旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「冬のサクラ」第四話 | トップページ | 「第二回 午前十時の映画祭」が始まりました。 »

「ボクらの時代」小泉今日子&永瀬正敏&古田新太さん

あとで読む[あとで読む]

 

「ボクらの時代」“小泉今日子×永瀬正敏×古田新太
                              45歳×44歳×45歳 大人の自覚(前編)”
                     
                  出演:小泉今日子(女優) 永瀬正敏(俳優) 古田新太(俳優)
                                                                         フジテレビ     2月6日放送

 

毎日かあさん(4(出戻り編))

 

公開中の映画「毎日かあさん」に出演している3人のトークでした。

やはり、どうしても注目してしまうのが、元夫婦の小泉今日子さんと永瀬正敏さんが一緒に出ているということですね。

好奇心以外の何ものでもありませんでした。

元々、夫婦であったときも、お互いに刺激しあってクリエイティブな仕事をしていた、という印象がありましたから、こういう状況になるのも不思議なことではありませんでしたね。

ただ、別の番組で、ここまでの時間が必要だったというようなことを語っていましたが・・・。

 

まずは、3人ともに40歳代半ばの同世代ということで、“寄る年波”の話から・・・

永瀬さんが、階段を駆け下りるシーンでは、若いときの勢いとは違って、先をしっかりと見てしまっていると・・・。

肉体も心も弱っている、とボソッと話しています。

古田さんは、目の疲れと思ったら奥さんのメガネをかけて初めて老眼とわかり、とうとうメガネを買った話を・・・。

小泉さんもすでにメガネを買っていて「楽しくない?」と・・・

アイドル時代を冷静に語れる余裕、45年生きてきたことへの自信を覗かせていました。

 

マザーウォーター

 

小泉今日子実行委員会

小泉今日子 を検索

 

 

デビューの頃・・・

小泉さんは、アイドルであることに満足出来ていなかったと・・・

いしだあゆみさんや佐藤友美さんなど、大人の女優さんに憧れていたようです。

永瀬さんは、宮崎県出身、進学校で鬱積したものがあり、はけ口としてオーデションに応募、相米慎二監督との出会いがありました。

相米監督は相当厳しい人で、反発を覚えながらも、最後は現場が愛おしく離れ難くなったと語っています。

古田さんは、小学校の頃にミュージカルを観て、その面白さ?に惹かれたのがきっかけとか。

 

3人ともに笑いながら、“早く大人になりたかった昔、もっと大人になりたい今”と・・・。

そして、自分たちの世代は、何においても過渡期にあり、両方を知っていて“お得な世代”だと、声を合わせています。

そこから、古田さんが携帯電話を持っていないで、テレホンカードを使っている話に・・・。

飲み会の誘いは前日にFAXなので、携帯電話はトランシーバーとしては欲しい。

持たない人間としては、遅刻をしないと心に決めている、と語っています。

 

小泉さんは、携帯電話の返事をしない理由を・・・

長い時間をかけてきた(返事をしない)キャンペーンも終わった、とのこと。

3人ともに、ブログもツイッターもしていないそうです。

食事の前に料理の写真を撮られるとイラつくという古田さん、一緒に写真を撮るのは好きとVサインをする小泉さんでした。

 

劇団・新感線30年

 


二ノ国 漆黒の魔導士 【魔法指南書 マジックマスター 同梱】

古田新太 を検索

 

 

古田さんと小泉さんは飲み友だちなのに、永瀬さんは酒を飲まないとのこと。

「毎日かあさん」はアルコール依存症の役なので、友人に研究をさせてもらったようです。

結婚当時、小泉さんは飲んで帰り、玄関でブーツが脱げなくてそのまま眠り、永瀬さんに見つかったエピソードを・・・。

女友だちをリビングに寝かせたら、翌日永瀬さんが「あれ、今日子、大きくなってる?」と間違えた話も・・・。

永瀬さんも、それにつられるようにして、小泉さんがパリのレストランのらせん階段を綺麗に?転げ落ちた話を紹介していました。

 

永瀬さんは、更に結婚当時の話を・・・

エコとか地球温暖化とかがまだそんなに騒がれなかった頃に、小泉さんはごみの捨て方などに細かく気をつけていて、“ちょっと先を見ている人”と語っています。

 

余裕の小泉さん、楽しい古田さん、そして控えめな永瀬さん、そういう印象のトークでした。

来週も楽しみですね。

よろしかったら、こちらもどうぞ。

 ⇒ 言葉の味、話の味~小泉今日子さんら、40代大人の自覚 「ボクらの時代」

 

 

ションベンライダー    << デビュー作・相米慎二監督作品

紙屋悦子の青春

 

コールド・フィーバー

永瀬正敏 を検索

 

« 「冬のサクラ」第四話 | トップページ | 「第二回 午前十時の映画祭」が始まりました。 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon