旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 朝ドラ「おひさま」が始まりました。 | トップページ | 「冬のサクラ」最終話 »

「ちりとてちん」のビデオを引っ張り出して

あとで読む[あとで読む]

 

朝ドラ「ちりとてちん」(2007、8年・NHK)の録画ビデオを引っ張り出して観ました。

演出を担当した井上剛さんの名前が、「てっぱん」のクレジットタイトルにあったことを思い出したもので・・・。

 

ちりとてちん

 

録画していたのはかなり後半で、若狭こと喜代美(貫地谷しほり)たちが草若師匠(渡瀬恒彦)の余命が無いことを知ってショックを受けている回からでした。

本当はもう少し前の方の回、兄弟子4人・草原(桂吉弥)、草々(青木崇高)、小草若(茂山宗彦)、四草(加藤虎ノ介)の絶妙の絡みが繰り広げられる、楽しいシーンを観たかったのですが・・・。

喜代美の小浜の家族(和久井映見松重豊京本政樹他)を含めて、たくさんの魅力的な人物が出てくるのですが、彼等を満遍なく映しているカメラに改めて感動したものです。

それにしても、四草はかなり映っているのに、セリフは3回を合わせても一言二言ぐらいでしたね。

 

ちりとてちん 総集編 DVD-BOX[3枚組]

 

 

 

喜代美の祖母・小梅(江波杏子)が病床の師匠に、塗り箸職人だった亡き夫・正太郎(米倉斉加年)の想い出を語りながら、焦らなくても弟子たちはしっかり落語を受け継ぐからと諭すシーン・・・

やはり、江波さんが粋でしっとりとしていて素敵ですね。

小浜の家族が大勢で病室に押しかけて騒々しい様子に、師匠が喜代美に創作落語のヒントを与えるシーンもありました。

師匠が1日だけ外泊し、弟子たちに「地獄八景亡者戯」を演じてみせるシーンもありました。

 

観たのは3回分だけですが、少し元気をもらえたような気がしました。

松下奈緒さんのピアノは爽やかですね。

震災後の今、当時の爽やかな明るい朝が懐かしいです。

 

それにしても、「ちりとてちん」の公式サイトがまだ残っているのには感動しました。

                  連続テレビ小説「ちりとてちん」公式サイト

 

 

                         ↓ ファンにはたまらないシーンの数々ですね。

 


ちりとてちん 完全版 DVD-BOX 1 「苦あれば落語あり」
ちりとてちん 完全版 DVD-BOX 2 「割れ鍋にドジ蓋」
ちりとてちん 完全版 DVD-BOX 3 「落語の魂 百まで」

 


ちりとてちん オリジナル・サウンドトラック

ちりとてちん を検索

« 朝ドラ「おひさま」が始まりました。 | トップページ | 「冬のサクラ」最終話 »

作品タイトル~た行」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon