旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「相棒 season9」第15話“もがり笛” | トップページ | 「ボクらの時代」小泉今日子&永瀬正敏&古田新太さん(後編) »

「てっぱん」で、今日も感動

あとで読む[あとで読む]

 

毎朝、NHKの朝ドラ「てっぱん」を観ています。

結構泣かされるシーンが多いんですよね。

今朝もそうでした。

 

てっぱん

 

店での、あかり(瀧本美織)と実の父親・橘(小市慢太郎)の二人だけのシーン・・・

あかりが真実を知って、初めて、もしかしたらこれで最後かも?の対面シーンでした。

ヒロインの瀧本さん、難しいシーンなのに素晴らしかったです。

自然に涙が出ていましたね。

ベテランの小市さん相手で、新人としてはとても難しかったと思います。

これからどんどん伸びていく女優さんなのでしょうね。

小市さんは流石ですね、安心して観ていられました。

 


BUNGO 日本文学シネマ ディレクターズカット版 【初回生産限定】

 


恋する日曜日 文學の唄 ラブストーリーコレクション DVD BOX

小市慢太郎 を検索

 

 

それにしても、このドラマは、やはり立ち聞きをしてストーリーが繋がることが多いですね。

今日も、隣の食堂にいるみんなに聴こえているのが、ちょっと笑えました。

どれだけ薄い壁なんだ、店の情報が筒抜けじゃないですか、と思いましたが・・・。

でも、感動出来たので、OKですが・・・。

 

それぞれの想いを抑えて、終始うつむく父親(遠藤憲一)と必死に下を向くまいとしている母親(安田成美)の対比が印象的でした。

その場にいた人たちの一人一人の想いがすべてあかりに向かっていて、ドラマとは言え、何と幸せなヒロインなんだろうと思いましたね。

 

何と言っても、おばあちゃん役の富司純子さんが素晴らしいです。

富司さんの存在感があって、中心にあって、このドラマが成り立っているのだと思わせられます。

 

今回、岩崎(柏原収史)も結構重要な役回りでしたが、やはり何気に参加していて、おかしくも嬉しかったですね。

 

カミュなんて知らない

 

ドリフト デラックス版

柏原収史 を検索

 

                        連続テレビ小説「てっぱん」公式サイト

 


てっぱん 完全版 DVD-BOX 1

てっぱん 完全版 DVD-BOX 2

 


NHK連続テレビ小説「てっぱん」オリジナル・サウンドトラック

てっぱん を検索

« 「相棒 season9」第15話“もがり笛” | トップページ | 「ボクらの時代」小泉今日子&永瀬正敏&古田新太さん(後編) »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon