旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

「冬のサクラ」第七話

あとで読む[あとで読む]

 

冬のサクラ」第七話         TBS   2月27日放送

 

愛してるって言えなくたって

 


TBS系 日曜劇場「冬のサクラ」オリジナル・サウンドトラック

 

この回では、萌奈美(今井美樹)と琴音(森迫永依)の気持ちのすれ違いがあったものの、理解が生まれるシーンまでが一気にあって、ホッとさせましたね。

娘としたら、母親の病気に不倫の疑惑、異常にも見える父親、とショックは大きかったわけですが・・・。

琴音が萌奈美の残したレシピノートを読むシーンは泣かせました。

 

萌奈美にとって一番大事なもの、それが琴音と大きく語る展開になりました。

その気持ちを大事に思ってくれる祐(草なぎ剛)だから、萌奈美も心を許せたのでしょうし、余命を生きなければならないとなっても強くいられるのでしょうね。

気持ちを打ち明けるようにすすめる肇(佐藤健)や安奈(加藤ローサ)ですが、それが出来ないでいる祐が、何とも切ないです。

「萌奈美さんを苦しめるだけだから・・・、一番大切なのは娘さんだから・・・」と・・・。

 

Q10 DVD-BOX

佐藤健 を検索

 

天国はまだ遠く

加藤ローサ を検索

 

 

続きを読む "「冬のサクラ」第七話" »

「ぴったんこカン・カン」に江波杏子さん

あとで読む[あとで読む]

 

昨日の「ぴったんこカン・カン」(TBS)に、江波杏子さんが出ていましたね。

ドラマ「冬のサクラ」で親子役で共演している高嶋政伸さんと一緒でした。

時々、マザコンみたいなシーンを二人で見せてくれるのには笑いましたが・・・。

 

大人の女の名セリフ

 


食堂かたつむり スタンダード・エディション

 

 

続きを読む "「ぴったんこカン・カン」に江波杏子さん" »

「相棒 season9」の話題あれこれ

あとで読む[あとで読む]

 

杉下右京10years

 

相棒 season9」(テレビ朝日)の放送もあと2回になりました。

最初は恐る恐る状態だった、2チャンネルの「相棒」スレを覗くことが、今は日課になってしまっています。

確かに過激だったり、おかしな書き込みもありますが、それも気にならなくなりました。

慣れとは恐ろしいですね。

 

ほとんどは、「相棒」に対する熱い(時にはクールな)想いが伝わりますし、過去の作品に対する細かな情報を得られたりします。

質問に対して、親切に即答できる人が何人もいたりして驚かされますし・・・。

何より、その洞察力に感動させられることが多いですね。

観た作品を更に深く観直せます。

ただし、評価が低いと厳しいですが、それもまた納得のいくものだったりしますから・・・。

 

杉下右京に学ぶ「謎解きの発想術」

 

気分は名探偵 DVD-BOX

水谷豊 を検索

 

 

続きを読む "「相棒 season9」の話題あれこれ" »

グレン・キャンベルを聴く「ラジオ深夜便」

あとで読む[あとで読む]

 

ラジオ深夜便」2月24日・午前2時台〔 ロマンチック・コンサート〕
       ヴィンテージ・ポップス:バック・オウエンズ & グレン・キャンベル集

 

真夜中、意識朦朧として聴いていたグレン・キャンベルの朗々とした歌声・・・

何十年ぶりでしょうか。

ほとんど思い出すことも無かったのですが・・・

やはり懐かしいですね。

 


グレン・キャンベル Glen Campbell / Greatest Hits (輸入盤CD..

 

 .

続きを読む "グレン・キャンベルを聴く「ラジオ深夜便」" »

「相棒 season9」第16話“監察対象 杉下右京”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒 season9」第16話“監察対象 杉下右京”
                                                    テレビ朝日  2月23日放送

 

杉下右京10years

 

今回は、新しい試みをすると言われていた回でした。

10年経っても、大人気ドラマになっても、新しい挑戦をする「相棒」・・・面白いですね。

 

右京(水谷豊)が何者かに告発されて、関係者が監察官・仁木田(堀内敬子)から聴取されるシーンが続きます。

その間に事件のシーンが挿入されていく面白い展開でしたね。

まったく先が見えず、堀内さんのセリフが多いものですから、いろいろと考えてしまいました。

 

役の仁木田なのか、それとも堀内さんなのか、何だか無理をしている感じが気になっていました。

それで、この役はもっとクールで威圧的なイメージの女優さんだったら、と考えたものです。

例えば、役は違いますが、“神の憂鬱”(8-最終話)の水野美紀さんとか・・・。

大ベテランだったら、亡くなった岸田今日子さん(2-最終話“私刑~生きていた死刑囚と赤いベルの女”)で観てみたかったなあ、と思ったものでした。

レギュラー陣をひとりひとり、あの静かな口調で追い詰めていく・・・もうかなわないことですが、想像するだけで楽しいですね。

などと考えているうちに、ラストのどんでん返しを迎えて、なるほどと思いましたが・・・。

 


イケ麺新そば屋探偵~いいんだぜ!~1

 

 
サラリーマンNEO セクスィー部長~瞬殺フェロモン17

堀内敬子 を検索

 

 

続きを読む "「相棒 season9」第16話“監察対象 杉下右京”" »

「ボクらの時代」中嶋朋子&竹野内豊&原田美枝子さん

あとで読む[あとで読む]

 

「ボクらの時代」“問う女 戸惑う男” 
                   出演:中嶋朋子(女優) 竹野内豊(俳優) 原田美枝子(女優)      
                                                                     フジテレビ     2月20日放送

 

最近、竹野内豊さんを頻繁にテレビで見かけます。

公開中の映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」のPRのためですね。

何を観ても、生真面目でおとなしやかで、どこか居心地が悪そうに感じますが・・・。

  

今回は、映画で共演した中嶋朋子さん、ドラマ「流れ星」(2010年・フジテレビ)で共演した原田美枝子さんとの鼎談でした。

見るからに、本人たちも、誰も仕切る人がいないのでどうなることか、という雰囲気で始まりましたね。

 

まず、中嶋さんと原田さんが共演したドラマ「北の国から」(1981年・フジテレビ)の懐かしい映像が流れました。

原田さんは当時、役柄と同じで誰ともしゃべらないような人だったとか。

確か、かつて教え子に自殺された教師で、UFOを見たこともある、という役でしたね。

今回、原田さんからは結婚のこと、子供のこと、そして仕事や生き方に繋がるような深い話が聴けました。

いつのまにか、仕切り役は原田さんになっていました。

 


太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男~ オリジナル・サウンドトラック

 

 

続きを読む "「ボクらの時代」中嶋朋子&竹野内豊&原田美枝子さん" »

「冬のサクラ」第六話

あとで読む[あとで読む]

 

冬のサクラ」第六話         TBS   2月20日放送

 

愛してるって言えなくたって

 


TBS系 日曜劇場「冬のサクラ」オリジナル・サウンドトラック

 

やはり、萌奈美(今井美樹)の夫・航一(高嶋政伸)によって、肇(佐藤健)の立場が辛いものになるという展開で・・・

観ていても結構きついですよね。

兄・祐(草なぎ剛)のために立派な医者になりたいのに、兄の想いを大事にしようと思えば、それが遠のいてしまう。

自分のために弟が不利な立場にいることを辛く感じながら、それでも萌奈美のことを想ってしまう祐・・・。

 

兄弟二人のシーンでは、お互いの細やかな感情がよく伝わりましたね。

二人の想いを、それぞれの立場に立って理解が出来る安奈(加藤ローサ)は素敵です。

若いのに、これほどブレないで二人を見守れるんですから、ついカッコイイ!と思ってしまいました。

悩んだ末に兄のために行動しようとする肇の“間違っていないと言ってくれる?”に“間違ってないよ”と応えるシーン、良かったですね。

 

 

天国はまだ遠く

加藤ローサ を検索

 

Q10 DVD-BOX

佐藤健 を検索

 

 

続きを読む "「冬のサクラ」第六話" »

「ボクらの時代」小泉今日子&永瀬正敏&古田新太さん(後編)

あとで読む[あとで読む]

 

「ボクらの時代」“小泉今日子×永瀬正敏×古田新太
                              45歳×44歳×45歳 大人の自覚(後編)”
                  出演:小泉今日子(女優) 永瀬正敏(俳優) 古田新太(俳優)
                                                                         フジテレビ     2月13日放送

 

小泉今日子さん、子供時代に父親の倒産などで苦労をしたため、堅実な金銭感覚を持ち合わせている話から・・・。

それが、後半の最近生命保険を見直した話へも繋がるようです。

 

古田新太さん、16歳の娘さんを“俺の女じゃないのに一緒に住んでいる、俺が養っている女”と・・・

明るく冗談にしながら、父親としての複雑な想いを語っています。

大事だけれども、よく言われる結婚式で泣くようなことは無い、とも・・・。

 

小泉さん、中学時代に無口でクールだった父親と二人暮らしをしていて、食事の世話などで同棲気分だったと・・・

亡くなった今、“当時、父親はどう思っていたのだろう”と、誰へと言うとも無く、つぶやいています。

そばで、永瀬正敏さんが“どうなんだろうねぇ”と静かに同調していたのが印象的でした。

永瀬さん、小泉さんと父親の足の形がそっくり、と珍しく強調していて、ある時期確かに家族だったことを思わせましたね。

 

マザーウォーター

 

小泉今日子実行委員会

小泉今日子 を検索

 

 

続きを読む "「ボクらの時代」小泉今日子&永瀬正敏&古田新太さん(後編)" »

「てっぱん」で、今日も感動

あとで読む[あとで読む]

 

毎朝、NHKの朝ドラ「てっぱん」を観ています。

結構泣かされるシーンが多いんですよね。

今朝もそうでした。

 

てっぱん

 

店での、あかり(瀧本美織)と実の父親・橘(小市慢太郎)の二人だけのシーン・・・

あかりが真実を知って、初めて、もしかしたらこれで最後かも?の対面シーンでした。

ヒロインの瀧本さん、難しいシーンなのに素晴らしかったです。

自然に涙が出ていましたね。

ベテランの小市さん相手で、新人としてはとても難しかったと思います。

これからどんどん伸びていく女優さんなのでしょうね。

小市さんは流石ですね、安心して観ていられました。

 


BUNGO 日本文学シネマ ディレクターズカット版 【初回生産限定】

 


恋する日曜日 文學の唄 ラブストーリーコレクション DVD BOX

小市慢太郎 を検索

 

 

続きを読む "「てっぱん」で、今日も感動" »

「相棒 season9」第15話“もがり笛”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒 season9」第15話“もがり笛”
                                                    テレビ朝日  2月16日放送

 

杉下右京10years

 

2週間ぶりの「相棒」ですね。

こちら(仙台)では、再放送も無くなっていたので、待ちに待っていた感じでした。

 

それにしても、櫻井武晴さんの脚本ということで、覚悟はしていましたが、鬱になる展開でしたね。

先日の「財務捜査官・雨宮瑠璃子6」(TBS)も櫻井さんの脚本ということで観ましたけど、まだ明るかった気がします。

櫻井さん=クオリティが高い、ということでつい力を入れて観てしまうんですが・・・。

 

今回は、やはり火野正平さんにつきますね。

長い間観てきた俳優さんですが、いつも脇の方で軽く演じている印象がありました。

風貌もほとんど変わっていなくて・・・。

今回は、静かに真ん中にいる火野さんを観た、という感じがしました。

 

ウーマン達への子守唄

 

新 必殺仕置人 [寅之巻]

火野正平 を検索

 

 

続きを読む "「相棒 season9」第15話“もがり笛”" »

「四十九日のレシピ」第1回を観ました。

あとで読む[あとで読む]

 

四十九日のレシピ

 

昨日からドラマ「四十九日のレシピ」(NHK)が始まりました。

タイトルから暗いイメージがして気が進まなかったのですが、観るとも無く観ていましたね。

昼の「スタジオパークからこんにちは」で、このドラマに出演する伊東四朗さんを観たせいもあるかもしれません。

三宅裕司さんとの舞台の映像がちょっとだけ紹介されましたが、その静かなボケっぷりに笑わせてもらいました。

演じることで大切なこと、“常に客と同じであること”・・・とても深い言葉だと思いましたね。

それにしても、強面の伊東さん、お孫さんの話になると本当に幸せそうでした。

 

ボケてたまるか!

 


伊東四朗一座 ~帰ってきた座長奮闘公演~ 喜劇 俺たちに品格はない

伊東四朗 を検索

 

 

このドラマ、やはりNHKらしくて丁寧な作りに、それに似合った俳優さんたちで観入ってしまいました。

妻(風吹ジュン)を亡くしたばかりの伊東四朗さんの娘(風吹さんにとっては義理の娘)を演じているのが和久井映見さん。

和久井さんが母親役を演じた朝ドラ「ちりとてちん」(2007、8年)は、楽しかったですね。

母親として溢れる愛情を見せているのに、どこかとぼけていて・・・。

今回は夫の不倫で父親の元に戻ってきた役です。

いくつになっても(いくつでしょう?)、どんな役を演じても、どこか可愛らしくピュアなイメージがありますね。

 

      妹よ DVD BOX

夏子の酒 DVD BOX

和久井映見 を検索

 

 

続きを読む "「四十九日のレシピ」第1回を観ました。" »

「徹子の部屋」伊勢谷友介さん

あとで読む[あとで読む]

 

昨日の「徹子の部屋」(テレビ朝日)のゲストは、俳優の伊勢谷友介さん。

バレンタインデーということで、特注のチョコレートをプレゼントされていました。

 

この種の番組は苦手とかで、初めての登場でしたが・・・

何とも見事に、徹子さんと対等に渡り合っていましたね。

よく響く声のせいでしょうか。

もちろん、徹子さんへの尊敬を込めての話し方でしたが・・・。

徹子さんも、手元の原稿を読んで質問をする、ということではなく、リラックスして伊勢谷さんの話に耳を傾けている、という感じでした。

 

白洲次郎」(2009年・NHK)「龍馬伝」(2010年・NHK)で興味を持った伊勢谷さんですが、経歴などまったく知りませんでした。

まずは、自信に溢れたような、よどみの無いおしゃべりに感心してしまいましたね。

徹子さんが安心して、会話をゆだねている感じさえしました。

 


NHKドラマスペシャル 白洲次郎 DVD BOX

 

ブラインドネス

 

 

続きを読む "「徹子の部屋」伊勢谷友介さん" »

「冬のサクラ」第五話

あとで読む[あとで読む]

冬のサクラ」第五話         TBS   2月13日放送

 

愛してるって言えなくたって

TBS系 日曜劇場「冬のサクラ」オリジナル・サウンドトラック

 

今回も、物語がほとんど動かない印象がありましたね。

こういうテンポのドラマは、今は珍しい気がします。

嫌いじゃないですけど・・・。

 

それでも、始まってまもなく、萌奈美(今井美樹)が夫・航一(高嶋政伸)に言う「私の人生はあなたのものじゃない」には驚きました。

これまで耐える一方に見えた萌奈美が、毅然とした態度で、ここから急激に話は展開するのではないか、と思ったものです。

その、手術を受けないという意思も、生きられるかもしれない、記憶も無くならないしれない、と、夫の言葉に希望を持って揺らいでしまいますが・・・。

 

航一の言動は、いちいち怖いですね。

祐(草なぎ剛)の弟・肇(佐藤健)のことまですべて調べ上げていてのエレベーターのシーン・・・

閉まりかけた扉から航一の指が覗いたシーンにはゾッとしてしまいました。

完全にホラー・シーンでしたね。

 


HOTELシリーズinハワイ DVD-BOX


新 腕におぼえあり よろずや平四郎活人剣 DVD-BOX [6枚組]

高嶋政伸 を検索

 

 

続きを読む "「冬のサクラ」第五話" »

「徹子の部屋」竹野内豊さん

あとで読む[あとで読む]

 

9日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日)のゲストは、竹野内豊さんでした。

黒柳徹子さんが、これまでに一番困惑した相手かな、と思えるほどに寡黙でしたね。

ひとつひとつ考え考え、淡々と答える様子は、観ていて放送事故になるのでは、と冷や冷やしたものです。

ある意味、最強の相手だったのかもしれません。

何しろ、お笑い芸人たちが束になってかかっても、太刀打ちできなかった相手でしたから、徹子さんは・・・。

それは、後日談としてずいぶん楽しませてもらいました。

 


あの空をおぼえてる スペシャル・エディション

 

 

初めは、子供の頃のエピソードとか、1月2日が誕生日の話など、徹子さんが話を振っても、あまり盛り上がらないトークに終わりました。

結婚の話も何となく過ぎてしまい、足の長い飼い犬の話で笑顔が出て、少し盛り上がりましたね。

犬の写真を見た徹子さんの「前足と後ろ足の長さは同じですかね」には笑いました。

 

どうも寡黙さは父親譲りのようでした。

今回主演の映画「太平洋の奇跡」の大場栄大尉にも通じるような父親だったようですね。

大場大尉の息子さんと会い、別れ際に「父をよろしくお願いします」と言われた話は印象的でした。

 

流れ星 完全版 DVD-BOX

 

BOSS DVD-BOX[7枚組]

 

 

続きを読む "「徹子の部屋」竹野内豊さん" »

「クローズアップ現代」“ワンピース”メガヒットの秘密

あとで読む[あとで読む]

 

昨日の「クローズアップ現代 “ワンピース”メガヒットの秘密」(NHK)を観ました。

漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の人気は知っていて、興味がありましたから・・・。

 

正直、漫画やアニメが苦手なのです。

火の鳥」(手塚治虫)、「ぼのぼの」(いがらしみきお)、そしてアニメの「となりのトトロ」(1988年)は例外ですが・・・。

 

ONE PIECE(巻61)

 

「ワンピース」の真相

 

 

“仲間同士の固い絆”“揺るぎない信頼”が描かれているのだとか・・・。

世代を問わずに感動を与えているようですね。

この漫画で、“人との繋がり”を研究していたり、影響を受けた人たちが出て来ていました。

中に、かつては営業マンで、うつ病で引きこもりになり、この漫画を読むことで再起をかけている人がいました。

競争ではなく、人を癒し、役に立つ仕事をということで、理学療法士をめざしているとか。

漫画の持つ大きな力を感じさせましたね。

 

「ワンピース」読解D

 

「ワンピース」偉大なる航路の謎

 

 

続きを読む "「クローズアップ現代」“ワンピース”メガヒットの秘密" »

「第二回 午前十時の映画祭」が始まりました。

あとで読む[あとで読む]

 

昨日の「めざましテレビ」(フジテレビ)で、“午前十時の映画祭”を取り上げていました。

まだやっていたんだ、というのが正直な感想でした。

何しろ、県内では1箇所だけの開催で、こちら(仙台)ではまったくやっていませんから・・・。

これだけの都会なのに、と理由もわからずに劇場側の熱意に疑問を感じたりしています。

相棒」を観に行っても、カードをくれないし・・・と、ついでに愚痴りたくなりました。

 

好評で、5日から第二回が始まったようですね。

前回の公開作品50本のうち、映画館で観たのが32本、テレビやビデオで観たのが11本、観ていないのが7本でした。

今回もリストを見て調べてみました。物好きなもので・・・。

結果は、映画館24本、テレビやビデオ11本、未見15本。

前回より後退していますが、これをどう考えたら良いのでしょうか。

観ていないものも、観たと錯覚するぐらいに知っているものです。

ちょっと負け惜しみが入っていますが・・・。

 


午前十時の映画祭何度見てもすごい50本プログラム

 

午前十時の映画祭(series2)

 

 

続きを読む "「第二回 午前十時の映画祭」が始まりました。" »

「ボクらの時代」小泉今日子&永瀬正敏&古田新太さん

あとで読む[あとで読む]

 

「ボクらの時代」“小泉今日子×永瀬正敏×古田新太
                              45歳×44歳×45歳 大人の自覚(前編)”
                     
                  出演:小泉今日子(女優) 永瀬正敏(俳優) 古田新太(俳優)
                                                                         フジテレビ     2月6日放送

 

毎日かあさん(4(出戻り編))

 

公開中の映画「毎日かあさん」に出演している3人のトークでした。

やはり、どうしても注目してしまうのが、元夫婦の小泉今日子さんと永瀬正敏さんが一緒に出ているということですね。

好奇心以外の何ものでもありませんでした。

元々、夫婦であったときも、お互いに刺激しあってクリエイティブな仕事をしていた、という印象がありましたから、こういう状況になるのも不思議なことではありませんでしたね。

ただ、別の番組で、ここまでの時間が必要だったというようなことを語っていましたが・・・。

 

まずは、3人ともに40歳代半ばの同世代ということで、“寄る年波”の話から・・・

永瀬さんが、階段を駆け下りるシーンでは、若いときの勢いとは違って、先をしっかりと見てしまっていると・・・。

肉体も心も弱っている、とボソッと話しています。

古田さんは、目の疲れと思ったら奥さんのメガネをかけて初めて老眼とわかり、とうとうメガネを買った話を・・・。

小泉さんもすでにメガネを買っていて「楽しくない?」と・・・

アイドル時代を冷静に語れる余裕、45年生きてきたことへの自信を覗かせていました。

 

マザーウォーター

 

小泉今日子実行委員会

小泉今日子 を検索

 

 

続きを読む "「ボクらの時代」小泉今日子&永瀬正敏&古田新太さん" »

「冬のサクラ」第四話

あとで読む[あとで読む]

 

冬のサクラ」第四話         TBS   2月6日放送

 

愛してるって言えなくたって

TBS系 日曜劇場「冬のサクラ」オリジナル・サウンドトラック

 

この静かな雰囲気って、何なんでしょうね?

内容を言えば、昼ドラなどと同じような展開なのでしょうが・・・。

大げさに泣いたり叫んだりしないからですかね。

ラブ・ストーリーものが苦手な私でも、無理なく観られています。

 

萌奈美(今井美樹)の夫・航一(高嶋政伸)の劇画チックにも思えるシーンでさえも静かに感じられます。

それにしても、祐(草なぎ剛)の写真の目の部分をくり抜いていて、その2点部分だけが明るくなる映像など、やはり怖いですが・・・。

 

東京に出る決心をした祐と、山形へ行くように航一と理恵(白羽ゆり)に仕向けられた萌奈美。

昔よくあったすれ違いのパターンかと思ったら、そうではありませんでした。

山形にいる二人は絵になるし、何よりホッとさせますね。

でも、運よく出逢えたり、携帯電話が無いため連絡が取れない萌奈美が、病院の受付で祐のガラスの鳥を見かけたり・・・など、偶然頼みが多いですね。

でも、気持ちがいいのでOKですけど・・・。

それに、ラブ・ストーリーものを楽しむには重箱の隅を突いても仕方が無いですね。

 


僕と妻の1778の物語 オリジナル・サウンドトラック

 


99年の愛~JAPANESE AMERICANS~ DVD-BOX(DVD)

草なぎ剛 を検索

 

 

続きを読む "「冬のサクラ」第四話" »

井上陽水さんを聴く「ラジオ深夜便」

あとで読む[あとで読む]

 

ラジオ深夜便」2月6日・午前3時台〔にっぽんの歌こころの歌〕
                       青春の歌:思い出のフォーク&ポップス~井上陽水集

 

井上陽水さんの歌を、「ラジオ深夜便」では珍しくリアルタイムで聴くことが出来ました。

珍しく眠れなかったのは、次の時間帯の曽野綾子さんのインタビューを聴きたいと思ったからでしょうね。

 

紹介された陽水さんの歌は、どれも有名な曲ばかりでした。

アンカーが、「なぜか上海」の説明で、“意味がわからないような歌詞”と言っていたのには笑いました。

もちろん、“陽水さんらしさ”を付け加えていましたが・・・。

確かに、深すぎて、意味がわからない曲がありますからね。

 

魔力

 

軽くて深い井上陽水の言葉

 

 

続きを読む "井上陽水さんを聴く「ラジオ深夜便」" »

「にじいろジーン」世良公則さん

あとで読む[あとで読む]

 

今朝の「にじいろジーン」(フジテレビ)、ぐっさんこと山口智充さんのコーナーのゲストは、世良公則さん。

 

↓過去に、こんなものが出ていたんですね。

ロックNIPPON 選曲ぐっさん

 

 

山口さんと、漢字を主体としたオリジナルの手拭いを作っていましたね。

世良さんと“和”とではミスマッチに思えたのですが、かなり本格的な趣味?のようで、出来上がったものは素敵なものでした。

久しぶりに見かけた世良さん。

髪型は龍馬を演じていた時期の長髪の福山雅治さんで、顔は痩せた吉田拓郎さんのように見えました。

 

ジャカランダ

 


UNDER COVER 世良公則 ソロシングルズ

 

 

続きを読む "「にじいろジーン」世良公則さん" »

「とんねるずのみなさんのおかげでした」菅野美穂さんvs渡部陽一さん

あとで読む[あとで読む]

 

昨夜の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ)を観ました。

丸々“新・食わず嫌い王決定戦”でしたね。

菅野美穂さんは、このところ映画「ジーン・ワルツ」のPRで頻繁にテレビで見かけています。

一方が戦場カメラマン・渡部陽一さんとのことで、好奇心いっぱいで観てしまいました。

 

観る前の不安は、とんねるず石橋貴明さんが渡部さんに対してどのような態度をとるかということでした。

イメージで言って申し訳ないのですが、渡部さんのあのスローな話し方にキレてしまうのではないか、と・・・

強引に、話を途中で切ってしまったり、笑いの種にしてしまうのではないか、と・・・。

まったく違っていましたね。

終始、好ましい相手の話を聴いて楽しんでいる、という感じでした。

 

MOTHER TOUCH

 

世界は危険で面白い

 

 

続きを読む "「とんねるずのみなさんのおかげでした」菅野美穂さんvs渡部陽一さん" »

「相棒 season9」第14話“右京のスーツ”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒 season9」第14話“右京のスーツ”
                                                    テレビ朝日  2月2日放送

 

 

杉下右京10years

 

始まってまもなく、右京(水谷豊)が被害者の高級スーツを見て、いつも以上のテンションになっているのには笑いました。

事件がらみとは言え、本当にスーツが好きなようで・・・。

 

今回の舞台は、テーラー。

縁の無い世界なので、面白く観ました。

“なるほど、高いわけだ”と納得したりして・・・。

あんなふうに、顧客ひとりひとりに細心の注意をはらって仕立てるんですね。

右京の肩を触っただけで、右利きがわかり、手帳の出し入れにまで気を遣う作り方に、感心しながら観てしまっていました。

右京のほうも安藤社長(森次晃嗣)に触っただけで、彼の秘密を知ったようですが・・・。

 

女性テーラー・笹原真紀役の青山倫子さん、初めて知った女優さんです。

銀座の老舗テーラーの店主・古谷を演じる小松政夫さん以上に出演シーンが多かったと思いますが、凛としながら、冷たくも無く、という感じで良かったですね。

何より、着こなしている制服に目が行ってしまいました。

相当、高級な生地なんだろうなあ、と・・・。

衣装担当スタッフの力の入れ具合を感じましたね。

 

Feel So..

 .


パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT

 

 

続きを読む "「相棒 season9」第14話“右京のスーツ”" »

草なぎ剛さんの翻訳本 「『ぷっ』すま」

あとで読む[あとで読む]

 

昨夜の「『ぷっ』すま」(テレビ朝日)のオープニングでは、珍しく草なぎ剛さんの本のPRがありましたね。

韓国の「月の街 山の街」という本で、草なぎさんが翻訳したものとか。

 

月の街 山の街 <amazon>
月の街 山の街

 

忙しい中で、そんなことまで、と驚いたんですが・・・。

ユースケ・サンタマリアさんのツッコミに、「先生と一緒に」とあっさり答えているのには笑えました。

そこまで言わなくても、とユースケさんの方が慌てていましたね。

そういうところが草なぎさんらしくて、ファンになっている理由でもあります。

出版するにあたって、彼なりに葛藤があって、すんなり告白したのかもしれないとも思ったりもしましたが・・・。

“素直”というのは、ある意味では最強ですね。

生き難い世の中、生きやすいような気がします。

 


月の街 山の街 (単行本・ムック) / イ・チョルファン / 草ナギ剛 <楽天市場>

 

 

続きを読む "草なぎ剛さんの翻訳本 「『ぷっ』すま」" »

「SMAP×SMAP」の沢口靖子さん

あとで読む[あとで読む]

 

昨日の「SMAP×SMAP」(フジテレビ)のビストロのコーナー・ゲストは沢口靖子さんでした。

観るとも無く、観ていたのですが、面白かったですね。

沢口さん、何より、いくつになっても変わらずに綺麗です。

それに、いつまでも良い意味でお嬢様のような感じがする人ですね。

 


ビストロSMAPレシピ7th・victory & quick

 

昨日のビストロは見物でした。

私の知る限りでは、あのコーナーで“おいしい”などの褒め言葉以外の言葉を話したゲストはいなかったような気がするんですが・・・。

沢口さん、しょっぱいとか何とか、ひとつひとつの料理にちょっとした駄目出しをしていました。

遠慮が無いというか、天真爛漫というか・・・

天然なのか、それとも長年の女優キャリアの自信なのか・・・。

 

いつもの“おいしい!”で出てくるはずの、香取慎吾さんの出番が無かったという前代未聞の状況にもなり・・・

それでも、ケラケラ楽しそうに笑っていましたね。

 

小津の秋

 

新・科捜研の女’06 1

 

 

続きを読む "「SMAP×SMAP」の沢口靖子さん" »

「ボクらの時代」山本耕史&仲間由紀恵&生瀬勝久さん

あとで読む[あとで読む]

 

「ボクらの時代」“10月生まれの役者たち” 
                 出演:山本耕史(俳優) 仲間由紀恵(女優) 生瀬勝久(俳優)
                                                                       フジテレビ 1月30日放送

 

山本耕史さん(31日)、仲間由紀恵さん(30日)、生瀬勝久さん(13日)、ともに10月生まれで、舞台「テンペスト」で共演する3人の鼎談でした。

 

今回の舞台が沖縄ということで、出身の仲間さんの沖縄人気質?から・・・。

山本さんが、誕生日にメールを送っても返さない仲間さんのことを、“マイペース”と言い、生瀬さんは“仲間さんの振りを見て、自分は直した”と・・・

当の本人は、“ひどい目に遭わないと直らないかもしれない”と笑っています。

 

仲間さんから、遅刻も当たり前の沖縄タイム、手を挙げなくても止まるタクシーの話が・・・。

沖縄では「乗る?」と言ってタクシーが止まるようです。

それでも、生瀬さんからは、方言が出ない仲間さんに出身地疑惑があるとのツッコミが入りました。

 

仲間さんが、今回の舞台が沖縄であることで、故郷に何らかの形で役に立てるのは嬉しい、と・・・。

故郷への想いについての話となり、生瀬さんは住む場所にこだわりは無いと、山本さんは新宿から出たことが無いので逆に離れられない、と語っています。

 

仲間由紀恵

 


99年の愛 ~JAPANESE AMERICANS~

仲間由紀恵 を検索

 

 

続きを読む "「ボクらの時代」山本耕史&仲間由紀恵&生瀬勝久さん" »

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon