旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« さとう宗幸さんの講演から 「ラジオ深夜便」 | トップページ | さだまさしさん、出雲から「生さだ」 »

「龍馬伝」最終回“龍馬の魂”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「龍馬伝」最終回“龍馬の魂” 
                                                         NHK総合   11月28日放送

 

坂本龍馬最期の日

 

とうとう終わりましたね。

まさか、オープニングで武市(大森南朋)や以蔵(佐藤健)、長次郎(大泉洋)が出てくるとは思いませんでした。

事実としてある、龍馬(福山雅治)暗殺のシーンの時間を、待って観ている状況は何とも複雑なものですね。

 

いつものようなクレジットタイトルが無かったので、星野真里さんや中川家礼二さんの登場には驚いたものです。

ビビる大木さんが町人役で出演することを知っていましたが、一言のセリフがちゃんとあって笑ってしまいました。

礼二さんが松平春嶽(夏八木勲)のそばでポリポリ何かを食べ続けていましたが、長崎奉行(石橋凌)といい、こんなシーンが多かったですね。

演出の大友啓史さん、「ハゲタカ」(2007年)とリンクさせたお遊びですか?

「ハゲタカ」では、中尾彬さんが演じた銀行頭取の“ポリポリ”が強烈でした。

 

今回、印象的だったのは、龍馬と弥太郎(香川照之)のシーンでしたね。

近江屋を訪ねて、儲けたお金を返そうとする弥太郎・・・

弥太郎が、龍馬が敵に回してしまった藩や人々を挙げたてましたが、改めて本当にそうだと思わせられました。

すべて覚悟の上、弥太郎に嫌われ続けていることも知った上で、お前はお前で日本一の会社を、と言う龍馬・・・

嫌いだ嫌いだ、と叫びながら、コンプレックスの裏側での弥太郎の想い・・・

龍馬が暗殺されたときに、雨の中で泣き叫ぶ姿に、こちらが泣かされました。

 

ゆれる

 

スペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部


香川照之
を検索 

 

 

大政奉還が成されても、戦いを主張したり、龍馬が提案した新政府綱領八策により、更に混乱する各藩・・・

いざとなれば斬るとの覚悟を持って、龍馬の考えを確かめに行く中岡(上川隆也)と、新選組の近藤(原田泰造)との斬り合いのシーンも印象的でした。

龍馬の言葉を伝える中岡に近藤は動揺していましたね。

中岡が龍馬の考えを信じている、信じたいと思っていることがわかるシーンでしたし・・・。

それにしても、近藤が中岡の刀の刃をつかんだときにはドキッとしました。

一瞬、撮影ミスかと・・・。

後の長い暗殺シーンもそうですが、実際刀はそんなに斬れるものじゃないように思えました。

通常のチャンバラ映画のバッタバッタと人が斬られる(即死)シーンと、現実とでは違うような気がしたものです。

それだけ残酷さは増すような気がしますが・・・。

 

観るベストセラー::震度0

 

少年たち3 1

上川隆也 を検索

 

 

中岡と近藤が斬り合っているところに、登場したのが見廻組今井役の市川亀治郎さん。

彼が龍馬を暗殺するシーン、幸い?なことに、家のテレビが古くてよく観えませんでした。

凄惨なシーンだったんでしょうね。

去っていく暗殺者である今井も放心状態のようでした。

即死じゃない龍馬と中岡の最後の会話は、あくまでドラマですけど、先に書いたとおりの意味で納得できましたね。

 

龍馬が土佐のお龍(真木よう子)へ手紙を書くシーンに登場した子猫が何とも可愛かったですね。

その土佐の海を眺めるお龍と幻の龍馬のシーンで終わりましたが・・・

「龍馬伝」ですから、龍馬の最期で終わりましたが、彼が成した大仕事に関わった人たちが、どのようにして新しい時代を築いていったか、そのあたりを少しでも描いてほしかったなあと思いましたね。

西郷(高橋克実)も木戸(谷原章介)も後藤(青木崇高)も、特に大久保(及川光博)は何のために登場したのかな、とつい思ってしまいました。

 

二〇一〇年 福山雅治と坂本龍馬の旅

 


THE BEST BANG !!(15万枚限定生産3CD+シングルCD+特製グッズ/スペシャル・タオル)

福山雅治 を検索

 

 

風林火山」(2007年)以来、珍しく一年を通して観た大河ドラマでした。

調べてみたら、「天と地と」(1969年)以来「風林火山」の前まで、一年を通して観たものはありませんでした。

大人気だった地元(仙台)舞台の「独眼竜政宗」(1987年)さえ、早々にリタイアしていましたから・・・。

「龍馬伝」を完走できたのは、やはり「ハゲタカ」スタッフの作品としてでしたね。

凝った映像処理を楽しませてもらいました。

 

ハゲタカ DVD-BOX
 
 
 

残念ですが、坂本龍馬にも福山さんにも特にハマることはありませんでした。

この時代に日本が大きく変わったことは事実ですが、一人の人間の力で、となると何となく信じ難い思いがずっとありましたね。

ドラマを観ていると、急ぎ過ぎているように見えたりしましたが、でも急いだから今の日本があるわけで、とかも思ったりしましたし・・・。

このドラマの龍馬は、主役ですから当然かもしれませんが、あまりにも“太陽”であり過ぎて、コンプレックスの塊のような弥太郎のほうを、時には鬱陶しく感じながらも身近に感じ続けてきた一年でした。

 

取りとめも無い長文の感想に、お付き合いいただき有難うございました。

女性主役の大河ドラマは苦手なので、来年の「」は初回を様子見したいと思っています。

 

これまでの感想 

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回
第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回
第21回 第22回 第23回 第24回 第25回 第26回 第27回 第28回 第29回 第30回
第31回 第32回 第33回 第34回 第35回 第36回 第37回 第38回 第39回 第40回
第41回 第42回 第43回 第44回 第45回 第46回 第47回

関連記事⇒「龍馬を愛した女たち~ヒロインたちの龍馬伝」

                「トップランナー」大森南朋さん

                大森南朋さん、「ステラ」で「龍馬伝」を語る

                                     大河ドラマ「龍馬伝」公式サイト

 

龍馬伝(完結編)


NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX-1(season1)
NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX-2(season2)
NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX-3(season3)
NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX-4(season4)

龍馬伝 を検索

 

  日本を今一度せんたくいたし申候

坂本龍馬とその時代

坂本龍馬 を検索

« さとう宗幸さんの講演から 「ラジオ深夜便」 | トップページ | さだまさしさん、出雲から「生さだ」 »

大河ドラマ「龍馬伝」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon