旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« かもめ食堂 | トップページ | “アフリカ”伝える映画祭 「おはよう日本」 »

ザ・ワイルドワンズとヴィレッジ・シンガーズを聴く「ラジオ深夜便」

あとで読む[あとで読む]

 

ラジオ深夜便」13日・午前3時台〔にっぽんの歌こころの歌〕
          “真夜中の夢の競演”   ザ・ワイルドワンズ&ヴィレッジ・シンガーズ

 

GS ヒットパレード

 

今日は、一度解散したものの再結成して、今も活動している二組のグループ・サウンズ、ザ・ワイルドワンズヴィレッジ・シンガーズの特集でした。

 

ザ・ワイルドワンズと言えば、「想い出の渚」・・・

これはいつ聴いても胸がキュンとしますね。

別に想い出があるわけでもないんですが・・・。

 

リーダーの加瀬邦彦さんの経歴紹介の中で、影響を受けた人は誰?というクイズがありました。

もったいぶって、2曲紹介の後に答えを教えてくれましたが、こちらにはすぐわかりましたね。

そういう世代です。

湘南とか光進丸とか、父親が上原謙さんとか、かなりヒントを出しても若いスタッフに反応が無かったようで、時代を感じさせました。

もちろん、答えは加山雄三さんですが・・・。

 

湘南 海 物語 オヤジ達の伝説

 

 

上原謙さんのクリスマスパーティで加山さんと知り合い、ギターなどの楽器演奏などの音楽面からプライベートまで、かなりの影響を受けたようです。

当時(半世紀前!)にクリスマスパーティなど、お洒落ですね。

何より加山さんの才能の凄さを改めて思い知らされました。

 

ジュリー WITH ザ・ワイルドワンズ

ザ・ワイルドワンズ を検索

 

 

ヴィレッジ・シンガーズと言えば、やはり「亜麻色の髪の乙女」ですね。

島谷ひとみさんがリバイバルヒットさせましたが、そのあたりから再結成の道へと繋がっていったようです。

現在は、それぞれが音楽プロデュースなどの仕事をしていて、時に集まってという活動のようですが、その状況を伝えるアンカーの声が何だか羨ましそうに聴こえて笑えました。

 

ボーカルの清水道夫さん、今で言うイケメンでした。

声も素敵で、大勢いたGSの人たちの中でも目立っていましたね。

 

虹の中のレモン       思い出の指輪

↑グループで、このような映画に主演していたことを知りませんでした。

 


ヴィレッジ・シンガーズ ゴールデン☆ベスト 亜麻色の髪の乙女

ヴィレッジ・シンガーズ 
を検索 

 

 

両グループとも、髪が短くて清潔感があって、不良の集まりのように思われたGSの中でも大人に受け入れられていた、というアンカーの言葉、そのとおりでした。

 

心にしみる 私たちのうた

 

ザ・GSベストセレクション赤盤(2CD)

グループサウンズ
を検索

 

 

<番組で流れた曲>

○ ザ・ワイルドワンズ

      想い出の渚
      夕陽と共に
      青空のある限り
      愛するアニタ
      幸せの道
      花のヤングタウン

○ ヴィレッジ・シンガーズ

      バラ色の雲
      亜麻色の髪の乙女
      好きだから
      暗い砂浜
      雨の中の恋

« かもめ食堂 | トップページ | “アフリカ”伝える映画祭 「おはよう日本」 »

ラジオ」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon