旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「てっぱん」で、今日も感動 | トップページ | 「冬のサクラ」第六話 »

「ボクらの時代」小泉今日子&永瀬正敏&古田新太さん(後編)

あとで読む[あとで読む]

 

「ボクらの時代」“小泉今日子×永瀬正敏×古田新太
                              45歳×44歳×45歳 大人の自覚(後編)”
                  出演:小泉今日子(女優) 永瀬正敏(俳優) 古田新太(俳優)
                                                                         フジテレビ     2月13日放送

 

小泉今日子さん、子供時代に父親の倒産などで苦労をしたため、堅実な金銭感覚を持ち合わせている話から・・・。

それが、後半の最近生命保険を見直した話へも繋がるようです。

 

古田新太さん、16歳の娘さんを“俺の女じゃないのに一緒に住んでいる、俺が養っている女”と・・・

明るく冗談にしながら、父親としての複雑な想いを語っています。

大事だけれども、よく言われる結婚式で泣くようなことは無い、とも・・・。

 

小泉さん、中学時代に無口でクールだった父親と二人暮らしをしていて、食事の世話などで同棲気分だったと・・・

亡くなった今、“当時、父親はどう思っていたのだろう”と、誰へと言うとも無く、つぶやいています。

そばで、永瀬正敏さんが“どうなんだろうねぇ”と静かに同調していたのが印象的でした。

永瀬さん、小泉さんと父親の足の形がそっくり、と珍しく強調していて、ある時期確かに家族だったことを思わせましたね。

 

マザーウォーター

 

小泉今日子実行委員会

小泉今日子 を検索

 

 

古田さんから、映画「毎日かあさん」に絡めて、“もし二人の間に子供がいたらどうなっていただろう?”と・・・。

小泉さんは、“いなかったから、こうしていられるのかもしれない”

永瀬さんは、“違った意味の関わり合い方をしてるかもしれない”と・・・。

 

毎日かあさん(4(出戻り編))

 

 

3人とも40代半ばになり、“死”の捉え方について・・・

小泉さん、40歳を越えて折り返し地点に入ったと言われ、子供の頃に美しいと思った死よりも、生きるということの方が面白くなってきた感じがする。少しずつ準備して綺麗にゼロに向かっていきたい、と・・・。

父親の静かな死を見つめたことで、その神聖さを語っています。

お墓参りも大好きだけど、自分のお墓には特にこだわらず、遺言も考えたことは無く、家族に迷惑をかけないように生命保険の見直しをした、とのことでした。

 

古田さんは、父親が亡くなった日に稽古で行けず、その稽古場で大怪我をし、父親に呼ばれたのだろうとみんなに言われた話を・・・。

学生時代に、お葬式用のビデオレターを作ったエピソードも紹介しています。

雨天バージョンとか、貸した金を返せとか、淡々と話しているうちに悲しくなった、と・・・。

 

永瀬さんは天涯孤独?なのか、故郷の宮崎に赤ちゃんの時に亡くなった弟のお墓参りによく出かけているようです。

その永瀬さん、親父と慕っていた相米慎二監督の死で、当時小泉さんと夫婦喧嘩をした話を・・・。

電話を受けた小泉さんの言葉を信じられず、信じたくなく、二人で口喧嘩になったようです。

 

これからの生き方について・・・

古田さん、“もう、いいかな”と思っていたところに、紀伊國屋演劇賞の個人賞を受賞・・・

授賞式で、80歳の女優さんが“100歳までやるつもりだったけれど、80歳になって、そうもいかないかなと思った時の受賞で、頑張れるかもしれないと思った”とのスピーチに感銘を受けたようです。

これから出来なくなることもあっても、逆に出来ることがあったり、まだまだワクワクすることがあるんだろうと・・・。

 

劇団・新感線30年

 


二ノ国 漆黒の魔導士 【魔法指南書 マジックマスター 同梱】

古田新太 を検索

 

 

小泉さん、40代になって、甘えることが出来るようになったことを・・・

自分ってこんなもんだってわかってくると、甘えること、本音を言ったり出来るようになった、と語っています。

自然な力の抜き具合が、余裕を感じさせましたね。

 

永瀬さんは、相米監督、忌野清志郎さん、川村カオリさんたち大事な人たちを失くして、もっと彼等の歌を聴きたかったし、作品を観たかった・・・

もっと感じていたかったから、だから、やろうと思う、もっと残せる立場にいるんだから、と・・・。

先輩に協力してもらったり、若い人と一緒にやったりしながら・・・。

静かながら熱く語る永瀬さんを、“変化を感じた”と小泉さん。

“こんなにテレビでしゃべったのは初めてかもしれない。大丈夫か自分・・・”

照れて、うつむきながら語る永瀬さんでした。

終始、永瀬さんを見守るような視線を見せる小泉さんが印象的でしたね。

 

よろしかったら、こちらもどうぞ。

⇒ 言葉の味、話の味~小泉今日子さんら、40代大人の自覚(後編)

 

<関連記事>

「ボクらの時代」小泉今日子&永瀬正敏&古田新太さん(前編)    2011.2.8.

 

 

ションベンライダー    << デビュー作・相米慎二監督作品 

紙屋悦子の青春

 

コールド・フィーバー

永瀬正敏 を検索

« 「てっぱん」で、今日も感動 | トップページ | 「冬のサクラ」第六話 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon