旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 長嶋一茂さんら二世のお話「ボクらの時代」後編 | トップページ | 「相棒 season8」最終回スペシャル“神の憂鬱” »

「龍馬伝」山本琢磨を演じた橋本一郎さん

あとで読む[あとで読む]

大河ドラマ「龍馬伝」第9回“命の値段”で、山本琢磨を演じた橋本一郎さんが、役所広司さんの息子さんと知って驚いています。

今頃?でしょうか。

ドラマでの琢磨は、拾った時計を売ろうとして切腹をしなければならないところを、龍馬に逃がしてもらいましたね。

その後、放浪をし、ニコライ神父と出会い、司祭にまでなったという人物のようです。

役じだいが印象深く、それを演じている俳優さんがまったく知らない人だったために、気になっていました。

抜擢されるにはよほどの実力の人なのだろうとは思っていました。

今日、たまたま「龍馬伝」の感想を書いたブログを読み、役所さんの息子さんと知りました。

驚いて、ちょっと調べてみたところです。


ひゃくはち プレミアム・エディション / 斉藤嘉樹/中村蒼

デビューは2007年の映画「俺は君のためにこそ死ににいく」で、コネを使わずにオーデションで合格したようです。

翌年公開の「ひゃくはち」で初めてセリフのある役を演じています。

劔岳 点の記」(2009年)では、撮影中に古傷が悪化して断念しなければならなくなったけれども、木村大作監督の温情などもあり、急遽シーンを変えて出演できたのだとか。

大ヒットした「劔岳 点の記」のパンフレットに書いてあるエピソードとのこと。

この作品を観ていない私だけが知らなかったことで、すでによく知られた俳優さんなのかもしれませんね。

地味でも、着実に伸びていってほしいものです。

今、輝くばかりに存在感がある香川照之さんも、本当に地道に築いてきて今があるんですものね。

劔岳 点の記 メモリアル・エディション

俺は、君のためにこそ死ににいく

« 長嶋一茂さんら二世のお話「ボクらの時代」後編 | トップページ | 「相棒 season8」最終回スペシャル“神の憂鬱” »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon