旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 朝ドラ「てっぱん」千春の残したもの | トップページ | 眞島秀和さん「ゲゲゲの女房ファミリートーク」 »

布施明さんを聴く「ラジオ深夜便」

あとで読む[あとで読む]

 

ラジオ深夜便」5日・午前3時台〔にっぽんの歌こころの歌〕
                              歌謡スター・思い出のヒット:布施明集

 

ゴールデン☆ベスト 布施明

 

布施明さんの歌を久しぶりに聴きました。

聴く前は、今あの熱唱を聴くとどうなんだろう、とちょっと不安でしたね。

あくまでこちらが歳をとり過ぎてしまって、という意味ですが・・・。

 

良かったですね。

懐かしいですが、古臭くなくて・・・。

当時の音源のものと、再録音のものとが混じってあったのも良かったです。

好きだった「落葉が雪に」には、しみじみとしてしまいました。

この曲は、布施さん自身の作詞作曲でしたね。

その他の曲のレコードもいまだに持っていますが、なぜかシングル盤だけを集めていたのが不思議です。

 

根の歌

 

 

ついでに、更に思い出話を・・・

たぶん「愛は不死鳥」だったと思いますが、NHK紅白歌合戦のときに、サビの部分で両手を挙げたら、簾のような紐が・・・というシーンをいまだに覚えています。

あの衣装、プレスリーとどちらが先だったんでしょうね。

 

さらに昔、「欽ドン!」で萩本欽一さんが読み上げた、「シクラメンのかほり」に関する投稿ハガキの内容を覚えています。

“疲れを知らない子供のように 時が二人を追い越していく”

“時”を“おときばあさん”に置き換えて、走っているおときばあさんが二人を追い越していく、という・・・。

当時、大うけでしたね。

くだらない(失礼!)と思いながら、でも思い出してはフッと和みます。

萩本さんのそばで、可愛い少女だった香坂みゆきさんがニコニコしていました。

 

手のひらの幸せ << 原作:布施明

 

この手のひらほどの倖せ 著者:布施明

 

 

布施さんは小説も書いていますね。

個人的には、このところ俳優として意識していたような気がします。

たぶん、「ラヂオの時間」(1997年・三谷幸喜監督作品)の印象が強いせいですね。

あのラジオ局の、調子のいい上司の役でした。

ノンストップで進行していくようなコメディ映画ですが、群像劇とも言えて、誰一人欠けても成り立たない面白い作品でした。

思い出すと楽しくなります。

三谷監督作品としては、個人的にはベストワンです。

また観たくなりました。

 

ラヂオの時間 スタンダード・エディション

 

 

<番組で流れた曲>

シクラメンのかほり
霧の摩周湖
愛は不死鳥
積木の部屋
落葉が雪に
君は薔薇より美しい
少年よ         *「仮面ライダー響鬼」主題歌
マイウェイ
そっとおやすみ

 

Ballade

 

布施明 ドリームCD・BOX

« 朝ドラ「てっぱん」千春の残したもの | トップページ | 眞島秀和さん「ゲゲゲの女房ファミリートーク」 »

音楽」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon