旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「龍馬伝」第9回“命の値段” | トップページ | 「相棒 season8」第18話“右京、風邪をひく” »

長嶋一茂さんら二世のお話 「ボクらの時代」前編

あとで読む[あとで読む]

「ボクらの時代」 “幸か不幸か?二世の憂鬱(前編)”
      出演:長嶋一茂(スポーツキャスター・俳優)
              石原良純(お天気キャスター・俳優)
              小泉孝太郎(俳優)   
                                              フジテレビ     2月28日放送

長嶋一茂さん(長嶋茂雄氏・長男)、石原良純さん(石原慎太郎氏・二男)、小泉孝太郎さん(小泉純一郎氏・長男)と、誰もが知っている偉大な父親を持つ3人の鼎談です。

トークの場所が水上ラウンジということで、船が通る度に揺れるようです。

まず最初に良純さんが気がつき、次に揺れるのが苦手という一茂さんがパニックになるという、何ともおかしな光景から始まりました。

二人は前日も一緒にいたとのこと。

ずっと年下の孝太郎さんが、笑って見ているのがまたおかしい光景で・・・。

父親への想いは、三人三様で・・・

「父親に逢いたかったか?」という良純さんの問いかけが、キャッチボールにまつわる思い出となります。

一茂さん・・・キャッチボールをしたかった。休みになると暗くなるまでやってくれた。
(良純さん、思わず「上手いだろうなあ、当たり前だよね」と独り言)
怖いと思ったことは一度も無い。怒られたことはほとんど無く、プロ野球に入って同じチームになり、サインを見なくて怒られたのが最初。

良純さん・・・逢いたくなかった。一緒にいると怖い。父親がキャッチボールを言い出すと、母親が出てきて付き合わされた。怒られたり、父親が飽きて終わりとなった。

孝太郎さん・・・楽しみだった。月に2、3回だけど、玄関に出るとグシャグシャに頭を撫でてくれた。

ポストマン デラックス版 

長嶋一茂を検索

それぞれの父親の姿がはっきりと浮かんでくるトークでした。

それにしても、石原都知事は相当怖い父親だったんですね。

興奮して、文句を公共の場で言っているような良純さんに、つい笑ってしまいました。

運動会などに一度も来てくれなかったので、自分も行く気がしない。

どうしていいのかわからないから、とちょっとトラウマのような気がしますが・・・。

凶弾

石原良純を検索

対照的に、一茂さんは本当にのびのびと育てられたようですね。

同じ運動会の話で、父親が来たおかげでリレーが中断してしまい、来ないで欲しいと言ってしまった一茂さん。

それ以来来なくなって、そう言ってしまったことにずっと後悔があると語っています。

有名人を親に持つ子供、その子供のことを考える親、それぞれに大変ですね。

孝太郎さんは、父親に話しかけるタイミングを考えてしまう子供だったようです。

現役時代はいろいろな闘いがあっただろうし、一緒にいても緊張感があったけれども、引退した今は、穏やかになり優しく感じる、と・・・。

今は、民間のシンクタンクにいるんですね。

コールセンターの恋人 DVD-BOX / 小泉孝太郎

小泉孝太郎を検索

結婚について・・・

一茂さんは小学生の頃、「ノストラダムスの大予言」で1999年に人類が滅亡するという月の翌月に結婚すると決め、実際にそのとおり実行した。

控えめな孝太郎さんが思わず「奥さんがテレビを観ていたらショックでしょう」と・・・。

良純さんは、「40歳になって結婚していなかったら勘当だからな」と言う父親のアドバイスに納得できると、子供が出来ると父親との距離がわかってくる、と語ってます。

孝太郎さんは、父親に遅くてもいいと言われているようです。

話題は、「父親の老いを感じるとき」「長男と二男の違い」など、止まるところがありませんでした。

一茂さんが、突然「バカ息子と言われたことが何回くらいある?」と言い出し、「自分は何百回何千回もある。これを今日のテーマにしたかった」と言って前編が終わってしまいました。

来週も、そのバカ息子の主張やら、総理大臣として壮絶な時間を送る父親への想いとか、が語られるようです。

それにしても、長嶋茂雄さんの成田山でのエピソード・・・

ファンにサインをしてくれと100万円の束を差し出され、1枚1枚(100枚)にサインをしたと言う。

子供心に疑問を感じたと言う一茂さん。

自分のものであって欲しい父親が、みんなのものであることの寂しさをも語っています。

どう考えても理不尽なことですけど、改めて長嶋さんって凄いなと思いましたね。

こちらは、長年のアンチ巨人ファンですが・・・。

長嶋茂雄永遠不滅の100伝説

長嶋茂雄を検索

生死刻々

石原慎太郎を検索

あの演説はなぜ人を動かしたのか

小泉純一郎を検索

« 「龍馬伝」第9回“命の値段” | トップページ | 「相棒 season8」第18話“右京、風邪をひく” »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon