旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「笑っていいとも!」に仲村トオル&伊藤淳史さん、そして中居正広さんのこと | トップページ | 今日のテレビは昭和デー「ゲゲゲの女房」 »

「SONGS」ジュリーwithザ・ワイルドワンズ

あとで読む[あとで読む]

 

SONGS」ジュリーwithザ・ワイルドワンズ 第2週

                                                   NHK総合 4月7日放送

 

WITH ザ・ワイルドワンズ

 

先週の放送を知らなくて、観ることが出来なくて残念でした。

今回は、沢田研二さんと、ザ・ワイルドワンズのリーダー加瀬邦彦さんとの関係をメインにした内容でした。

 

ザ・タイガースとザ・ワイルドワンズが同じ頃に解散し、加瀬さんが沢田さんのプロデュースをしたことは知っていました。

でも、長くて密度の濃い交流が続いているんですね。

あの驚くような衣装やパフォーマンスまで、デザイナーの早川タケシさんと3人でのプロジェクトだったようです。

 

それにしても、沢田さんの昔の映像の数々・・・躍動感と、輝くばかりの美しさでした。

なんでしょうね、この存在感は・・・。

当時、特にファンではなく、冷静に観ていられたものですが、改めてその凄さを感じました。

 

沢田研二 A面コレクション

 

フランス語でアルバム「KENJI SAWADA」を発表して、フランスのヒットチャートで4位だった話・・・もちろん加瀬さんも参加していました。

そう言えば、当時フランスの女性ファンが来日したというニュースを聞いたことがありました。

 

KENJI SAWADA

 

TOKIO」を発表する際、沢田さんが一度パスした話・・・

代わりにシンプルなスタイルで歌った「ロンリー・ウルフ」が成功しなかったために、パラシュートを背負っての挑戦だったんですね。

3人の雑談から生まれたスタイルだったとか。

作詞は、糸井重里さんだったことを初めて知りました。

 

「ロンリー・ウルフ」の映像も紹介されましたが、そちらもとても良かったんですが、当時のファンはそれを許さなかったんでしょうね。

そのあたりのジレンマは語られませんでしたが、悩みながらいろいろなものが生み出されてきたことが、よくわかりました。

それは歌い続ける限り、続くものでしょうが・・・。

 

今回、懐かしい曲と初めての曲を聴きましたが、オープニングの「プロフィール」は良かったですね。

明るくて、いくつになっても夢を見て生きられるようで、応援歌のように聴きました。

 

リボルバー

炎の肖像

沢田研二を検索

ザ・ワイルドワンズの「想い出の渚」が好きでしたね。

髪の色のせいか、ベースの島英二さんがほとんど変わりがない感じでした。

ギターの鳥塚繁樹さんの歌を聴きながら、外国の歌手の誰かに似ているなあ、と考えてばかりいました。

思いついたのは、ビリー・ジョエルとかポール・アンカだったんですが・・・。

  

湘南 海 物語 オヤジ達の伝説

ザ・ワイルドワンズを検索

<曲目リスト>

プロフィール
危険なふたり
TOKIO
FRIEND SHIP

« 「笑っていいとも!」に仲村トオル&伊藤淳史さん、そして中居正広さんのこと | トップページ | 今日のテレビは昭和デー「ゲゲゲの女房」 »

音楽」カテゴリの記事

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon