旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

柴田トヨさん、再び 「99歳の詩人」

あとで読む[あとで読む]

 

大晦日なのに、午前中は何もする気になれず、ぼんやりテレビを観てました。

ほとんどが再放送で、これも再放送かと思ったのですが・・・。

 

99歳の詩人・心を救う言葉」(NHK総合)で、柴田トヨさんのドキュメンタリーでした。

柴田さんのことは、7月に「おはよう日本」(NHK)で紹介されています。

早速に、評判の詩集「くじけないで」を読んだものでした。

 

くじけないで

 

 

今回は、柴田さんの経歴とともに、現在99歳の一人暮らしの生活や90万部も売れたという詩集の反響を紹介していました。

7月と同じように、柴田さん本人が元気に詩の朗読をしています。

お元気で何よりでした。

宮崎で口蹄疫の被害を受けた夫婦や、働きながら2人の子供を育てているシングルマザーなど、柴田さんの詩に力をもらって頑張っている人たちが紹介されています。

支えにしている詩がそれぞれに違っていることに、日々のこと、自然のことを受容する柴田さんの広い細やかな感性を、改めて感じさせましたね。

 


柴田トヨ「くじけないで」朗読DVD

 

 

続きを読む "柴田トヨさん、再び 「99歳の詩人」" »

相棒-劇場版Ⅱ-

あとで読む[あとで読む]

 

相棒 劇場版2

 

昨日(29日)、「相棒-劇場版Ⅱ-」を観てきました。

年も押し詰まった平日の朝一番、強風も吹いていた日ですから、半分の観客の入りはまあまあ良かったんではないでしょうか。

客層は、中高年から若い人まで、男女関係無く幅広かったです。

 

本編上映の前に、映画とMOVIXのコラボの映像があって和みました。

鑑識・米沢さん(六角精児)の歌に合わせて、捜一トリオ(川原和久・大谷亮介・山中崇史)が動き回るという、なかなか楽しいものでした。

めったに映画館に行かないものですから・・・。

 


相棒-劇場版2- オリジナル・サウンドトラック

 


相棒-劇場版II - オフィシャルガイドブック

 

 

以下、脈絡も無く、長々と書いてしまいます。

ネタバレがありますので、これから観る人は注意してください。

評判になっていた神戸(及川光博)と大河内(神保悟志)のシャワーシーンが、始まってすぐにあって笑ってしまいました。

あのあたりじゃなければ、絶対に挟めないサービス・シーンでしたね。

事件が始まる重要なエレベーターのシーンに繋がることは繋がるんですが・・・。

 


FLIX (フリックス) 2010年 12月号 [雑誌]

 


及川光博15周年 メモリアルBOX 喝采(初回限定2CD+2DVD)

及川光博 を検索

 

 

続きを読む "相棒-劇場版Ⅱ-" »

“JIN-仁-”レジェンド

あとで読む[あとで読む]

 


日曜劇場「JIN-仁-」オリジナル・サウンドトラック 

JIN-仁- DVD-BOX

 

二夜に渡って放送された「“JIN-仁-”レジェンド」(TBS)を観ました。

と言っても、所々かいつまんで、ですが・・・。

 

毎回クライマックスがあるドラマを繋げると、どうなるんだろうという心配がありましたが、良かったですね。

上手く繋がると、映画やスペシャルドラマより中身が濃くなるようです。

感動シーンがいっぱいでした。

「神は乗り越えられる試練しか与えない」

このセリフを久しぶりに思い出しました。

 

正直、中谷美紀さん目当てで観ました。

ラスト近くの、雪が降り出す中、仁(大沢たかお)、咲(綾瀬はるか)、龍馬(内野聖陽)の前から去っていくシーン・・・

やはり、泣けました。

その前に、手術を受けるために、白無垢姿で吉原を出るシーンも印象的でしたね。

門の外でひとり、高下駄を履き捨て空を仰ぎ、「空がちょいと高こうなりんした」と微笑みます。

ますます中谷さんのファンになりました。

 

白洲正子traveling days

 


しあわせのかおり-幸福的馨香-[2枚組]

中谷美紀 を検索

 

 

続きを読む "“JIN-仁-”レジェンド" »

「ラストデイズ」松田優作×香川照之

あとで読む[あとで読む]

 

ラストデイズ」松田優作×香川照之
                                       12月22日放送  NHK総合テレビ

 

松田優作さんと香川照之さんとの組み合わせを、ちょっと異質に感じて観てみました。

松田さんの遺作となったドラマ「華麗なる追跡 THE CHASER」(1989年・日本テレビ)で共演していたんですね。

1989年松田さんが亡くなる3ヶ月前に、香川さんが言われた“お前は、オレになれる”という言葉の意味を探すドキュメンタリーでした。

香川さんが松田さんのお墓へ参り、故郷・下関や、「ブラック・レイン」(1989年)の撮影地のロサンゼルスを訪ねています。

 

華麗なる追跡

 

在日韓国人の子として生まれ、父親を知らないで育った松田さんが、常に自分の出自を考え続けていたということ・・・

読書家で真面目、地味な性格だったという松田さんは、高校生のときにひとり下関を出ます。

当時を語る本人の声が流れてきました。

亡くなる前に脚本も出来ていた、「緑色の血が流れる」は自分の出生をテーマにしたものだったようです。

 

SOUL RED 松田優作

 


松田優作 DVD BOX デジタル・リマスター版

 

 

続きを読む "「ラストデイズ」松田優作×香川照之" »

「徹子の部屋」水谷豊&及川光博さん

あとで読む[あとで読む]

 

昨日の「徹子の部屋」(テレビ朝日)のゲストは、水谷豊さんと及川光博さん。

相棒-劇場版Ⅱ-」公開当日での出演です。

前半は、杉下右京と神戸尊として、後半が本人たち、という構成でした。

置いてけぼりにされた神戸と、まだちょっと冷たい右京、という小芝居から入りましたね。

 


相棒劇場版2オフィシャルガイドブック

 

水谷さんと黒柳さんが親しい(らしい)ので、より天然の部分を見せる二人に、それを見守りサポートする及川さんという展開でした。

あまりのハチャメチャな感じに、こちらは笑いながら泣いていましたね。

黒柳さんのワンマンショーにも見えたりしましたが・・・というか、いつもそんな雰囲気になりますが・・・。

 

黒柳さん、早口なおしゃべりに定評のある人ですが、それ以上に気持ちが前に出てしまうようです。

「相棒」の役で応じている二人に、自分のほうからそのかたちを壊したりしていました。

劇場版に出演している小澤征悦さんが黒柳さんと因縁があり、また及川さんの大学の後輩だと知ってからの脱線でした。

及川さんが軌道修正しながら、「(役での会話を)もう、やめません?」と・・・。

 


相棒-劇場版2- オリジナル・サウンドトラック

 

キネマ旬報 2011年 1/1号 [雑誌]

 

 

続きを読む "「徹子の部屋」水谷豊&及川光博さん" »

「相棒 season9」第9話“予兆”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒 season9」第9話“予兆”
                                              テレビ朝日 12月22日放送

 

相棒 劇場版2

 

今回は、「相棒-劇場版Ⅱ-」(本日公開)に繋がるストーリーということで、よけいに注目していました。

意外なほど、静かに繋げたという感じがしましたね。

あえて、そうしたということでしょうか?

 

事件そのものが地味でしたね。

人が死んでいるので、そう言っては不謹慎でしょうが・・・。

これまでにも何度かあったような気がする事件でした。

それが映画に繋がる、対立する警視庁と警察庁に関係した人たちが絡んでいるというだけでしたね。

特に、両者の対立がより大きく悪化する事件と言うことでは無く、あくまでも劇場版への導入部(それ以前)でした。

 

争っているうちに、誤って頭を打ってしまって亡くなってしまう、というパターンも多いですね。

殺人などの描き方にかなり規制があるらしいので、しかたがないのでしょうが・・・。

長いシリーズだとやむをえないのかもしれません。

 

何となく、こちらも淡々と観てしまっていたのは、先週の衝撃を引きずっているせいでしょうね。

それは、私だけではないようです。

いまだに“ボーダーライン”で検索して、ブログを訪ねてきてくださる方が多いですから・・・。

 


相棒-劇場版2- オリジナル・サウンドトラック

 


相棒-劇場版II - オフィシャルガイドブック

 

 

続きを読む "「相棒 season9」第9話“予兆”" »

「ボクらの時代」水谷豊&兼高かおる&草笛光子さん

あとで読む[あとで読む]

 

「ボクらの時代」“男と女の旅は続くよ、いつまでも”   
              出演:水谷豊(俳優) 兼高かおる(ジャーナリスト) 草笛光子(女優)      
                                                                 フジテレビ     12月19日放送

 

今回の出演は、水谷豊さん、草笛光子さんに兼高かおるさん。

以前、楽しみにしていたのに、事故か何かで中止になったはずですが、そのときも兼高さんだったんでしょうか?

兼高さん、最近よく観かけるようになりましたね。

82歳になっていたことに驚きました。

相変わらず綺麗な日本語を話していて、なぜかホッとさせられました。

 

トークのリーダーを決めるのにじゃんけんをして、水谷さんの勝ち・・・

勝ってちょっとホッとした水谷さん、勝った人がリーダー、という女性陣の言葉に、ちゃんと乗ってくれて、優しいですね。

一瞬、大丈夫か?と思った水谷ファン、「相棒」ファンは多かったと思いますが・・・。

 

水谷さんと草笛さんは、長い付き合いなんですね。

最初の頃、草笛さんの舞台の手伝いに行った話には笑わせてもらいました。

チケットを切って入り口の案内をする役を頼まれ、快く引き受けたものの、入り口がわからなくて「お好きな扉からお入りください」と・・・。

やはり、昔からどこか放っておけないタイプだったんですね。

 

杉下右京10years

 

熱中時代 DVD-BOX   <<  水谷豊×草笛光子

 

 

続きを読む "「ボクらの時代」水谷豊&兼高かおる&草笛光子さん" »

ウィリー・ネルソンを聴く「ラジオ深夜便」

あとで読む[あとで読む]

 

ラジオ深夜便」12月20日・午前2時台〔ロマンチックコンサート〕
           ヴィンテージ・ポップス:ウィリー・ネルソン~スタンダード集

 

STAR BOX ウィリー・ネルソン

 

久しぶりのウィリー・ネルソンです。

これまでに、たくさんのミュージシャンに関心を持ってきたので、ウィリー・ネルソンの歌を聴くようになったきっかけも、もう思い出せないでいます。

たぶん、彼の経歴の後半になってからでしょう。

 

カントリーですが、いくつになってもヒッピースタイルで、その自由な雰囲気に惹かれたような気がします。

鼻にかかった、朗々とした歌声にどこか哀愁があって、好きでしたね。

 

ライヴ・イン・アムステルダム

 

 

続きを読む "ウィリー・ネルソンを聴く「ラジオ深夜便」" »

「相棒×お願い!ランキング」を観ました。

あとで読む[あとで読む]

 

昨日、続けて放送された「相棒-劇場版-」と「相棒×お願い!ランキング」(テレビ朝日)を観ました。

と言っても、途中からは録画したものですが・・・。

 


相棒 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン

 

以前にも録画していたのに、結局又劇場版を録画してしまいました。

終わった後の、右京(水谷豊)と神戸(及川光博)の小芝居には笑いました。

もろに、お芝居をしていますっ、という掛け合いでしたものね。

 

相棒 劇場版2

 


相棒-劇場版2- オリジナル・サウンドトラック

 

 

「お願い!ランキング」のほうは、楽しかったです。

特命や鑑識の部屋のセットが観られて、こちらもテンションが揚がりました。

アンジャッシュのホメ渡部というキャラを初めて観ましたが、面白いですね。

神戸をインテリジェンス、気品、そして底辺に流れるプライドの高さと分析し、及川さんじゃないと出来ないと・・・

及川さん、感激していましたね。

 

國村隼さんをバリ土産のお面みたい、と言ったり、「劇場版Ⅱ」を観るときは体力がいるからバナナを持って観賞を、と言ったり・・・

ホメ渡部さん、ちゃんと勉強しているから、こちらも笑いながら納得させられます。

水谷さんは、もう笑いっぱなしで、本当に楽しそうでした。

こんなに屈託無く笑える50代は、そうそういないだろうと思いましたね。

 


相棒-劇場版II - オフィシャルガイドブック

 


FLIX (フリックス) 2010年 12月号 [雑誌]

 

 

続きを読む "「相棒×お願い!ランキング」を観ました。" »

NHKスペシャル・ドラマ「さよなら、アルマ~赤紙をもらった犬~」

あとで読む[あとで読む]

 

NHKスペシャル・ドラマ「さよなら、アルマ~赤紙をもらった犬~

                                                               NHK総合 12月18日放送

 

さよなら、アルマ

 

数日前に、たまたまNHK教育テレビで観かけたのがこのドラマのシーンでした。

小栗旬さんが兵隊の格好をしているし、犬が出ているし、で、何で?と思いましたね。

授業で子供たちにドラマを観せている、という映像でした。

そのことが印象的で、昨日、本編を観ました。

 

本能的に、戦争を描いたドラマが苦手で避けていたのですが・・・

今回は、とにかく若手の俳優さんたちが勢ぞろいしているのが不思議で、やはり何で?という好奇心からの観賞でした。

主役の訓練士役・勝地涼さんを始め、加藤清四郎さん(若手?)、仲里依紗さん、小栗旬さん、斎藤工さん、玉山鉄二さん、小泉孝太郎さん、池内博之さん、劇団ひとりさん・・・

脇では、大滝秀治さん、草笛光子さん、石原良純さん、萬田久子さん、中村獅童さん、川野太郎さん・・・

そして、主題歌が井上陽水さん。

失礼ですが、大作とは思えないのにこの配役ですからね、派手じゃないですが惹かれる出演者たちに、つい釣られて観てしまいました。

 


シュアリー・サムデイ スペシャルエディション  << 監督:小栗旬監督×出演:勝地涼

 

カリギュラ     << 出演:小栗旬×勝地涼

小栗旬 を検索

 

 

続きを読む "NHKスペシャル・ドラマ「さよなら、アルマ~赤紙をもらった犬~」" »

「あさイチ」の堺雅人さん

       ◎ 2016年11月25日に出演した回は、以下になります。

            「あさイチ」プレミアムトークの堺雅人さん'16

 

ちょっと前になりますが、10日の「あさイチ」(NHK)のプレミアムトークに、堺雅人さんが出演していました。

“微笑みの貴公子”と呼ばれているようですが、終始あの表情で、淡々と誠実に語る言葉が印象的でした。

 

ゴールデンスランバー

 

“微笑”を話題にされると、「ある種の現実逃避で、笑ってごまかしている」と答えるなど、その場の空気が読めていて、何とも和やかなインタビューでしたね。

自分の世界がちゃんとあって、それでいて周囲への配慮が行き届いている・・・それが物凄く自然で、つい惹き込まれて観てしまっていました。

 

子供の頃からインドア派で、よく本を読み、思索力のある人だったようです。

高校時代、カウンセラー室でおしゃべりをするのが大好きだったという、その恩師の言葉

「自分に自信がある生徒。自分で問いを考え、自分で結論を出していた」

恩師(伊藤一彦先生)とは、一緒に本を出版したりして、今も交流があるんですね。

常に穏やかな印象なのに、芯の強さを持ち、それが揺るぎないものであることがわかります。

物静かな印象で、周囲の意見を柔軟に受け入れながら、それでいて、自分の中に確固たるものがある、その姿勢が羨ましいですね。

 

ぼく、牧水! << 著:堺雅人×伊藤一彦

 

文・堺雅人

 

 

続きを読む "「あさイチ」の堺雅人さん" »

アダモを聴く 「ラジオ深夜便」

あとで読む[あとで読む]

 

ラジオ深夜便」12月17日・午前2時台〔ロマンチック・コンサート〕
                                                      ビンテージ・ポップス:アダモ集

 

アダモ

 

久しぶりに、アダモの歌を聴きました。

紹介された曲は、ほとんど初期のもので、名曲とされているものですね。

ロマンチックなものからメッセージ性の強いものまで、今聴いても古さを感じさせず、一曲一曲のキャラが立っていると言うか・・・

“財産だなあ”と、ふと思い、その後に“何にとって?”と、自分に突っ込んでしまいました。

自分にとって、アダモ本人にとって、音楽の世界にとって・・・

身びいき過ぎるでしょうかね。

久しぶりに聴いたのに、まだ身びいきの気持ちがあることがちょっと嬉しかったんですが・・・。

 

アダモのすべて

 

 

続きを読む "アダモを聴く 「ラジオ深夜便」" »

「相棒 season9」第8話“ボーダーライン”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒 season9」第8話“ボーダーライン”
                                              テレビ朝日 12月15日放送

 


相棒-劇場版2- オリジナル・サウンドトラック

 

今回は、「相棒」らしいと言えば「相棒」らしい重たさですが、ちょっと違った感覚で観終わりました。

 

転落死した柴田(山本浩司)の過去を丁寧に描いていましたね。

彼が主役のストーリーのような気がしました。

右京(水谷豊)と神戸(及川光博)が、柴田の過去11ヶ月間を少しずつ明らかにしていって、最後の答えには泣かされました。

二人が事件を追ってくれたことで、柴田の願いは叶ったことになります。

右京が語るように、最後の最後に自分の絶望的な思いを誰かに知ってほしかったのだろうということ・・・

何とも切ない事件の結末でした。

 

医療事務などの資格があっても、経験が無いと雇ってもらえないという現実・・・

今に始まったことではないのですよね。

資格も経験もあっても、年齢制限で駄目、ということも現実です。

そんな現実を私なども味わってきましたから、次第に追い込まれていく柴田が他人事では無く、観てしまっていました。

古物商の免許もありますから、よけいに・・・。

もちろん、名義貸しなどをしたことはありませんが・・・。

 

相棒 劇場版2

 


相棒-劇場版II - オフィシャルガイドブック

 

 

続きを読む "「相棒 season9」第8話“ボーダーライン”" »

「徹子の部屋」のGACKTさん

あとで読む[あとで読む]

 

13日の「徹子の部屋」(テレビ朝日)のゲストは、GACKTさんでした。

自分でデザインした着物での登場、オーラ満開でしたね。

初出演とは意外でした。

徹子さんも言ってましたが、あんなに背が高いとは驚きました。

 

ARE YOU “FRIED CHICKENz

 

ミュージシャンとしては知っていた(名前程度)ものの、やはり印象に残ったのは大河ドラマ「風林火山」(2007年)での上杉謙信役でした。

その縁で、毎年新潟県上越市の謙信祭りに参加しているとのこと。

その映像が紹介されましたが、格好いいですね。

馬に乗った姿かたちもいいですが、刀を振りかざし馬を走らせるその動きが・・・。

確かに、たいていのお祭りは、ただ馬に乗って行列するだけですものね。

若い人たちにキャーキャー言われるのは当然ですが、お年寄りに“おやかた様”と呼ばれることを、何とも嬉しそうに語っていたのが印象的でした。

 

天翔る 龍の如く~謙信、そしてGacktへ~

               NHK大河ドラマ 風林火山 総集編

 

 

続きを読む "「徹子の部屋」のGACKTさん" »

森山直太朗さんと旧三女高 「ごきげんよう」

あとで読む[あとで読む]

 

今日の「ごきげんよう」(フジテレビ)に、森山直太朗さんが出演していました。

こちら(仙台)の旧三女高(宮城県第三女子高等学校)の話が出たので、つい聞き耳を立ててしまいました。

 

旧三女高は、今年名前が変わって、宮城県仙台三桜高等学校となっています。

森山さんは合併と言っていましたが、正確には男女共学になったからです。

 

森山さんのCD「さくら(合唱)」には、三女高の合唱部が参加しています。

その縁で付き合いが続いていて、三女高としての最後の卒業式に森山さんは出席していたんですね。

その時の感動を語ってくれました。

 

さくら(独唱)

 

 

続きを読む "森山直太朗さんと旧三女高 「ごきげんよう」" »

及川光博さん「SmaSTATION!!」に出演

あとで読む[あとで読む]

 

相棒 劇場版2

 

及川光博さんが出演するということで、昨日の「SmaSTATION!!(スマステ)」(テレビ朝日)を観ました。

登場シーンから、「相棒」の“神戸尊”では無く、“ミッチー”なので笑ってしまいました。

 

及川光博という人は、聡明な常識人なのに、プロ意識を持って“ミッチー”を演じている、と思っています。

だから、安心して?楽しく観ていられるんですね。

でも、「相棒」でしか及川さんを知らない人は驚いたでしょうね。

それを想像すると、ちょっと楽しいですが・・・。

 

と言う私も、ミュージシャンとしてより、俳優としての及川さんのほうに興味がありました。

晴れ着、ここ一番」(2000年・NHK)の頃からですから、「相棒」出演は嬉しいですね。

 

晴れ着、ここ一番 DVD BOX

 

 

続きを読む "及川光博さん「SmaSTATION!!」に出演" »

「相棒-劇場版Ⅱ-」PRキャンペーンいろいろ

あとで読む[あとで読む]

 


相棒 season9 オリジナル・サウンドトラック

 

相棒-劇場版Ⅱ-」12月23日の公開に合わせて、怒涛のように、出演者のテレビ出演があります。

ファンとしては楽しみですが、出演者は大変ですね。

全国放送だけでも以下のようです。

私も暇ですね。

 

関東エリアではもっと凄いことになっているようです。

ほかにもあると思いますし、以下の内容も正確かどうかはわかりません。

興味のある方は、参考程度にお願いします。

まずは、及川光博さんが生出演する、今夜の「SmaSTATION!!」 (30分遅れ)が楽しみですね。

 


相棒-劇場版II - オフィシャルガイドブック

 

 

続きを読む "「相棒-劇場版Ⅱ-」PRキャンペーンいろいろ" »

ジョン・デンバー&ディオンヌ・ワーウィックを聴く「ラジオ深夜便」

あとで読む[あとで読む]

 

ラジオ深夜便」12月11日・午前2時台〔ロマンチックコンサート〕
     競演・世界のアーティスト:ジョン・デンバー&ディオンヌ・ワーウィック

 

ジョン・デンバーディオンヌ・ワーウィックも好きな歌手なので、ゆったりと楽しめました。

 


エッセンシャル・ジョン・デンバー

 

ジョン・デンバーのコンサートに行ったことがあります。

本当にイメージどおりの、温かくて爽やかな印象が残っています。

彼の歌は、田舎の、あくまで優しく吹く風や暖かい陽の光を感じさせますね。

特に「緑の風のアニー」が好きです。

 

1997年、自家用飛行機を操縦していて、墜落事故で亡くなっています。

晩年、自然保護を掲げる彼へのバッシングがあったと聞いていたので、その孤独を想像して切なかったですね。

若い頃に、お父さんの仕事の関係で、日本にも住んでいたことがあったんですね。

 


ミュージック・オブ・ジョン・デンバー(3CD)

 

 

続きを読む "ジョン・デンバー&ディオンヌ・ワーウィックを聴く「ラジオ深夜便」" »

チャップリン・メロディーを聴く「ラジオ深夜便」

あとで読む[あとで読む]

 

ラジオ深夜便」12月10日・午前2時台〔ロマンチック・コンサート〕
                               ポピュラー名曲アルバム:チャップリン・メロディー

 


チャップリン その素顔と未公開映像

 

久しぶりにチャップリンの音楽を聴いて、しばらく彼の映画を観ていなかったことに気がつきました。

1970年代、“ビバ!チャップリン”として、彼の一連の作品のリバイバル上映がありました。

まるで熱に浮かされるようにして、映画館に通いましたね。

一作品を3回は観に行っていたと思います。

DVDなど無い時代でしたからね。

 

彼の映画に、笑いながら、泣いていました。

そういう時代だったんでしょうね。

東宝東和の感想文募集に応募して、賞金1万円(当時としては大金)をもらいました。

通知があったときには、有頂天になって、部屋の中を歩き回ったことを今でも覚えています。

 


チャーリー・チャップリン ライフ・アンド・アート

 

 

続きを読む "チャップリン・メロディーを聴く「ラジオ深夜便」" »

「相棒 season9」第7話“9時から10時まで”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒 season9」第7話“9時から10時まで”
                                              テレビ朝日 12月8日放送

 


相棒 season9 オリジナル・サウンドトラック

 

死体が苦手で、当然のようにホラー映画が駄目な神戸(及川光博)・・・

たまき(益戸育江)との映画デートが悲惨に終わった、その後のコットンクラブが今回の重要な舞台になりました。

怪我の功名のように、神戸の活躍が観られましたね。

久しぶりに、右京(水谷豊)とは別行動でした。

先週の重たい回があったので、彼の刑事としての勘とか、古美術に関する知識とかが、より意味を持って感じられます。

何より、さりげなくその場に入っていき、話を合わせ、状況を探っていけるのが凄いと思いますが・・・。

 

それにしても、ホラー映画好きのたまきは最強ですね。

その前に、右京(水谷豊)を誘って断られていたことが神戸のセリフでわかって、笑ってしまいました。

何も知らずに、喜んで誘いにのった神戸・・・前回“暴発”の重さがあっただけに、逆にその軽さにホッとさせられましたが・・・。

 

神戸が、たまきの「良いとこのおぼっちゃんだったりして」に、「そんなこと、あったりなかったりで」とこちら(テレビ画面)につぶやいたり、「右京さんみたいですね」には、「はい~?」と返したり・・・。

なかなか面白い会話がありましたね。

 

相棒 劇場版2

 


相棒-劇場版II - オフィシャルガイドブック

 

 

続きを読む "「相棒 season9」第7話“9時から10時まで”" »

「古畑任三郎」何度目かの“再会”を観る

あとで読む[あとで読む]

 

現在、こちら(仙台)では、ドラマ「古畑任三郎」の第3シーズンが再放送されています。

何度目の再放送なのか、もうわかりませんが、そのたびについ観てしまいますね。

 

特に、今日は第5回“再会(古い友人に会う)”なので、観逃せませんでした。

ゲストは、津川雅彦さん。

奥さん(三浦理恵子)に殺されたように細工をして、自殺をしようとする作家で、古畑(田村正和)の旧友の役です。

若い奥さんに浮気をされ、この歳になって世間に恥をさらすくらいなら、死ぬほうがましだという作家・・・

ラストで、古畑が珍しく必死に説得する言葉がずっと印象に残っています。

 

古畑任三郎 3rd season DVD-BOX

 

  

続きを読む "「古畑任三郎」何度目かの“再会”を観る" »

「お試しかっ!」の木村拓哉さん

あとで読む[あとで読む]

 

SMAP木村拓哉さんが出演した、昨日の「お試しかっ!」(テレビ朝日)を観ました。

この番組、その店の人気ランキング・トップ10を当てるだけなのに、なぜか観てしまいます。

あまり考えずに、のんびり観るにはいいんですよね。

 

それにしても、木村拓哉さんのこのところのテレビの露出は凄いですね。

今までは、SMAPの中でもバラエティなどにはあまり出てこない印象がありました。

映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」のキャンペーンの一環として前面に出てきて、主役としての責任、その覚悟のほどが伝わってきます。

木村さんだけではなく、最近はこの傾向が強くて、俳優さんたちは大変だなあと思いますが・・・。

 

SPACE BATTLESHIPヤマト

 


SPACE BATTLESHIP ヤマト ORIGINAL SOUNDTRACK(CD)

 

  

木村さん、ゲストなのに、その番組に対する姿勢が半端じゃないですね。

徹底的に学習をして、そして結果を出す、という・・・。

さすがに、今回はあちこちの番組で目にする機会が多くて、その姿勢がよくわかりました。

なぜか、いつの間にかこちらが追いかけている格好になっています。

 

ロングバケーション 

SMAPがんばりますっ!!2010 10時間超完全版

 

 

続きを読む "「お試しかっ!」の木村拓哉さん" »

眞島秀和さん「ゲゲゲの女房ファミリートーク」

あとで読む[あとで読む]

 

今度の日曜日(12日)に、こちらNHK仙台放送局で「ゲゲゲの女房ファミリートーク」が開催されます。

雄玄社の編集者・豊川役を演じた眞島秀和さんも出席するということで応募したのですが、見事に抽選から外れてしまいました。

ここで、感想など書ければいいと思ったのですが、残念でした。

 

まだまだ「ゲゲゲの女房」人気は冷めていないようです。

主役のいないトークショーなので、何とかなると思ったのは甘かったですね。

出演者は、眞島さんのほかには、朝倉えりかさん(飯田家四女・いずみ)、桂亜沙美さん(飯田家長男の妻・邦子)、中村靖日さん(貸本漫画家・中森)のようです。

 

なお、「ゲゲゲの女房」総集編が放送されるようです。

29日(水)、30日(木)、31日(金) 午前7:20~8:28 総合テレビにて

 


ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX 1
ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX 2
ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX 3

 

 

続きを読む "眞島秀和さん「ゲゲゲの女房ファミリートーク」" »

布施明さんを聴く「ラジオ深夜便」

あとで読む[あとで読む]

 

ラジオ深夜便」5日・午前3時台〔にっぽんの歌こころの歌〕
                              歌謡スター・思い出のヒット:布施明集

 

ゴールデン☆ベスト 布施明

 

布施明さんの歌を久しぶりに聴きました。

聴く前は、今あの熱唱を聴くとどうなんだろう、とちょっと不安でしたね。

あくまでこちらが歳をとり過ぎてしまって、という意味ですが・・・。

 

良かったですね。

懐かしいですが、古臭くなくて・・・。

当時の音源のものと、再録音のものとが混じってあったのも良かったです。

好きだった「落葉が雪に」には、しみじみとしてしまいました。

この曲は、布施さん自身の作詞作曲でしたね。

その他の曲のレコードもいまだに持っていますが、なぜかシングル盤だけを集めていたのが不思議です。

 

根の歌

 

 

続きを読む "布施明さんを聴く「ラジオ深夜便」" »

朝ドラ「てっぱん」千春の残したもの

あとで読む[あとで読む]

 

てっぱん

 

毎朝、朝ドラ「てっぱん」(NHK)を観ています。

「ゲゲゲの女房」のときほど、気合を入れて観ているわけでもないのですが・・・。

それでも、よく泣かされるのは歳のせいでしょうか。

 

今朝も泣きました。

千春の残した手紙・・・それを開けるまでが、やたら長かったですね。

「あかりと、

おかあちゃんのお好み焼きを食べたい」

でしたっけ?

 

見事でしたね。

母親(富司純子)が、ずっと娘に背中を向けてお好み焼きを焼いていたことを、申し訳ないと後悔し続けた想いを消してくれ・・・

あかり(瀧本美織)への愛情と、今お好み焼き屋をしていることへの後押しとなり・・・。

短いのに、充分に、二人に幸せを残してくれた言葉でしたね。

 

てっぱん(上)

 

てっぱん 完全版 DVD-BOX1

 

 
てっぱん 完全版 DVD-BOX1

続きを読む "朝ドラ「てっぱん」千春の残したもの" »

「相棒 season9」第6話“暴発”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒 season9」第6話“暴発”
                                              テレビ朝日 12月1日放送

 


相棒 season9 オリジナル・サウンドトラック

 

先週とは打って変わった内容でしたね。

これが又いろいろな意味で「相棒」らしい内容で・・・。

 

最初は、尾行をしている右京(水谷豊)の軽やかな足取りや、久しぶりにセリフがある組対5課の大小コンビ(いつも特命を覗いている二人)などに笑っていたのですが・・・。

麻薬の一斉摘発のアクションシーンなども珍しかったですね。

 

それにしても、たった1時間弱の間に、いつものメンバーの一人一人のキャラが立っていることに驚きました。

いつもは“暇か?”の角田課長(山西惇)に、捜査一課の三人もそれぞれに、今回の事件に関してしっかりした個性を見せていましたね。

麻薬の潜入捜査官・鎌田が協力者・後藤の銃の暴発?で死んだ事件で、厚生労働省の麻薬取締部(麻取)と上層部の取引が行われる中・・・

彼らはそれぞれの立場で悩み、上層部の意向があったにしても、法律を曲げても当事者を守る結論を出していました。

特に、伊丹(川原和久)が、もともとの正義感で後藤の取調べをするものの、次第に麻取の五月女課長(尾美としのり)と右京のやりとりに動揺していく姿が印象的でした。

芹沢(山中崇史)も三浦(大谷亮介)にしても、少ないセリフで印象を残しましたね。

 

杉下右京の事件簿

 

杉下右京に学ぶ「謎解きの発想術」

 

 

続きを読む "「相棒 season9」第6話“暴発”" »

「“ぷっ”すま」草なぎ剛&木村拓哉さん

あとで読む[あとで読む]

 

昨夜の「“ぷっ”すま」(テレビ朝日)を録画して観ました。

もともと好きな番組ですが、SMAP木村拓哉さんが出演するということで・・・。

 

正直を言えば、私は草なぎ剛さんのファンで、これまでは木村さんをちょっと苦手としていました。

番組の中でも、草なぎさんの木村さんに対する緊張感を指摘していましたが、こちらも同じようなものですね。

何でも出来てしまう人、負けん気が強そうですが、その裏では大変な努力の人でもあるような気がしていますが・・・。

 

木村拓哉感性の語録

 


浜田雅功/木村拓哉/人生は上々だ DVD-BOX

 

 

木村さん、最近は映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(本日公開)のキャンペーンで、テレビで観る機会が多いですね。

そこでは、彼がいかに気遣いの人であるかも知らされたりしました。

どんな番組でも、率先してその番組に合わせて、盛り上げようとしてもいますね。

責任感の強い、人一倍プロ意識のある人なのでしょうね。

 

SPACE BATTLESHIPヤマト

 

スクリーン+プラス(vol.25)

木村拓哉 を検索

 

 

続きを読む "「“ぷっ”すま」草なぎ剛&木村拓哉さん" »

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon