旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 山田洋次監督 映画「京都太秦物語」 | トップページ | 「龍馬伝」第38回“霧島の誓い” »

「ゲゲゲの女房」来週でお別れ

あとで読む[あとで読む]

 

ゲゲゲの女房

 

NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」は、来週が最終週。

ちりとてちん」(2007、8年)以来、珍しくほとんど観続けてきただけに寂しいですね。

 

教員になることをあんなに反対していた茂(向井理)が、挫折しかかっている藍子(青谷優衣)にかけた言葉は良かったですね。

「好きと楽することとは違う。

苦しいことや嫌なことがあっても、それでもやらずにいられないのが本当に好きなことだ。

だけど迷ったり悩んだり、苦い思いをしてみないことには、好きなことは何なのか、本当にはわからないのだ」

人生の先輩、何より好きなことを続けてきた人の言葉ですから、説得力があります。

 

ゲゲゲの女房(上)

 

ゲゲゲの女房(下)

 

 

そして、

「意志の力で成功しない時には好機の到来を待つほかない」

「人は努力している間は迷うに極まったものである」(ゲーテとの対話)

ですものね。

 

辞めさせる良い機会だと言いながら、「戦わずして土俵を降りるのが一番つまらんぞ」と応援している茂です。

喜子(荒井萌)の、優しい姉想い、家族想いの心情がよく伝わってきた回でもありました。

 

又「ゲゲゲの鬼太郎」のテレビ放送が始まって、万々歳の来週と思わせての、布美枝(松下奈緒)の父親(大杉漣)の脳梗塞・・・

気がかりですが、もう最後まで誰も死なないで欲しい、と思ってしまいました。

 

ゲゲゲの人生わが道を行く

 

 

来週の予告には、懐かしい顔がたくさんで、にぎやかでしたね。

最初のアシスタントの倉田(窪田正孝)、小峰(斎藤工)や漫画家を辞めた中森(中村靖日)もいたような気がしますが・・・

何より、編集者の豊川(眞島秀和)の顔があって嬉しかったですね。

もう出番は無いのかと思っていましたから・・・。

来週で終わるということで、楽しみでもあり、ちょっと複雑な気分でもあります。

 

 

                              連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」公式サイト

 

ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX 1

ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX 2

ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX 3

 

NHK連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 オリジナル・サウンドトラック

 

NHK連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 オリジナル・サウンドトラック2

« 山田洋次監督 映画「京都太秦物語」 | トップページ | 「龍馬伝」第38回“霧島の誓い” »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon