旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 探査機“はやぶさ”の帰還「クローズアップ現代」 | トップページ | バリー・マニロウを聴く「ラジオ深夜便」 »

「龍馬伝」第24回“愛の蛍”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「龍馬伝」第24回“愛の蛍” 
                                                        NHK総合   6月13日放送

 

   

 

オープニングが、新選組の池田屋襲撃のシーン。

やはり、実際に撮影はしていたんですね。

前回は見事に省略、今回は映像として出す、こういう方法もあるのだと納得させられました。

 

それにしても、サブタイトルの“愛の蛍”って何だろうと思ったのですが、武市(大森南朋)と妻・冨(奥貫薫)のことでしたね。

切なくて、綺麗なシーンでしたが・・・

正直、二人のシーンは、捕らえられることを覚悟して語り合うシーン(第21回“故郷の友よ”)で終わって欲しかったですね。

坂本家で、乙女(寺島しのぶ)に二人のことを語らせるという念の入れようでした。

大森さんのファンですが、視点がずれているような気がしないでもないです。

何より、東洋暗殺の真相を知るための以蔵(佐藤健)への拷問シーンなど観たくないんですけどね。

坂本龍馬(福山雅治)の短い生涯を大河ドラマで描こうとすると、ゆっくりと時間軸を追って、周囲も丁寧に描かないといけないんでしょうか?

「岩崎弥太郎伝」としていたら、もっとスピーディな動きのドラマになっているような気がしてきました。

 

龍馬伝を検索

 

 

と、文句たらたらですが・・・

印象的なシーンも多かったんです。

龍馬がお龍(真木よう子)の家に隠まわれて・・・どこにいても誰にでも好かれる龍馬・・・

龍馬の好意に相変わらず頑ななお龍ですが・・・

池田屋で死んだ亀弥太(音尾琢真)に心を残している龍馬に「志を貫いたのだから褒めてあげないといけないのでは・・・」というお龍。

優しさだけでは大事を成し遂げられないと、いまだに甘い龍馬へ言葉をかけるお龍に、“だから、この人なんだ!”と思ってしまいましたね。

このあたりは、ものすごく納得してしまいました。

 

真木よう子を検索

 

弥太郎(香川照之)まで使って、武市にはかせようとする後藤象二郎(青木崇高)。

明治まで活躍した人なのに、あまりに一人悪役という感じなので、ちょっと調べてみました。

政治姿勢の転換をして、龍馬と組んだり、容堂(近藤正臣)とともに大政奉還に関わっていくんですね。

ということは、この先に怒涛の展開を見せるということですよね。

それにしても、牢の武市をかぶせながらの容堂の動きがよくわからないのですが・・・

おびえなのか、迷いなのか・・・深山宗林として大和田伸也さんが意味ありげに登場しました。

2人のお茶のシーンは俯瞰で撮っていて、相変わらず凝った撮影です。

 

 

お龍が父親のことを打ち明けるシーンの音楽は宗教音楽みたいだったし、新選組がお龍の宿に攘夷派の探索に来たシーンには、胸の鼓動のような音が流れましたね。

 

武市と冨と蛍のシーンから、弥太郎夫婦と子ども、お龍、そして亡き母に似た女性を見かけた龍馬・・・と流れるラストシーンは好きです。

それにしても、弥太郎の妻・喜勢役のマイコさん、たくましい上にこのところ母性を感じさせるシーンがあって存在感が増しましたね。

 

山のあなた 徳市の恋 スタンダード・エディション

 

 

 

先週の「あさイチ」で、福山さんへのインタビューを観ました。

長崎での撮影の最中らしく、龍馬の扮装で、今の映像より大人びた印象でした。

今の汚い着物を観ているせいでしょうか、格段の違いがありましたね。

 

トークが上手いとは聞いていましたが・・・

MCの井ノ原快彦さんたち3人を相手に、あくまで自然体らしく、それでいてちゃんと空気が読めて、要求されていることを瞬時に読めて答えられる賢明さがあって・・・

かなり長い時間だったにもかかわらず、撮影の疲れも見せずリラックスして、楽しいトークが聴けました。

今の龍馬よりずっと大人で、格好良かったですね。

人気があるわけがわかりました。

何より、ひとり侍姿なのに、緑をバックに他の3人と並んでいて違和感がないのが不思議でした。

それだけ堂々として、似合っていたということでしょうが・・・。 

 

福山雅治を検索

 

これまでの感想 
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回
第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回
第21回 第22回 第23回

関連記事⇒「龍馬を愛した女たち~ヒロインたちの龍馬伝」

                「トップランナー」大森南朋さん

                            大河ドラマ「龍馬伝」公式サイト

 

【予約】 大森南朋 さもあらばあれ

大森南朋を検索

 

香川照之を検索

« 探査機“はやぶさ”の帰還「クローズアップ現代」 | トップページ | バリー・マニロウを聴く「ラジオ深夜便」 »

大河ドラマ「龍馬伝」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon