屋に差し込む光線も、映像のこだわりも相変わらずですね。

今回は、どこに盛り上げを持っていくのかと注目していたら、黒船来航のニュースの前の、龍馬と佐那とのシ-ンでした。

よくある女性差別ではなく、“剣は戦で相手を倒す道具”として、持って生まれた男女の違いで説くセリフが印象的でした。

彼女の誇りを傷つけまいとする龍馬、稽古に太鼓を利用したりと、いつの間にか彼のペースになってしまっていますね。

そういう意味では、福山さんの龍馬はいいのかもしれません。

あまりに影がなくて、現代風な感じがしたりしますが・・・。

それにしても、貫地谷さん、カメラが写す側の目で涙を流していて、俳優って凄いと思わせられました。

カンジヤノハナシ

貫地谷しほりを検索

加尾(広末涼子)も縁談を断わって、弥太郎に学問を教わるようで、
こういう展開は好きですね。

つい、「JIN-仁」の咲(綾瀬はるか)を思い出してしまいました。

黒船来航シーンで終わりましたが、たまたま前の時間帯に「ザ!鉄腕DASH」(日本テレビ)を観ていました。

ソーラーカーのコーナーで、横須賀の海岸線を走っていて、ペリーが上陸したという浜が出てきました。

実際は浦賀ではなく、その浜だったそうです。

浦賀で正式に会見と言うことなんでしょうね。

これまでの感想  第1回 第2回 第3回

大河ドラマ「龍馬伝」公式サイト

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1
NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

龍馬伝を検索

はつ恋(初回限定Tシャツ付)

福山雅治を検索

ゆれる

香川照之を検索

« 映画「ゴールデンスランバー」公開記念番組を観て | トップページ | 「相棒 season8」第13話“マジック” »

大河ドラマ「龍馬伝」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon