旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「龍馬伝」第18回“海軍を作ろう!” | トップページ | 「チェイス~国税査察官~」第3回“パーマネント・トラベラー” »

シャルル・アズナヴールを聴く 「ラジオ深夜便」

あとで読む[あとで読む]

 

ラジオ深夜便」5月4日・午前2時台〔ロマンチック・コンサート〕
                    ポピュラー名曲アルバム:シャルルアズナヴール集

 

ふたりの奇跡

 

久しぶりに聴いたシャルル・アズナヴール

数十年前にコンサートに行って、それが私の宝物(つつましい?)になっています。

当時、1曲しか知らないでコンサートに行く癖があって、それに外れがほとんど無くて・・・。

たぶん知っていたのは「帰り来ぬ青春」だけだったような・・・。

 

ほとんど飾りの無い暗いステージに現れた、小柄な黒ずくめの男性。

朗々と響く声で歌い、指の先まで神経の届いているような仕草にただただ圧倒されていました。

時には、帽子掛けを相手に、ピンスポットの中で静かに歌いながらダンスをしている姿に、息を止めるようにして魅入ってしまったり・・・。

歌い終わりにハンカチを客席に投げ、それを客が届ける・・・そんなお約束を知らないであっけにとられたりもしました。

 

ジャズナブール

 

 

2006年に「徹子の部屋」(テレビ朝日)に出演しているのを観ました。

黒柳徹子さんがわざわざパリまで行ってのインタビューで、さすが大物と思わせましたね。

最後のツアーかと言われた、翌年のコンサートのキャンペーンの意味もあったのでしょう。

さすがの徹子さんもゆっくりとしたインタビューでしたし、アズナヴールがゆったり背をまかせたソファの赤い色が印象的でした。

当時80歳ぐらい(現在85歳)でしたが、とても元気で、父親の祖国(アルメニア)への誇りとか社会への提言とか、堂々として余裕を見せた姿に感動したものです。

ぜひ、歌い続けてほしいと思っています。

 

ゴリオ爺さん

 

シャルル・アズナヴール/スーパーナウ

シャルル・アズナヴールを検索

 

<曲目リスト>

五月のパリが好き
酔いしれて
女の子
雨が降る          歌:エディット・ピアフ
日曜はきらい    歌:ジュリエット・グレコ
青春という宝
帰り来ぬ青春
ラ・ボエーム
イザベル
昔かたぎの恋

« 「龍馬伝」第18回“海軍を作ろう!” | トップページ | 「チェイス~国税査察官~」第3回“パーマネント・トラベラー” »

ラジオ」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon