旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「龍馬伝」第27回“龍馬の大芝居” | トップページ | 大森南朋さん、「ステラ」で「龍馬伝」を語る »

「鉄の骨」第1回“談合課勤務を命ず”

あとで読む[あとで読む]

 

土曜ドラマ「鉄の骨」第1回“談合課勤務を命ず”

                                                   NHK総合 7月3日放送

 

鉄の骨

 

土曜ドラマ一連の硬派なドラマとなれば、観ないわけにはいきません。

でも、小池徹平さん主演ということで、正直どうなんだろうと思いました。

 

小池さん、頑張っていましたね。

あの眼が抜擢された理由なのか、と思えるほど印象的な眼が観られました。

彼の眼から見た会社という組織、そして談合というやり方・・・というわけで、その仕組みや人間関係などを、こちらも勉強?させられました。

その感想は、中にいたら大変だなあ、という単純なものですが・・・。

 

小池さん演じる富島平太が、設計課から土木統括本部営業一課に異動させられて、見た現実・・・。

オープニングで、タバコのことで取っ組み合いの喧嘩をした彼が、その元の現場を訪ねるシーンがありました。

喧嘩相手から疲れている顔を指摘され、思わずつぶやく「吸殻なんて大したこと無いかもな。地面の下には、いっぱい汚いものが埋まっている」・・・。

そのたった数日間で彼が見てきたものの重さ、暗さがわかります。

意に染まない異動だったのに、課長の遠藤(豊原功補)に反発をして同じエレベーターに乗ったときからもう走り出しているわけですね。

彼が、汚いものの中に入って、どう見つめどう生きていくのか、興味を持たせます。

 


ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 2枚組

小池徹平
を検索

 

 

それにしても、豊原さんが主役のように見えました。

久しぶりに本領発揮という感じで、楽しそうに見えて仕方が無いんですが・・・。

それは彼らの上司・尾形常務役の陣内孝則さんも同じです。

その上手を行くのが、談合の影の実力者?三橋役の中村敦夫さんですね。

そして、社長役の笹野高史さん、談合仲間の面々・・・と勢ぞろいです。

尾形常務と富島には、何かの因縁がありそうですね。

 

それにしても、決して許されるものではないけれど、談合(=会社)に賭ける男たちの情熱は半端じゃないですね。

あまり家庭が見えない描き方は、土曜ドラマお得意ですが・・・。

挨拶回りの名刺の扱われ方とかで、厳しい世界を見せられたりもしましたね。

さまざまな駆け引きの後の再入札での裏切り・・・

緊迫した中で、遠藤がつぶやくシーン、「空気が違う」には惹き込まれました。

ハゲタカ」以来のブルーの映像がまた印象的でしたが・・・。

 

受験のシンデレラ デラックス版

豊原功補
を検索

 

富島の同僚役で出演のカンニング竹山さん、当然ですが真面目にやっていて、応援したくなりました。

「ハゲタカ」ファンとしては、志賀廣太郎さん(談合仲間)や矢島健一さん(専務)も出演しているのが、何気に嬉しかったりしています。

これからは、宅間孝行さんや高橋一生さんも予定されているようで、楽しみです。

実力派を、これでもか、と揃えていて贅沢ですね。

 

                                   土曜ドラマ「鉄の骨」公式サイト

 

【国内ドラマCP】愛しあってるかい!

陣内孝則を検索

« 「龍馬伝」第27回“龍馬の大芝居” | トップページ | 大森南朋さん、「ステラ」で「龍馬伝」を語る »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon